1. Home
  2. 生き方
  3. 27才のルワンダ滞在記
  4. 最終回 ありがとう、ルワンダ

27才のルワンダ滞在記

2022.02.15 更新 ツイート

最終回 ありがとう、ルワンダ 大石祐助

これまで、JICA海外協力隊の活動にはあまり触れてこなかったので、最後はぼくが今までどんなことをしてきたか、簡単に紹介したいと思います。

 

ぼくは日本で言う県庁の産業振興課で現地の協同組合や個人で商売する人たちの支援をしています。端的に言えば、彼らの抱える問題を解決するコンサルタントみたいな仕事です。

配属先の県庁から依頼があって派遣されるので、もちろん仕事があると思っていました。

 

 

ところが、これが大間違い。

与えられる仕事なんて一つもなく、自らの手で0から作り出さないといけないのです。

 

ある程度は予想していたものの、これがほんとうに大変。

まず、支援する相手を見つけないとお話にならないので、片っ端から飛び込み営業。協同組合のリストに載っている大工や溶接工、靴職人、米農家、仕立て屋といった200以上ある団体に単身で乗り込みます。

炭を販売する店のオーナーに経営の指導中。

言葉は通じないし、何をすればいいのか分からない。だけど、とにかく突っ込むしかありません。なにせ、仕事がないのですから。

 

時には、目の座った人がたむろする路地裏に侵入することもあれば、筋骨隆々なルワンダ人2、30人に囲まれることも。もうこわいのなんの。

 

ここまで恐ろしい思いをして飛び込んでも、たいていはうまくいかない。

何か手伝えることはないかと尋ねると、「お金をくれ」「道具を買ってくれ」。それができないなら帰れと。

 

営業マンって大変なんだなあと、身に沁みる毎日です。

ただ、ここでめげるわけにはいきません。なにせ、仕事がないのですから。

 

何度突っぱねられようが、毎週しつこく顔を出し続けます。

すると、「実は客が来なくて困っているんだ」などと、打ち明けてくれる日が訪れるのです。

 

そうなれば、こっちのものです。

チラシを作って配ったり、新商品やポイントカードを導入してみたり、腕まくりして意気揚々とトライします。

 

しかし、結果は惨敗。

チラシはビリビリに破かれ、ポイントカードの利用者は1ヶ月でたったの2人。何をやってもうまくいきません。

そういうときに限って、断水が数ヶ月続き、食中毒に襲われと踏んだり蹴ったり。

広告に興味津々のルワンダ人たち。後日、見るも無惨な状態に。

そんな過酷なアフリカで働いていて、初めて知ったことがあります。

 

それは「地球は回っている」ということ。

 

どんなに落ち込んでいても、どんなに仕事がうまくいっていなくても、どんなにお腹が痛くても、必ず明日が我が物顔でやってきます。決して待ってはくれません。

太陽は、ぼくたちの顔色なんて伺おうとせず、情け容赦なく朝を連れてくるのです。そのことをルワンダで初めて知りました。

 

なので、沈んでいる暇なんてありません。

失敗前提で、うまくいったらラッキーという心構えでいるしかありません。

 

「私は失敗したことがない。ただ1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ」と、エジソンはよく言ったものです。

まさにその通り。たしかに失敗なんてなく、うまくいかない方法を見つけられたことは前進です。確実に前に進んでいるのです。

 

己にエジソンを憑依させてからは、とにかく頭と足を動かし続けました。

どんなに傷だらけになっても、行動し続けました。それしか成功に近づく術はないのですから。

そんなこんなで2年間ボロボロになりながらも、なんとか走り抜けてきました。

 

おかげで現在は、支援先から信頼を勝ち得ることができました。

先日も150人以上のルワンダ人にワークショップを開催してきました。今は他にも、経営の指導をしたり、経営の教科書や地元のガイドブックを作って配ったりしています。

支援先でワークショップ開催。150人超えで大混乱。
地元ルワマガナのガイドブック作成中。
起業を夢見る優秀なルワンダの若者に経営の教科書贈呈。

そんな活動も、もうおしまい。

この2年間、本当に貴重な経験をさせていただきました。

 

ルワンダで怒涛の毎日を過ごしていると、ふと思うことがあるのです。

あのとき転校していなかったらどうなっていたのだろうと。あのときに就活がうまくいっていたらどうなっていたのだろうと。

 

転校しない世界線を生きる27歳のぼくは結婚していて子どもにも恵まれ、仕事も家庭も充実した幸せな人生を歩んでいたと思うのです。

 

ルワンダに来る世界線を選んでなかったのなら、悪臭ただよう市場でルワンダ人とケンカして必死でじゃがいもを買うことはなかっただろうし、週末に一人寂しくBBQをして硬くて臭い肉を食べることもなかったでしょう。

 

でも、理想の仕事に就き充実した毎日を送る27歳のぼくは、ルワンダの人々の太陽のような笑顔と温もりを知らないだろうし、もがき続け0から1を生み出す喜びを知らないはずです。

 

ぼくは今の世界線を生きる自分が大好きだし、人生をやり直せるとしても全く同じ道筋を辿りたい。また必ずルワンダに来る道を選びます。

ここに来られてほんとうによかった、心の底からそう思います。

職場の上司。2年間ほんとうにお世話になりました。

今日まで大切な時間を使って、ぼくの拙い文章を読んで下さった読者のみなさんには、感謝の気持ちでいっぱいです。ほんとうにありがとうございます。

大変貴重な機会を与えてくれた幻冬舎plusさん、そして多くの大物作家さんとお仕事する中、こんなミジンコみたいな自分の文章に目を通して最後まで一緒に走ってくれた編集者さんには、感謝してもしきれません。

 

大好きなルワンダを離れ、日本に帰ります!

短い間でしたが、本当にありがとうございました!!!

 

またどこかでお会いしましょう。

Murakoze cyane!!!(Thank you so much)

ありがとう、ルワンダ。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP