1. Home
  2. 生き方
  3. 人とモノを自由に選べるようになる本
  4. 成功者が何よりも大切にしている「GNOの...

人とモノを自由に選べるようになる本

2021.11.01 更新 ツイート

成功者が何よりも大切にしている「GNOの法則」 吉原珠央

「また会いたい」と思われる人の38のルール』をはじめ、ベストセラーを多数発表してきたイメージコンサルタントの吉原珠央さん。『人とモノを自由に選べるようになる本』は、そんな吉原さんが「人とモノを自由に選べる人生」という目標を達成すべく、コツコツと実践してきた32のルールを初めて公開した一冊です。一日ひとつ、ルールを実践していけば、わずか一か月で「納得できる人生」へと変わる。そんな本書から、一部を抜粋してご紹介します。

*   *   *

「GNO」は人づき合いの基本

GNOとは、私が仕事でおつき合いがあり、かつ尊敬している人たちが、「仕事の世界ではこれが第一」とおっしゃる、ある法則のことです。その人たちは全員、「人やモノを自由に選べる」立場でいらっしゃいます。

(写真:iStock.com/Rattankun Thongbun)

GNOを分解すると、次のような意味になります。

・G(義理)

・N(人情)

・O(恩返し)

人やモノを自由に選び、活躍している人たちは、「義理、人情、恩返し」をとても大切にしています。それはもう、任侠映画並みです。

 

このような考え方の人たちと話せば話すほど、結局は、「どんなに才能や技術力に長けていても、それを支援してくれたり、それを信用してくれたりする人がいなければ、ビジネスの発展や社会的評価など、何も得ることができない」ということを感じます。

そして、私たちの身近なところにも、GNOが問われる場面はたくさんあります。

 

たとえば私が気をつけていることは、知人から誰かを紹介してもらい、その後、紹介されて出会った人と何らかの関係がスタートしたり、あるいは何かしらのよいことがあったりした場合は、そのことを紹介してくれた知人に、すぐに報告するということです。

GNOを徹底している人は、私が誰かを紹介して、その出会いが何かしらいい方向に進んだ場合は、「吉原さんが紹介してくれたおかげで、こんなことがありました」と必ず連絡してくれます。

こんなふうに、ひとことでいいので、その後の状況を相手に伝えるだけで、お互いの信頼関係は一気に高まるのです。

 

実際には、連絡をしてもらっても、「どうぞ、あとはお二人で」と自ら身を引いていくのがスマートだと思っています。そして、もし本当にビジネスとしての話が進み、結果が出てきたころに、私に対して「吉原さんのおかげです」などと言ってもらえたら、私は、その相手に、もっと何かしてあげたいと思うでしょう。

「おかげさま」の心を忘れない

以前、女性雑誌を読んでいたら、次のような話が載っていました。

それはある女性が、恋人募集中の友人Bさんに何度もお願いされたので、懸命に周囲の友人男性たちに声をかけて、飲み会の幹事をしたときのことです。Bさんはその飲み会をきっかけに、ある男性とつき合うようになったらしいのですが、幹事の女性に何の連絡もしなかったとか。

記事には、「『飲み会をセッティングしてくれてありがとう。おかげで彼と出会えて、とても感謝しています』とひとこと言ってくれていたら、彼女に不信感を持たなかったのに」といった不満な気持ちが書かれていました。

(写真:iStock.com/phototechno)

Bさんに悪気はないとしても、誰かに何かをしてもらったら、「ありがとう」と言うのは当然のことです。常日ごろからGNOを果たす習慣ができていれば、友情がぎくしゃくすることはなかったでしょう。

こういった事例は頻繁に起こります。

たとえば「このお店は、リーズナブルでとてもおいしいお店なの。ぜひ行ってみて」と情報を教えてもらったとします。

実際に、そのお店に行ってみた後、メールでひとこと、「本当にすてきなお店を紹介してくれてありがとう」などと伝えることができる人は、つき合っていて気分がよいものです。

GNOの「O」は、「恩返し」ですが、「おかげさまで」というフレーズにして覚えておくと、より使いやすくなるかもしれませんね。

{ この記事をシェアする }

人とモノを自由に選べるようになる本

「また会いたい」と思われる人の38のルール』をはじめ、ベストセラーを多数発表してきたイメージコンサルタントの吉原珠央さん。『人とモノを自由に選べるようになる本』は、そんな吉原さんが「人とモノを自由に選べる人生」という目標を達成すべく、コツコツと実践してきた32のルールを初めて公開した一冊です。一日ひとつ、ルールを実践していけば、わずか一か月で「納得できる人生」へと変わる。そんな本書から、一部を抜粋してご紹介します。

バックナンバー

吉原珠央

イメージコンサルタント。プレゼンテーション、コミュニケーションをメインにしたコンサルティングを行うほか、「体感して学ぶ」というオリジナルのメソッドで、企業向け研修や講演活動を全国で実施。また、「ストレスフリー」をコンセプトにした化粧品・ファッションアイテムなどを扱う「PURA Tokyo」を立ち上げ、会社を経営。著書に『「また会いたい」と思われる人の38のルール』『「もっと話したい!」と思われる人の44のルール』『人とモノを自由に選べるようになる本』『自分のことは話すな』『その言い方は「失礼」です!』『だから、あの人は嫌われる』など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP