1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気 星占い5月5日~】「立...

ホロスコープ歳時記

2021.05.05 更新 ツイート

【東洋二十四節気 星占い5月5日~】「立夏」の時期の運勢 小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、5月5日から始まる「立夏」の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

※連載特別企画として、小池先生による人生相談も受け付けております。詳しくは「ホロスコープ歳時記 お悩み募集」フォームからご応募ください(Googleフォームを利用しています)。

 

*   *   *

二十四節気における夏の始まり

初候 5月5日~9日  蛙始めて鳴く(かわず はじめてなく)

次候 5月10日~15日  みみず出ずる(みみず いずる)

末候 5月16日~20日 竹のこ生ず(たけのこ しょうず)

 

いよいよ夏到来であります。

東洋二十四節気では、立夏から立秋の前日までが四季で言うところの「夏」となります。

まさに、「夏は来ぬ」‼

 

卯の花の匂ふ垣根に ホトトギス早も来鳴きて
しのびねもらす 夏は来ぬ

五月雨のそそぐ山田に 早乙女が裳裾ぬらして
玉苗植うる 夏は来ぬ

橘の薫る軒端の 窓近く蛍飛びかひ
おこたり諌むる 夏は来ぬ

楝 散る川べの宿の門遠く水鶏声して
夕月すずしき 夏は来ぬ

皐月闇 蛍飛びかひ 水鶏鳴き 卯の花咲きて
早苗植ゑわたす 夏は来ぬ

 

この作詞者、佐佐木信綱氏は、明治から昭和にかけての、『万葉集』から和歌全般にいたる研究者であり大学者であります。

この「夏は来ぬ」も多くの古典和歌からの情景をヒントに作られたもので、いつになっても色褪せないのは、そのような日本の原風景を描いているからなのでしょう。

佐佐木信綱さんが亡くなったのが1963年、詩の著作権は死後50年有効(現在は法律が改正されて70年に)ということで、この素晴らしい歌詞を紹介させていただきました。

そして、私事ではありますが、氏は私の通った台東区立根岸小学校の校歌も手がけておりました。

 

春は上野の山桜
ふりつむ雪か白雲か
秋はお行の松の陰
散る朝露も緑なり

緑の色の麗しき
松を学びの友として
桜の花のいさぎよき
大和心をやしなわん

 

これを聴いて育ったので、やはり「夏は来ぬ」の歌詞も心にしみいるのであります。

鯉のぼりの吹き流しの5色は陰陽五行の色

未だに兜や鎧の五月人形の飾りは盛んで、鯉のぼりの泳ぐ姿も見かけます。

鯉のぼりの一番上に位置する吹流しの5色は、五行の色であります。

「木=青・火=赤・土=黄・金=白・水=黒」

といったもので、陰陽五行説ではこの5要素が宇宙を作り上げていると考えられているのです。鯉はもちろん、滝を登ったら龍に変身するという「登竜門」伝説に由来し、男児の立身出世を願ったものです。

柏餅は、柏の木は新しい葉が出るまでは古い葉が落ちないことのたとえから子孫繁栄を意味し、共に飾る菖蒲は尚武に通じ、武士の武運を祈るものとなっています。

目には緑が鮮やかになり、ものみな躍動的になる季節。

生命力がみなぎる時であり 陽の気が天地に満ちる時であります。

この立夏の風物詩は、2020年のバックナンバーにも「目には青葉……」といった、詳しい解説など記しておりますので、ご興味があればそちらもご覧頂ければ幸いに存じます。

西洋占星術においては、牡牛座15度に太陽が入る時であります。

牡牛座は晩春の星座として考えられていて、太陽が牡牛座15度から30度を進む時ですが、この間は、山羊座の冥王星と良きバランスになってゆきますので、物事の再生や復活が強く暗示されることになります。諦めかけていた事や、一度上手くゆかなかった事に再チャレンジする時です。以前よりは上手くゆく可能性が、数段高まってゆく2週間となるでしょう。

 

二十四節気星占いでみる、5月5日~5月20日の運勢

 

 

牡羊座前半生まれ=春分生まれ

あなたにとってこの期間は、人間関係と金運がなかなか上手く繋がってゆかないといった暗示があります。ですから、仕事のためだからと言っても、気の進まない事はきっぱりと断って正解だと思います。元来、人情がらみの仕事よりも、きちっとしたやり方を好むあなたですから、正論を通すべきであります。それが将来的には成功に繋がるようです。

14日あたりから状況は変わってゆき、あなたの立場がとても堅固なものとなり、周囲への影響力も大きくなってゆくでしょう。ここでは、ご自身の立脚点を確実なものにしてゆくことで大きな進展があるはずです。

 

牡羊座後半生まれ=清明生まれ

これまでに築き上げてきた人間関係の総まとめの時期に入りました。ここで作り上げられた関係には、将来的に多くのメリットが生じるはずです。このかかわりを大事にしてゆくためにも、何となく続けてきた曖昧な関係は清算しておくことが有益です。

12日に起こる新月は、あなたにとっては新たな経済の胎動を感じる時ですから、仕事の刷新なども必要となります。そのためにも新しい体制作りが必須となってくるのです。14日をメドに、仕事上での人間関係はいやがおうでも変化してゆくはずです。ここでは先手先手であなたがリードすることが、良き結果を生んでゆくでしょう。

 

牡牛座前半生まれ=穀雨生まれ

金運向上の時であります。この時期全体を通じて金運が高揚しています。世情がどうであろうと、あなたにとってはチャンスであることには変わりはありません。14日頃からはヒラメキもとても有効なものとなりますから、ちょっとした思い付きを真剣に掘り下げてみることに幸運が宿るようです。ご自身のヒラメキと周囲の情報を摺り合わせてゆく作業が金運を更に高揚させてゆきます。

そして恋愛にもなかなか良い進展のある時ですから、こちらも積極策が有効でしょう。年に一度、あるかないかのラッキーウィークスです。あまり慎重な態度をとっていると幸運の女神はあっという間に過ぎ去ります。

 

牡牛座後半生まれ=立夏生まれ

まさに新生の時が始まります。12日に形成される新月は、大きな影響をあなたに与えます。年に一度の人生のリニューアルといったものとなるでしょう。ここでの、新たな事への挑戦や、新しい環境への船出などは、実に運命に導かれた事象なのです。もちろん自発的にこれに合わせて何かを始めることも吉兆に満ちております。これまでやってきた事はここで満了として、その一段上を目指してゆくチャンスです。

14日以降は更に新たな風があなたに吹き始めます。大きな何かに守られているといったイメージを持って進んでOKです。実際に天体の守護があなたに及ぶ時であります。

 

双子座前半生まれ=小満生まれ

愛情と知力に大いに恵まれた期間となります。特にあなたの頭脳の冴えは抜群の時ですので、能力には何の問題もありませんが、強いて言えば良すぎて困るといった感もあるかもしれません。知識や論理に走りすぎると周囲からは理屈っぽい人と見られてしまいそうです。

それでも、あなたの魅力が輝く時なので、人気運も高揚、14日以降は更に注目度はアップしてゆきそうです。これを仕事に活かせれば大きな実績をあげることも容易であります。それに伴い支出も多くなってきますが、必要なものと割り切って気持ちよく使うことが後々のためになるでしょう。細かさや倹約のしすぎはあなたには似合わないようです。

 

双子座後半生まれ=芒種生まれ

14日頃を境として運気は変動を始めます。これまで培ってきた自信ややり方が通用しなくなると言っては大袈裟ですが、少なくとも新たな方向性を模索してゆく期間に入ってゆきます。このあたりからあなたの頭脳の冴えは素晴らしいものとなります。年間を通して一番の冴えを見せる時なので、新しい何かがきっと見つかるはずです。

このきっかけは12日の新月で、ここで心の奥底に何らかの想いが生じてきます。これに沿うように色々と現実も変化してゆくようです。転換期というよりは一段、上を目指す時期です。今のあなたにはその実力が充分に宿っております。自信を持ってゆきましょう。

 

蟹座前半生まれ=夏至生まれ

運気が大きなうねりを見せるこの期間、行動の時であります。ここでは情熱が高まってゆきますので、恋に仕事に大いにチャレンジしましょう。この力を使わないなんて勿体ないです。4日頃から佳境に入ります。急に自信も付いて、行動に勇気が伴ってきますので、何事も上首尾に運ぶ可能性が高まります。

最強の幸運日は15日16日で、何か挑戦可能な事があればこのあたりで挑戦されるのが宜しいと思います。胸の中にわだかまっている思いを吐露してゆくときでもあります。そして人見知りをせずに多くの人とかかわってゆくことも開運の要素となりますから、たまには仕切られる側に立ってみるのも運気アップに繋がるでしょう。

 

蟹座後半生まれ=小暑生まれ

新たな人間関係が形成されてゆきます。あなたにとって仲間は非常に重要なもので、その集団の中で活き活きと行動することが人生の大きな楽しみの一つとなっております。しかしここでは、新しい人の輪の中に入ってゆくことをお勧めいたします。ついつい慣れ親しんだところに安住したいという気持ちが先に立ってしまいますが、それはそれで良しとしつつ、新しい世界にも踏み出してゆく好機なのであります。

12日の新月がそのスタートの時のようで、そこから多くの人との縁を紡いでゆくと、近い将来に大きな成果が残せるはずです。これは仕事にもプライベートにも当てはまるので、人見知りは、ひとまず置いておきましょう。

 

獅子座前半生まれ=大暑生まれ

対人関係に充分に気を遣うべき時期であります。あなたを支えてくれている人たちに心から感謝の意を表する時です。見えないところでも尽力してくれる人のことをしっかりと考えましょう。もちろんそれが仕事上のことであっても、そうすることで更に味方は増えてゆきます。

そのあたりがきちんと出来ていれば、14日頃から運気はなだらかに上昇を始めるはずです。常に陰で支えてくれる人の存在を意識することがこの期間のテーマです。社会的なステータスも向上していきますので、人の見ていないところでの頑張りが必須です。派手なパフォーマンスよりも地道な日常の努力が周囲からの信頼を集めるでしょう。

 

獅子座後半生まれ=立秋生まれ

12日の新月は、あなたのステータス向上の始まりを暗示するものとなります。今までやってきたことの評価が高まる時ですので、ここからは更なる努力も必要です。ルーチンをしっかりとこなしてゆくことがこの期間の開運の鍵ですが、コツコツと地道な積み重ねが周囲からの評判を呼ぶものになり、特にここではそれが有効となります。

それに伴い、過去に一度挑戦して上手くゆかなかった事などにも、再挑戦のチャンスが与えられるようです。この時期の勝率はかなりの高さになりますので、もしそんな機会がありましたら、進んでリベンジなさるのが宜しいと思います。

 

乙女座前半生まれ=処暑生まれ

あなたへの評価が上昇しています。一つは、あなたご自身の魅力が輝く時ですので人気運といったものと、もう一つは、あなたの論理性や仕事の処理能力に関しての評価です。ソフト面でもハード面でも高水準で推移してゆきますので、恵まれた期間となることは間違いないでしょう。ここでの評判は息が長く、長期間に亘りあなたの価値は高まってゆくようです。

14日を過ぎる頃から周囲からの協力や賛同も得やすくなり、更なる大きな仕事の消化も可能となります。プライベートの楽しみは後回しにして、公的な面を優先してゆくことに利があります。

 

乙女座後半生まれ=白露生まれ

曖昧だった対人関係にきちんとした形がついてゆく時となりました。相手の心をなかなか推し量れなかった時期が続きましたが、12日に形成される新月でやっと帰趨が定まっていくようです。これは同性間、異性間の区別なく起こるものですから、恋愛にも同じ暗示となります。お相手の気持ちがやっとこちらに伝わってくるようになるでしょう。

もう一つ付け加えれば、一度は消えかけた恋の炎の再燃という暗示も強まっています。あなたが望むならば、その関係の再来もあるのかもしれません。仕事運に関しては、ここまで好調だった方は、ここで今一度気持ちを引き締める時であります。

 

天秤座前半生まれ=秋分生まれ

非常にヤル気と自信が湧いてくる時期であります。安定的な力が発揮できる時となりました。これまでの若干の享楽的なモードから徐々に仕事モードに移行してゆきます。既に評判が先行していますので、色々と現実的に手を尽くしていかなければならないようです。そしてそれらの打つ手は、なかなか有効でありますので、仕事上の実績として残ってゆくことになるでしょう。

この傾向は14日頃から顕著になるはずですから、気持ちを引き締めて、仕事に邁進する姿勢を作っておくことをお勧めいたします。そしてそれに伴い、あなたの魅力も更に輝きだす時となってゆくでしょう。

 

天秤座後半生まれ=寒露生まれ

今までぼやけていた仕事の主点が12日の新月あたりから定まってゆく暗示となります。これといった打開策がないままに仕事が置き去りになっていたようですが、具体的な解決策が見つかってゆくようです。これはもちろん考えに考え抜けばのことで、何もしなければ今のままであります。

ここでのアイディアは非常に有効で、その後にも善後策が続くようですから、まず動くことが何より大事であります。そうすると自然と協力者が現われて、あなたの行動を下支えしてくれたり、更なる協力者を集めてくれたりすることもあるようです。ともかくも気持ちを前に向けてゆきましょう。

 

蠍座前半生まれ=霜降生まれ

相手の気まぐれに、ご自身のリズムを狂わされがちな時でしたが、あなたのきっぱりとした言動がその流れを変えてゆくようです。相手の甘えは、あなたの態度次第で変化していくのです。そのようにしているうちに効果が出て、14日あたりからは、あなたの意に沿うような形になるはずです。

ここが改善されれば、楽しさが戻ってきて、数ヶ月の恋愛モード期間となります。自信も甦り、仕事や日常生活にも彩りが戻り、全てが明るさを取り戻してゆくようになります。恋に仕事に、久々に主役になる運勢が廻ってきますので、胸を張ってまいりましょう。

 

蠍座後半生まれ=立冬生まれ

対人関係、パートナーシップの変化の時であります。新しい関係が発展する期間に入ってゆきます。旧来の関係が駄目になるということではなく、それも次の段階に入ってゆくという暗示です。

その境となるのが12日の新月であります。このあたりから仕事上の対人関係もプライベートな関係も、発展の段階に移ってゆきます。仕事上の関係から恋愛に発展するなどのケースも見られることと思います。これまで少しばかり課題となっていた家族間や家の中の懸案も、14日以降には解決策が見つかり、自然に解消しますので、気後れすることなく日常を楽しんでゆける期間となります。

 

射手座前半生まれ=小雪生まれ

基本的には仕事モードではありますが、ピークは越えたようです。今後は対人関係、パートナーシップが重要な課題となってまいります。大きく流れが変わってゆくのが14日からです。ここからは居場所、立場、地位といったものに視点が移ってゆくことになります。

不動産に関する事には今までよりも良き状況が訪れますので、ここでの転居なども幸運の鍵となりそうです。居場所が変われば、当然人間関係も変化してゆきますから、臨機応変な対応が望まれます。新たな人間関係にもなかなか良い幸運が隠されているようで、積極的にかかわってゆく姿勢が物質的なメリットをも、もたらしてくれそうです。

 

射手座後半生まれ=大雪生まれ

新たな仕事をしたり、従来からのシステムを刷新したりしてゆく時となります。12日の新月がそのスタートの合図です。これまでに培った事を活かすと共に、未知の分野にも挑んでゆくことが重要であります。

この新月は、あなたの経済の復興についても多くのヒントを与えてくれるもので、今まで上手くゆかずに棚上げになっているプランへの再挑戦などにもツキのある時となります。一度失敗した事や頓挫している事に勇気を持って向き合うことが幸運の鍵となるでしょう。全ては仕事にかかっているといっても過言ではない時期ですから、プライベートよりも仕事を優先して考えましょう。

 

山羊座前半生まれ=冬至生まれ

連休明け早々から仕事モードになりそうです。大きなツキや協力者に恵まれる暗示が強い時ですので、仕事自体が楽しく感じられ、その進捗にも目を見張るものがあるでしょう。やはり、あなたは社会的に認められることに大きな喜びを感じる方ですから、仕事に邁進することが、その喜びを作ってゆく原動力となるのです。

14日以降、あなたの伝達力や訴求力が強まってゆき、周囲に大きな影響を与えることとなるでしょう。仕事に関する事を発信してゆくにも良きタイミングとなります。自己PRなどにも最適な時なので、恥ずかしがらずに自分を売り込んでみましょう。予想外の反響もあるようです。

 

山羊座後半生まれ=小寒生まれ

何と言ってもこの期間の一番のトピックは12日に起こる新月であります。これはあなたの恋愛をつかさどるところで形成されますので、新たな恋や今までの関係も次の段階へ進むという暗示が強くなります。恋のほかにも趣味的なことやプライベートで喜びが生まれてくる時です。経済もなかなか安定しており、世相とは関係なく、あなた独自の金銭プランが結果を出してゆくでしょう。

このように楽しい事にも金運にも、普段以上の幸運が付与される時ですので、積極的な態度で全てに対応してゆくことが更なる果実の収穫へと繋がります。そして、もう一つの大きな暗示が再生や復活です。こちらは全ての暗示に関してのものとなっています。

 

水瓶座前半生まれ=大寒生まれ

恋愛を含めたプライベートな事、全般に大きな喜びが生じそうな時であります。これまで安定的な関係にあった方は、次の段階に進まれることでしょう。そのほかの個人的事象についても安定という方向性に変わりはありません。あなたの思うように事態が進んでゆく期間です。

仕事面でも厳しさは当然ありますが、それをこなしてゆく力も充分に満ちている時で、普段よりも高い次元での遂行が可能となります。一ランク上のやり方や課題に積極的に挑戦してゆきましょう。少しばかり気にかかることは家族との関係性です。ご自身の思いを通そうとすると多少の摩擦が生じます。どの程度にて妥協するかを常に考えておくとスムーズな展開となります。

 

水瓶座後半生まれ=立春生まれ

大きく運気の流れが変わる時であります。これは14日あたりから生じます。これまでの多くの可能性が一つに集約し始め、あなたの目標とするところが定まってゆきます。そして、それに伴い金運の上昇が始まります。当然、努力することで摩擦が生じることもありますが、それらを経験した上での収穫ということになるので、決めた目標に突き進むのが何よりです。

どんな事でも、あなたなりに楽しみながらやるという能力が、ここでは非常に大きくなっていて、存外、簡単に乗り越えてしまうかもしれません。あなたに緊張は似合いません。自分勝手と言われようとも、独自性を活かしてこそ、あなたの魅力が輝くのです。

 

魚座前半生まれ =雨水生まれ

お待たせいたしました! これまでの努力がやっと形になる時がやってまいりました。14日に約12年ぶりに拡張の星である木星があなたの許にやってまいります。これが、即幸運というものに繋がる訳ではありません。しかし、これにはテコのような作用がありますので、あなたの力を倍増させてくれるのです。

つまり、具体的な目標に関しては達成力や突破力が格段に高くなるということで、これまでの事がここに完成するという暗示、つまり、やっただけの成果は絶対に出るといった期間が始まるのです。もちろん、仕事のみではなく、恋愛にも非常に良き時が始まります。実は大恋愛の暗示も相当に高い時期なのであります。

 

魚座後半生まれ =啓蟄生まれ

あなたが何かの調整役として大きな役割を果たす時となります。ご自身の運気はとても安定していて、12日に形成される新月が、あなたの知識や調整能力を更に強めますので、何らかの役割が生じそうな時期なのです。伝達力や発信力も強まりますので、何かを周囲に向けて発信するにも好機であります。きっと多くの方があなたの考えや存在に興味を示してくれるはずです。

そして、一番のお知らせが18日頃から始まる、あなたの恋愛期であります。約2年ぶりにキューピッドがあなたの周囲に飛び交います。あなたの魅力も大いに高まりますので、恋愛以外にもそれは充分活かせるものとなります。

 

青山五行の創始者 小池雅章先生に人生相談をいたしませんか?

恋愛・結婚、仕事やこれからの生き方についてなど、、ジャンルは問いません。
ホロスコープから見る運気の流れをもとに、あなたの悩みにお答えいただきます。

相談はこちらのgoogleフォームからご応募ください。

 

※二十四節気占いについて

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、support@gentosha.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。

{ この記事をシェアする }

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP