1. Home
  2. 読書
  3. 白鳥とコウモリ
  4. 東野圭吾最新作にして最高傑作『白鳥とコウ...

白鳥とコウモリ

2021.03.26 更新 ツイート

東野圭吾最新作にして最高傑作『白鳥とコウモリ』(4月7日発売)のカバーデザインがいよいよ解禁! 幻冬舎編集部

2021年4月7日(水)に幻冬舎より、東野圭吾の最新刊『白鳥とコウモリ』が刊行されます。
刊行前から既に大反響を巻き起こしている本作。
新たなる代表作との呼び声も高く、期待がますます高まっています。
そんな中、いよいよカバー画像が解禁されました。
風景が意味するものとはーー。

 

Amazonで予約する

楽天ブックスで予約する

セブンネットで予約する

などでお申し込みください。

【書籍紹介】
遺体で発見された善良な弁護士。 一人の男が殺害を自供し事件は解決ーーのはずだった。
「すべて、私がやりました。すべての事件の犯人は私です」

『白夜行』『手紙』......新たなる最高傑作、 東野圭吾版『罪と罰』。

【書籍詳細】
書名:『白鳥とコウモリ』
著者:東野圭吾
発売:幻冬舎
発売日:2021年4月7日 (水) ※一部地域では発売日が異なります
定価:本体2,000円+税
判型:四六判並製
ISBN:978-4-344-03773-1

『白鳥とコウモリ』特設ページ

【著者プロフィール】
東野圭吾(ひがしの・けいご)
1958年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めをする傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー、専業作家に。1999年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、2012年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、2013年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞、2019年に第1回野間出版文化賞を受賞。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP