1. Home
  2. 読書
  3. もどかしいほど静かなオルゴール店
  4. 「大好きです。この小説」毎日たくさんの本...

もどかしいほど静かなオルゴール店

2021.07.12 更新 ツイート

書店員さんが「癒されたい人、優しい気持ちになりたい人」におすすめ

「大好きです。この小説」毎日たくさんの本に囲まれている書店員さんのこの一言は、強い! 瀧羽麻子

「泣いた!」「大好きな小説に出会えた!」など、幸せな感動を呼んだありえないほどうるさいオルゴール店

北の果ての町から、南の小さな島にやってきて、リニューアルオープン! オーダーメイドのオルゴール店を舞台に、風変わりな店主と、それぞれの思いを抱えたお客さんが交流する物語が、再び動き出しました。

7月7日に発売になった新刊、タイトルはもどかしいほど静かなオルゴール店です。

発売前に、書店員さんに読んでいただいたところ、騒然!「癒された」「優しい気持ちになる」という声を集めてみました。

『ありえないほどうるさいオルゴール店』は文庫にもなっています

*  *  *

前作を読んでいなかったけど、ああこれ好きなやつだーと読んですぐ思いました。

心の中に流れている音楽……

目で文字を負いながら、思わず耳を澄ませてしまう楽しさがあります。

 

そして孤島ならではの人の温かさや、もの悲しさ、自然の神秘みたいなものが感じられて

心が豊かになるお話ばかりでした。

前作『ありえないほどうるさいオルゴール店』も読まなきゃ!

――三省堂書店 名古屋本店 田中佳歩さん

*  *  *

どのお話もおだやかな海にただよう小舟のように

ささくれた心を癒してくれる。

私の心の中に流れる曲をオルゴールで聞いてみたい。

――TSUTAYA WAYガーデンパーク和歌山店 中江敬子さん

*  *  *

ババ様の歌を聴きたい!

人の心に流れる音楽。

いったい自分の心にどんな音楽が流れているのか。

自分には全く想像ができない。

だからこそ、このオルゴール店へ赴き、自分だけのオルゴールを是非作ってもらいたい!

 

7編の中で、一番「みちづれ」が好きだなぁ。

全編に人を思いやる心が溢れていて、読むと人にやさしくしたくなる、そんな一冊です!

――文真堂書店 ビバモール本庄店 山本智子さん

*  *  *

人の心は見た目からではわからない。

全てわかることがいいかというと、きっとそうではない。

すれ違い、ぶつかり合い、わかり合いながら、

前に進んでいく彼らの姿が、

心の中のスクリーンに映し出され、

心の中が優しさで溢れます。

前作を読んでいないので、絶対に読もう! と思いました!

――幕張蔦屋書店 後藤美由紀さん

*  *  *

人の心に流れている音楽は、あるのだなあと思いました。

南の島が舞台というところも素敵!

南の島に向かう人たちって、きっと心になにかさみしさを抱きしめているのではないのかなあと思います。

心地良い南の風、ふと聴こえてくる懐かしいメロディー

人生はきっと思っているより優しく通り過ぎていくものです。

大好きです。この小説。

――有隣堂 藤沢店 佐伯敦子さん

*  *  *

『ありえないほどうるさいオルゴール店』の続編。

北の街でひっそりと営業していたありえないほどうるさいオルゴール店が、ある日店を閉め、遠く離れた南の島にもどかしいほど静かなオルゴール店として再開。

 

耳がよすぎる店主にだけ聞こえる誰かの心に流れる曲。

自分の心にはどんな曲が流れているのだろう。

いつかこの先、なにかとても苦しいことがあったとき、

あるいはとてもうれしいことがあったとき、

ガジュマルのオルゴール店に行ってみたいな。

そして自分だけのオルゴールを作ってもらいたい。

どんな曲を聞き取ってもらえるのだろう。

なんだかすごく楽しみです。

 

すり減った心にきっとちいさな幸せを届けてくれるでしょう。

――精文館書店 中島新町店 久田かおりさん

*  *  *

海に囲まれた南の島、大きなガジュマルの木が隣にあるオルゴール店。

目に浮かぶ風景を思い描いただけで、完全に心が癒されていました。

そして店主は、その人の心の中に流れている音楽を聞いて、オルゴールにしてくれる。

自分の中に流れている音楽……それは誰にも知られず、また自分でも気づくことのなかった感情、思い出。

それらをオルゴールにして教えてくれる。

こんな夢のような素敵なお店、本当にあったらいいのに、と切実に思います。

――ジュンク堂書店 郡山店 郡司めぐみさん

*  *  *

優しいオルゴールの音色から

懐かしい気持ちが呼び覚まされて

新しい世界が生まれる。

人それぞれのメロディに

人それぞれの物語がある。

自分の心の中に流れている音楽はなんだろう?

私も不思議な店主さんに作ってもらいたい。

世界にたったひとつのオルゴールに、柔らかく肯定されて、静かな癒しに包まれます。

一話目の「カナンタ」が好きで、

美しい風景が、文字から瞳に映る、ピュアでときめく物語です。

――うさぎや 矢板店 山田恵理子さん

関連書籍

瀧羽麻子『もどかしいほど静かなオルゴール店』

あなたの心で鳴っている音に、あなたは、きっと気づいていない――。 "人の心に流れる音楽が聴こえる"という風変わりな店主が、南の島の小さな店で、お待ちしています。 発売前から書店員絶賛!の感動の物語。 「耳利きの職人が、お客様にぴったりの音楽をおすすめします」 ここは、お客様の心に流れる曲を、世界でたったひとつのオルゴールに仕立ててくれる、不思議なお店。 "小さな箱"に入っているのは、大好きな曲と、大切な記憶……。 北の小さな町にあった『ありえないほどうるさいオルゴール店』が、最果ての南の島で、リニューアルオープンしました! 今回も、7つの物語が奏でる美しいメロディーに載せて、やさしい涙をお届けします。 * * * 島を出て行った初恋の人を想い続ける郵便屋さん、音楽を捨てて都会からやってきた元ミュージシャン、島の神様の声が聞こえるババ様……彼らの心にはどんな音楽が? みんな必ず、小さな寂しさを秘めています。 でも、自分で気づいていない「本当の気持ち」も、 他人に知られたくない、「密かな想い」も、 音楽となって、あなたの心に流れているのです。 そして、美しい旋律を奏でています。 * * * 「好きです。この小説」「涙がまりませんでした」「心が満たされる物語!」「心が激しく揺れた」など、書店員さんから絶賛の声が発売前から集まっています!

瀧羽麻子『ありえないほどうるさいオルゴール店』

「あなたの心に流れている音楽が聞こえるんです」――北の小さな町にあるその店では、風変わりな店主が、お客様のために世界にひとつだけのオルゴールを作ってくれる。耳の聞こえない少年。音楽の夢をあきらめたバンド少女。妻が倒れ、途方に暮れる老人……。彼らの心にはどんな曲が流れているのでしょう? 思わず涙がこぼれる、幸せ運ぶ7編。

{ この記事をシェアする }

もどかしいほど静かなオルゴール店

「耳利きの職人が、お客様にぴったりの音楽をおすすめします」
ここは、お客様の心に流れる曲を、世界でたったひとつのオルゴールに仕立ててくれる、不思議なお店。その”小さな箱”に入っているのは、大好きな曲と、大切な記憶……。
北の小さな町にあった『ありえないほどうるさいオルゴール店』が、最果ての南の島で、リニューアルオープンしました!今回も、7つの物語が奏でる美しいメロディーに載せて、やさしい涙をお届けします。

―ー島を出て行った初恋の人を想い続ける郵便屋さん、音楽を捨てて都会からやってきた元ミュージシャン、島の神様の声が聞こえるババ様……彼らの心にはどんな音楽が?
自分で気づいていない「本当の気持ち」も、他人に知られたくない「密かな想い」も、音楽となって、あなたの心に流れているのです。

バックナンバー

瀧羽麻子

1981年兵庫県生まれ。京都大学卒業。2007年『うさぎパン』で第2回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞。その他の著書に『株式会社ネバーラ北関東支社』『左京区七夕通東入ル』『いろは匂へど』『乗りかかった船』『ありえないほどうるさいオルゴール店』『虹にすわる』『女神のサラダ』『あなたのご希望の条件は』他、著書多数。2021年7月10日刊行の『もどかしいほど静かなオルゴール店』は、発売前から書店員絶賛の話題作。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP