1. Home
  2. 社会・教養
  3. その言い方は「失礼」です!
  4. 「だから」「っていうか」はNGワード!気...

その言い方は「失礼」です!

2021.04.17 更新 ツイート

「だから」「っていうか」はNGワード!気づかぬうちに相手を怒らせているかも 吉原珠央

「かわいそう」「偉いですね」「遅くなりました」「だから」「疲れていませんか」……。みなさん、こんな言葉を口にしていませんか? 実は、これらはすべて「失礼」な言葉。気づかないうちに相手を傷つけたり、怒らせたりしているかも……。そうならないためにチェックしたいのが、イメージコンサルタント・吉原珠央さんの『その言い方は「失礼」です!』。いったいどう言い換えればよいのか、気になる方は本書で確かめてみてください!

*   *   *

口癖になっている人は要注意!

仕事でもプライベートでも、「教えてあげている」「いちいち面倒だな」などといった上から目線や、イライラしながら投げやり感を顕にして話をしている人はいませんか?

(写真:iStock.com/metamorworks)

それは態度だけでなく言葉の中にも確実に出ています。

例えば、「だから」「っていうか」などの言葉を連発している場合です。

これらの言葉には、自分の意見が絶対的に正しく、また自分が発言する時間を人に邪魔されたくないといった傲慢さを感じます。

会社の後輩が先輩に、「入力の仕方はこれで合っていますか?」と聞いたとき、先輩が「だから、これは大きい数字が上になるようにしてください」といえば、後輩はあまりいい気持ちはしないでしょうし、次に確認するのが怖くなるでしょう。

先輩のほうも、「ああ、これは大きい数字が上になるようにしてくださいね」といえば、角も立たず、お互い気持ちよく仕事が進められるはずです。

普段の生活においても、まるで口癖のように「だから」「っていうか」を連発する人がいます。そういう人と話していると、聞き手は毎回、否定されているような気持ちになり、ストレスを感じます

「ざっくばらんに何でも質問してください」という60代の社長が、若手社員の研修で質問タイムを設けたとき、答えるたびに「だから、それは……」「っていうかね、君……」「だからね……」などと毎回前置きして話し始めるのを見たことがあります。

もちろん、突拍子もない質問や、明らかにそれまでの話を聞いていなかったとみられるような浅はかな内容の場合を除きますが、勇気を出して質問してくれた人に、むやみに恥をかかせるような反応は好ましくありません。

不要な恨みを買うことも……

あるとき、平熱ではあるものの、不調が数日続き、内科で診てもらったときに、次のようなやりとりがありました。

(写真:iStock.com/Roman Valiev)

私「先生、熱もないのに体がだるくて、めまいもすることが初めてなんです」

医師「だから、人には体調の変化がありますからね。なんともいえないですよね」

私「単なる疲れなのでしょうか?」

医師「んー、っていうか、疲れもストレスも常に人は感じていますのでね。一概に、疲れだけが原因とはいえません」

私「もう何日も、こんな症状が続いているので、何か原因がわかる検査などはありませんか?」

医師「だから、何でも私たちが解決できるわけではないので、とりあえず様子を見てみてください」

私「……」

見事にすべてがネガティブ返答! といった感じで、初診料を支払ってまで受診したのに、体調や気分がよくなるどころか、さらに悪化したのではないかと思う状態で帰宅しました。

医師だからといって、すべての不調を治してくれるとは思っていませんが、「だから」「っていうか」といった言葉は不要で、「そうでしたか」「なるほど」「それでは、もう少しだけ様子を見てみましょう」などという言葉に換えるだけで、患者の不安は取り除けたはずです。

こちらが話すことのすべてが否定されるような診察だったので、それ以上、話しても無駄だと感じて早々に切り上げ、二度と受診することはありませんでした。

時と場合によっては、「失礼」では済まず、不要な恨みを買ってしまうかもしれない言葉でもあるので、「だから」「っていうか」をひんぱんに使っていないか、今一度振り返ってみましょう。

関連書籍

吉原珠央『その言い方は「失礼」です!』

相手は自分を気遣っているつもりなのだろうが、なぜかモヤモヤが残る……。こんな経験をしたことはないだろうか。その正体は相手の「失礼な話し方」にある。もしくは、あなたが残業続きの同僚に「疲れて見えるけど大丈夫?」と声をかけたり、不運な出来事に遭遇した友人に「かわいそう」などといっていたら要注意だ。思いやりのつもりが逆に相手を傷つけており、それに気づかずにいると、徐々に仕事や人間関係を蝕んでいく。そこで本書では、無意識に使っている「失礼な言動」を全て取り除き、「本当の礼儀正しさ」が身につく手法を徹底解説。

{ この記事をシェアする }

その言い方は「失礼」です!

「かわいそう」「偉いですね」「遅くなりました」「だから」「疲れて見える」……。ついこんな言葉を口にしていませんか? 実は、これらはすべて「失礼」な言葉。気づかぬうちに相手を傷つけたり、怒らせたりしているかも……。そうならないために読んでおきたいのが、イメージコンサルタント・吉原珠央さんの『その言い方は「失礼」です!』。これらの言葉をどう言い換えればよいのか、気になる方はぜひ本書で確かめてみてください!

バックナンバー

吉原珠央

イメージコンサルタント。プレゼンテーション、コミュニケーションをメインにしたコンサルティングを行うほか、「体感して学ぶ」というオリジナルのメソッドで、企業向け研修や講演活動を全国で実施。また、「ストレスフリー」をコンセプトにした化粧品・ファッションアイテムなどを扱う「PURA Tokyo」を立ち上げ、会社を経営。著書に『「また会いたい」と思われる人の38のルール』『「もっと話したい!」と思われる人の44のルール』『人とモノを自由に選べるようになる本』『自分のことは話すな』『その言い方は「失礼」です!』『だから、あの人は嫌われる』など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP