1. Home
  2. 生き方
  3. 人間白帯 青木真也が嫌われる理由
  4. イケダハヤト×青木真也…「嫌われ者」が語...

人間白帯 青木真也が嫌われる理由

2020.12.21 更新 ツイート

イケダハヤト×青木真也…「嫌われ者」が語る、炎上を力に変える方法 青木真也

著書『空気を読んではいけない』がベストセラーとなり、一躍脚光を浴びた総合格闘技世界チャンピオン、青木真也。2017年2月に電子書籍限定でリリースされた『人間白帯 青木真也が嫌われる理由』は、はあちゅう、イケダハヤト、ジェーン・スーとの対談から、本人の独白、さらに担当編集者による裏話まで、彼の魅力をさまざまな角度から掘り下げた作品となっています。「職業=自分」と語る、青木真也流の生き方を綴った本書の一部を、特別にご紹介します。

*   *   *

「炎上」は自然現象みたいなもの

箕輪 あと二人の共通点でいうと嫌われ者ですよね。青木さんは本の中で、「死ね」とか「負けろ」っていう誹謗中傷がエネルギーになるって書かれていましたけど、イケハヤさんもそうですか?

(写真:iStock.com/SandraMatic)

イケダ まぁ……「炎上」とかは自然現象みたいなものですよね。それなりの球を投げたら、必ず反応は起こります。さっきもありましたが、もはや雑音がないと刺激がなくてつまらない、みたいな気分になりますね。

青木 叩かれると見えてきますよね。自分がやらなきゃいけないこと。

イケダ はい。ある種の炎上とか批判があると、「自分の進んでいる道は間違ってないんだな」といい確信が得られますよね。

青木 なんだろうな。格闘技でいうと後楽園ホールとか格闘技好きが集まっているところは、温かいからつまらないんです。僕がやりたいのは、「こいつ負けて人生潰れねえかな」と思われている中で、勝つことです。

イケダ エキサイティングですね! そういう世界に浸かりたいです。

箕輪 僕がイケハヤさんに初めて会ったときは、まさに炎上中で。どんな感じなんだろうって思ったら、興味すらなさそうでびっくりしました。

イケダ それはまぁ、川にポンって石を投げたら、ピョンって水が跳ねるみたいなものですからね。

青木 でもね、不思議と面と向かって「死ね」とか言われたことってないんです。

イケダ さすがにいきなり死ねって言ったら、ちょっとヤバいですよね、その人。

青木 リングに上がってれば、「馬鹿野郎!」とかはありますけど。会場にいても「この野郎、てめえ!」みたいなことがないっていうことは、それってエンタメなんだなと思って。

箕輪 最近、青木さん周りで一番ざわついたのが、水の入ったペットボトルをリングに投げたら、解説席に座っていた金メダリスト吉田沙保里に当たりそうになって。選手からもファンからも一気に叩かれましたね。

イケダ 美味しいですね(笑)

青木 僕が投げたら、誰かが「この野郎!」って来て、そこで揉めて、それもひとつの仕事になると思ったんですよ。誰かが仕事を取りに来るかな、と思ったんです。なのに、結局誰も来ないで、道徳の時間みたいに「投げたら危ないじゃないか」って正論ばっかりで……。

イケダ エンタメなのに(笑)

青木 「せめて水を抜いたペットボトルにしろ」とか言われて。

イケダ 周りがそんなんじゃ、青木さんはまだまだ安泰ですね(笑)

「凡人ゆえ」の成長戦略

箕輪 青木さんは本の中で、自分は人より能力が劣るから、常に新しい技術を学ぶと書かれていました。

(写真:iStock.com/kieferpix)

青木 僕の場合は、ほかのファイターよりも能力自体が低いっていうのわかっているんですよ。だから新しいことを意識して取り入れないと生き残れない。個体として能力劣るんですよ。

イケダ 意外です。明らかに劣るんですか?

青木 はい。ウォーミングアップだけでも、ほかのファイターより能力は格段に落ちるんですよ。若い子とか外国人を見ていると、「もうこれ無理でしょう」ってなる。昔、中学の時に「人生とは不平等である」みたいな作文を書いて先生にこっぴどく怒られたことあります。

イケダ 気づくの早い(笑)

青木 「世の中は不平等だけれど、そのことを観念してやるべきなんだというてこと書いたのに、すごく怒られた。でも、不平等じゃないですか?

イケダ そりゃそうですよね。

青木 だからこそ、それを理解してやらないと駄目だなと思うんですよね。もう怖いですよ。常に新しいこと、人のやらないことをしないと生き残れないから。

箕輪 青木さんは、外国人のセコンドが来日した時とかにプライベートレッスン受けてるって言ってましたね。トップファイターでそんなに貪欲に「教えてください」って行く人あんまりいないですよね。

青木 いない。僕は練習のときでも、この人のこの技だけはすごいと思うと、やっぱ聞きますよね。練習見てて、「こいつのこれだけは」っていうのがあるんですよ。

箕輪 イケハヤさんも最近、他のブロガーと勉強会みたいのやってますよね。

イケダ この世界それなりに長いですが、いまだにまったく知らないことも多いですからね。ブログの世界って「正解がない」ので、一流の人たちで集まると本当に面白いですよ。完全にみんなやり方が違うんです。それはもう、見事なほどに。やり方が違い過ぎて参考にならないんだけど、参考にならないなりに参考になることが当然あるので、それは楽しいですね。

(2017年2月刊より抜粋)

関連書籍

青木真也『人間白帯 青木真也が嫌われる理由』

青木真也はなぜ物議を醸し出し、嫌われるのか。 ジェーンスー、はあちゅう、イケダハヤトとの対談から担当編集者の裏話、大晦日の青木真也の独白までを収録。 これさえ読めば「空気を読まない生き方」が手に入る!

{ この記事をシェアする }

人間白帯 青木真也が嫌われる理由

バックナンバー

青木真也 総合格闘家

1983年5月9日生まれ。静岡県出身。小学生の頃から柔道を始め、2002年に全日本ジュニア強化選手に選抜される。早稲田大学在学中に、柔道から総合格闘技に転身。大学卒業後に静岡県警に就職するが、2カ月で退職して再び総合格闘家に復帰。「DREAM」「ONE FC」で世界ライト級王者に輝く。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP