1. Home
  2. 生き方
  3. あぁ、だから一人はいやなんだ。
  4. 第154回 古都

あぁ、だから一人はいやなんだ。

2021.04.30 更新 ツイート

第154回 古都 いとうあさこ

毎度のことながらどう見えているのかはわかりませんが“こう見えて”わたくし、古美術、って表現でいいのかな。古きものが大好きで。と言っても別に「この壺は相当なお値段ですよね。」とか「この皿は今まで一体どこに隠していたんです?」みたいに目利き的なことはもちろん無理。ただただ古き良きものを見るのが好きなんです。神社仏閣、更にはそういうところの宝物が公開される、なんて聞いたら見に行きたい。古墳からの出土品なんて大興奮ですし、歩いている時にその場所や物の起源やらいわれやらが書かれている立て札を見つければ読まずして進むのは出来れば避けたい。以前イギリスに行った際はあえて大英博物館のすぐ近くの安宿をとって毎日エジプト展示室へ出向き、ロゼッタストーンやミイラを飽きるまで、って結局まったく飽きる事はありませんでしたが、とにかく見まくったものです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。』

ぎっくり腰で一人倒れていた寒くて痛い夜。いつの間にか母と同じ飲み方をしてる「日本酒ロック」。緊張の海外ロケでの一人トランジット。22歳から10年住んだアパートの大家さんを訪問。20年ぶりに新調した喪服で出席したお葬式。正直者で、我が強くて、気が弱い。そんなあさこの“寂しい”だか“楽しい”だかよくわからないけど、一生懸命な毎日。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP