1. Home
  2. 社会・教養
  3. 27才のルワンダ滞在記
  4. 蛇口はあるけれど、水のでない家

27才のルワンダ滞在記

2021.07.27 更新 ツイート

第2回

蛇口はあるけれど、水のでない家 大石祐助

水が使えない生活をしたことがありますか。

ぼくの家は蛇口をいくらひねっても水がでません。

なぜ水が出ないのか。

 

道路工事の影響だと言われた1年前。たしかに、家の周辺で道路を舗装する工事が行われており、腑に落ちないものの仕方ないと諦めたのを覚えています。

 

そして、4月、1年ぶりに帰ってくると、工事は完了していました。ついに水が使えると喜んで、蛇口をひねってみますが、やはり出ない。カラカラの蛇口を見たときの圧倒的な絶望感。

そもそも水が使えないエリアなんだという結論に至りました。誰も文句を言わないのが不思議です。

現在は、家の外にある貯水タンクに、大家さんが水を入れてくれているので、微量ですが利用できます。

しかし、時間の問題で、来週にはまったく出なくなると思います。

水が使えないと本当に困ります。

手は洗えませんし、トイレも流せません。もちろん、シャワーも浴びられませんし、料理も洗濯もできないのです。

ルワンダで暮らしていると、ぼくたちがどれだけ水を使って、どんなに水に支えられているのかを痛感する毎日です。

 

とはいえ、水がまったくなければ、生活ができません。そこで、2つの方法を使い、どうにか水を確保しています。

一つ目の方法が、自転車お兄さん作戦です。

道端にたくさんいる自転車タクシーのお兄さんを捕まえて、ジェリカンという20リットルの水が入る容器を渡し、水を汲んできてもらいます。

ちなみに、村の人たちは自分でジェリカンを持って、水を汲みに行きます。子どもたちも手伝います。ほんとにたくましい。

黄色い容器がジェリカン。このような水汲み場に、みんな水を汲みにきます。

二つ目の方法が、雨乞い作戦です。

家の外に桶を並べて、雨水を貯める天候任せの作戦です。ルワンダには雨季と乾季があり、4月は雨季真っ只中だったので、毎日、10リットルほど、がっつり確保できていました。

雨が降ると、セキュリティガードが桶を並べて、
雨水を溜めてくれています。感謝。

こうして得た水を大切に使って生活を送っていました。慣れてしまえば、なんとかはなります。

それでも、トイレは2、3回溜めてから流したり、泡だらけのまま洗濯物を干したりと不便には変わりません。

一時帰国で日本に戻った時に、海や川といった大量の水を目の当たりにして、猛烈に興奮したのを覚えています。

当たり前は、当たり前じゃない。日本の当たり前のレベルが高すぎます。

それでは、今日も汗で泡立つ服を来て、行ってきます!

職場から自宅まで、1.5キロほど歩きます。
舗装された道が、1年前と比べて増えました。

{ この記事をシェアする }

27才のルワンダ滞在記

海外協力隊として突如ルワンダに派遣された27才の、笑って泣けるリアルな奮闘記。

バックナンバー

大石祐助 JICA海外協力隊

2020年、JICA海外協力隊(青年海外協力隊)としてルワンダに派遣される。マーケティング隊員として地方の中小企業や起業家を支援。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP