1. Home
  2. 社会・教養
  3. その言い方は「失礼」です!
  4. 「遅くなりました」は謝罪ではない…遅刻し...

その言い方は「失礼」です!

2021.04.18 更新 ツイート

「遅くなりました」は謝罪ではない…遅刻したときはきちんと謝るべし! 吉原珠央

「かわいそう」「偉いですね」「遅くなりました」「だから」「疲れていませんか」……。みなさん、こんな言葉を口にしていませんか? 実は、これらはすべて「失礼」な言葉。気づかないうちに相手を傷つけたり、怒らせたりしているかも……。そうならないためにチェックしたいのが、イメージコンサルタント・吉原珠央さんの『その言い方は「失礼」です!』。いったいどう言い換えればよいのか、気になる方は本書で確かめてみてください!

*   *   *

謝るべきときはきちんと謝る

気配りができない人、自分のミスを早く忘れてほしいと願う人に共通する言い回しがあります。

(写真:iStock.com/seb_ra)

それは、約束の時間に遅れたのに、到着したときにお詫びをせず、「遅くなりました!」としかいわないことです。

「遅くなりました!」は謝罪ではなく、単に状況報告をしているにすぎません。

申し訳ないという気持ちはないに等しく、謝罪の気持ちは一切感じられないのです。

遅れるというミスは、遅れた当事者が軽く流してしまうと、その後、不誠実な印象がついてまわることになります。

誰にでも遅れるというミスは起こりえますが、自分が相手をお誘いしているときには、特に遅れないようにする必要があると私は考えています。

遅れたことに対して相手が「気にしないでください」などというと、その言葉を鵜呑みにし、調子に乗ってすぐに別の話題にすり替える人もいます。

遅れた側からすれば、「ああ、よかった。遅刻のことを有耶無耶にできた」と安心しているのかもしれませんが、「気にしないでください」という言葉とは裏腹に、心の中では「さてさて、相手はどのように反応するだろう……。ここでしっかりと謝ってくれる人だったら水に流そう」などと最後のチャンスを与えようとしている可能性があるのです。

ミスは信頼を深めるチャンス

以前、様々な業種の方と一緒に行うプロジェクトがあり、6名で待ち合わせをしたときのことです。

(写真:iStock.com/metamorworks)

待ち合わせの当日、私も含めて5名が5~10分前には到着していました。

すると、10分以上遅れてやってきた人が、私たちを見てすぐ、「やっちゃいました! 1本先の路地を曲がってしまって……」とだけいい、謝罪の言葉は一切ありませんでした。

その人の「やっちゃいました!」という一言には皆、無反応で、「それでは早速、始めましょうか」と声をかけてくれた人がいて、雰囲気はもとに戻りましたが、私は頭の中で「やっちゃいました、なのか……」ととても残念な気分になったことを覚えています。

繰り返しますが、どんなに早めに出発したとしても、「まさか」と思うような出来事があって、遅刻することは誰にでもあります。

また、早々に話題を換えて、自分のミスを周囲の人が早く忘れてほしいなという思いがあるのも当然です。

ですが、お詫びはお詫びで、最初にしっかりと伝えて相手の許しを得る過程が必要なのです。「不誠実な人」という印象が相手の中にずっと残ってもいいと思う人は別ですが……。

想定外の出来事が起こり、相手に迷惑をかけてしまった──。そんなとき、私たちは相手にまず、何を伝えるべきなのか。

相手に迷惑をかけてしまった」という現実をしっかり受け止め、「申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉をきちんと伝えられる人だけが、様々な場面でチャンスを手にすることができると断言します。

自分のミスを曖昧にしてごまかすよりも、真摯にお詫びをすることで、ミスをしなかったとき以上に、深い信頼へと繋げられることは多いのですから。

関連書籍

吉原珠央『その言い方は「失礼」です!』

相手は自分を気遣っているつもりなのだろうが、なぜかモヤモヤが残る……。こんな経験をしたことはないだろうか。その正体は相手の「失礼な話し方」にある。もしくは、あなたが残業続きの同僚に「疲れて見えるけど大丈夫?」と声をかけたり、不運な出来事に遭遇した友人に「かわいそう」などといっていたら要注意だ。思いやりのつもりが逆に相手を傷つけており、それに気づかずにいると、徐々に仕事や人間関係を蝕んでいく。そこで本書では、無意識に使っている「失礼な言動」を全て取り除き、「本当の礼儀正しさ」が身につく手法を徹底解説。

{ この記事をシェアする }

その言い方は「失礼」です!

「かわいそう」「偉いですね」「遅くなりました」「だから」「疲れて見える」……。ついこんな言葉を口にしていませんか? 実は、これらはすべて「失礼」な言葉。気づかぬうちに相手を傷つけたり、怒らせたりしているかも……。そうならないために読んでおきたいのが、イメージコンサルタント・吉原珠央さんの『その言い方は「失礼」です!』。これらの言葉をどう言い換えればよいのか、気になる方はぜひ本書で確かめてみてください!

バックナンバー

吉原珠央

イメージコンサルタント。プレゼンテーション、コミュニケーションをメインにしたコンサルティングを行うほか、「体感して学ぶ」というオリジナルのメソッドで、企業向け研修や講演活動を全国で実施。また、「ストレスフリー」をコンセプトにした化粧品・ファッションアイテムなどを扱う「PURA Tokyo」を立ち上げ、会社を経営。著書に『「また会いたい」と思われる人の38のルール』『「もっと話したい!」と思われる人の44のルール』『人とモノを自由に選べるようになる本』『自分のことは話すな』『その言い方は「失礼」です!』『だから、あの人は嫌われる』など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP