1. Home
  2. 生き方
  3. 人間白帯 青木真也が嫌われる理由
  4. 青木真也みずから語る…『空気を読んではい...

人間白帯 青木真也が嫌われる理由

2020.12.27 更新 ツイート

青木真也みずから語る…『空気を読んではいけない』がベストセラーになったわけ 青木真也

著書『空気を読んではいけない』がベストセラーとなり、一躍脚光を浴びた総合格闘技世界チャンピオン、青木真也。2017年2月に電子書籍限定でリリースされた『人間白帯 青木真也が嫌われる理由』は、はあちゅう、イケダハヤト、ジェーン・スーとの対談から、本人の独白、さらに担当編集者による裏話まで、彼の魅力をさまざまな角度から掘り下げた作品となっています。「職業=自分」と語る、青木真也流の生き方を綴った本書の一部を、特別にご紹介します。

*   *   *

これから日本はどうなる?

――何かが起きる? 何がどうなっていくと思いますか?

(写真:iStock.com/Ildo Frazao)

青木 もの凄い格差社会になるから、逆に言うと、フリーランスとかファイターみたいな仕事がしやすくなるんですよ。

――おお!

青木 だけど、会社員みたいな制度があっという間になくなって、守られません! ってなった時に、格闘技とかスポーツをやったヤツも食えるというか。みんながこれからの4年間、東京五輪に向けてよくしましょうってことじゃなくて、周りが下がるから、同じ目線に合うみたいな話でよくなると思いますね。

――2020年の東京五輪の話をすると、どうしてもそこを目指したいと日本人の選手は思うから、それへの挑戦が終わるまではこっちの業界に流れては来ないと思うんですね。

青木 やっぱねえ、なんていうんだろうなあ……。

――なんでしょう?

青木 賢いヤツは、今の日本マット界でキャリアを積もうとしないはず。

――あー! それは青木真也じゃないけど、国外のほうがギャラを含め、評価してくれるリングもあるわけだから、外貨を稼いだほうがいいと。

青木 そうなんですよ。だけど、そうなった時に日本のリング上は「モーレツ球団」みたいになっちゃいますよ。

――ブラック企業で働く的なイメージですか? だったら寂しいなあ……。

青木 寂しいですよ。だからこそ、例えば『RIZIN』でも『巌流島』でも立身出世物語を作っていかなくちゃいけないんですけど、賢いヤツは、「こんなところには出ねえよ」ってなっちゃいますね。それが大問題ですね。

――そうなるかあ……。

青木 そうなった時には魔裟斗もそうだし、TK(高阪剛)にしろ、北岡悟にしろ、ちょっとした愕然感はありますよね。

本当はみんなもっと自由に生きたい

――あのー、青木真也本人からすると、『空気を読んではいけない』が3万部という数字を弾き出したのはなぜだと思いますか?

(写真:iStock.com/manopjk)

青木 う~ん……。

――なんなんでしょうね?

青木 何個か理由があって。

――おお!

青木 まずひとつは、抑制し合っていて、実はみんなリベラル的に生きたかった、というか。実は自由に生きたい、ということがあって。

――ええ。

青木 凄く簡単にいうと、みんな自己啓発的に助けられたいんです、何かに。そういう需要を取り込んだことと、あともうひとつは、僕の考え方や生き方が、僕は普通だと思っていたことが尖っていたという話なんだと思います。

――自己啓発と生き方が尖っていた。

青木 ええ。それと、もうひとつ思ったのは、みんな実は自立みたいなことに憧れていたんじゃないかと思いますよね。

――自立!

青木 みんな自立できていないから、自立に憧れている、みたいなことはあると思う。

――それは、青木真也がエゴサーチをしながら反響を見るじゃないですか。

青木 はいはい。

――それを読んでいくと、「自立できていないヤツが俺の本を読んでいるんだなー」みたいに感じるということ?

青木 それもそうだし、あとは単純に、読み方によって、解釈がもの凄く分かれる本なので、それもひとつの要素だと思いますね。例えば面白いと思ったのは、「食事に行かない」という言葉を取って、食事に行かなければいいんだって解釈するヤツがいたってことですよ(笑)。

――それは頭の悪い解釈ですね(笑)。

青木 そうなんです。僕が言いたいことは、ちゃんと目的が果たせるなら、例えば次の仕事につながるのであれば食事に行けばいいんです。要は目的を明確にして、話を整理してから物事を決めて行けよってことなんですよね。

――わかります、わかります。

青木 流されるなよってことなんですけど。

――そうですよね。

青木 額面通りに読んだりとか、孤独になればいいんだって思ったり。要は、表明上しか読めなかったりするから、これ、面白いなって思いましたね。そういう意味で。

(2017年2月刊より抜粋)

関連書籍

青木真也『人間白帯 青木真也が嫌われる理由』

青木真也はなぜ物議を醸し出し、嫌われるのか。 ジェーンスー、はあちゅう、イケダハヤトとの対談から担当編集者の裏話、大晦日の青木真也の独白までを収録。 これさえ読めば「空気を読まない生き方」が手に入る!

{ この記事をシェアする }

人間白帯 青木真也が嫌われる理由

バックナンバー

青木真也 総合格闘家

1983年5月9日生まれ。静岡県出身。小学生の頃から柔道を始め、2002年に全日本ジュニア強化選手に選抜される。早稲田大学在学中に、柔道から総合格闘技に転身。大学卒業後に静岡県警に就職するが、2カ月で退職して再び総合格闘家に復帰。「DREAM」「ONE FC」で世界ライト級王者に輝く。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP