1. Home
  2. 社会・教養
  3. そのうち、ナウルに行こうよ
  4. ベルトもねェ バッジもねェ(東京五輪に出...

そのうち、ナウルに行こうよ

2021.08.29 更新 ツイート

ベルトもねェ バッジもねェ(東京五輪に出たよ②) ナウル共和国政府観光局Twitter 中の人

前回のTOKYO1964はナウル共和国独立前(1968年独立)でしたから TOKYO2020はナウルにとって初めての東京オリンピックとなりました。今回、出場したのは2名の選手。日本選手団の582名と比べると300分の1に近いですね。

ナンシー・アバケ選手(18歳)がウェイトリフティング女子76kg級ジョナ・ハリス選手(22歳)が男子陸上100メートル予備予選に出場しました。アバケ選手は10位、ハリス選手は本選に進めず、メダルを取ることができませんでしたが、若い二人にとってはそもそも初めてのオリンピック。敢闘しました。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

そのうち、ナウルに行こうよ

みなさん、こんにちは。ナウル共和国政府観光局と申します(公式ツイッターは @nauru_japan です)。ツイッターの文字数では語りきれない、もっとみなさんに知ってほしい「ナウルのお話」をつづっていきます。気軽におよみいただき、「いつかナウルに行きたいな~」とチラッとでも思っていただけたら嬉しいです。
バナーデザイン:前田高志+吉田早耶香(株式会社NASU)

バックナンバー

ナウル共和国政府観光局Twitter 中の人

国勢不詳のナウル共和国政府観光局(公式)Twitterの「中の人」。いつもヒマなので、ゆる〜い気持ちでTwitterを始めたらナウル国民の数(約1万人)よりフォロワー数(約25万人)がはるかに多くなってしまい驚いている。夢はTwitter社より公式マークをもらうこと。公式Twitterはこちら@nauru_japan

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP