1. Home
  2. 読書
  3. #塚森裕太がログアウトしたら
  4. 【書評】自分とどう向き合うか、再確認させ...

#塚森裕太がログアウトしたら

2020.10.23 更新 ツイート

【書評】自分とどう向き合うか、再確認させてくれる小説 瀧井朝世

浅原ナオトさん待望の最新作『#塚森裕太がログアウトしたら』。

瀧井朝世さんから書評をお寄せいただきました。

*   *   *

「ありのままの自分でいる」。そんな、一見美しく思える言葉の欺瞞を暴きつつ、胸を熱くさせる結末に導いてくれる作品だった。浅原ナオトの新作小説『#塚森裕太がログアウトしたら』のことだ。

成績優秀で性格も顔も良く、しかもバスケ部のエース、塚森裕太。彼が突然、インスタでゲイであるとカミングアウトした。その日からバスケ部の重要な試合の日までの顛末を、複数の視点で綴っていく構成だ。

塚森の告白は好感を持って受け入れられ、インスタも拡散されて話題に。だが、視点人物たちは、自分の本音と格闘している。彼と同じ高校の生徒で、ゲイであることを隠している清水瑛斗は塚森の告白を迷惑に思う。教師の小山田貴文は偶然娘がレズビアンだと知り、塚森にアドバイスを求める。塚森の熱烈なファンである内藤まゆは変わらず応援し続けると表明。バスケ部の後輩の武井進は塚森を崇めているが、どうしてもゲイに対し嫌悪感を抱いてしまう。そして塚森本人は――。

カミングアウトしたくないゲイへの配慮の欠如、SNS上での拡散の怖さ、悪気のないアウティングのやっかいさ、「知っている」「理解している」と思うことの無神経さ。さまざまな問題に気づかせてくれる内容。と同時に、立場の異なる人たちが、それぞれ心の中の目を背けてきた部分とどのように向き合い、自分が自分であることを再確認していくか、その過程がどれもとても切実で読ませる。そう、好感度抜群でいつも言動を間違わない塚森だって、自分の中に見て見ぬふりをしている部分があるのだ。

彼がカミングアウトしたのは、ずっと、スペックの高い「塚森裕太」というアカウントにログインして生きている気分だったから。でもログアウトして楽になれたのかといえば、違った。そこからの彼の苦悩と、気づきを得ていく姿は、彼と同じ立場でなくてもきっと身につまされる。家庭、学校、職場、SNS、その他の人間関係の中、そして一人の時。人はその場その場で異なる側面を持ち、それは異なるアカウントを持っているようなもの。「ありのままの自分」は複数あるともいえるし、そんなものはどこにもないともいえる。ログアウトしてもまた別のアカウントにログインするだけだとしたら、では、どんな自分でいたらいいのか? いやいや、それよりも大事なことに気づかせてくれるのが、この作品だ。読み終えた時、登場人物全員のことが、とても愛おしくなっている。

関連書籍

浅原ナオト『#塚森裕太がログアウトしたら』

「俺は、同性愛者です」 高3のバスケ部エースがSNSでカミングアウト。彼の衝動は思わぬ波紋を広げ……。 ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る」の原作者、待望の最新作。 「登場するすべてのひとの気持ちが胸に迫って、読みながら必死に声援を送りました。たぶん誰もが、この小説のなかに「自分」の姿を見いだせるはずです。」三浦しをん氏推薦! 高3のバスケ部エース・塚森裕太は自分がゲイだとInstagramでカミングアウト。それがバズって有名に。 このカミングアウトが、同じ学校の隠れゲイの少年、娘がレズビアンではないかと疑う男性教師、塚森を追いかけるファンのJK、塚森を崇拝しているバスケ部の後輩へと変化をもたらしていく。そして塚森自身にも変化が表れ…。 作り上げてきた「自分」からログアウトしたら、「本当の自分」になれると思っていた――痛みと希望が胸を刺す青春群像劇。

{ この記事をシェアする }

#塚森裕太がログアウトしたら

高3のバスケ部エース・塚森裕太は自分がゲイだとInstagramでカミングアウト。それがバズって有名に。
このカミングアウトが、同じ学校の隠れゲイの少年、娘がレズビアンではないかと疑う男性教師、塚森を追いかけるファンのJK、塚森を崇拝しているバスケ部の後輩へと変化をもたらしていく。そして塚森自身にも変化が表れ…。
作り上げてきた「自分」からログアウトしたら、「本当の自分」になれると思っていた――痛みと希望が胸を刺す青春群像劇。

バックナンバー

瀧井朝世

フリーライター。作家インタビューや書評を多く手掛ける。編著書にコラム集『偏愛読書トライアングル』(新潮社)、インタビュー集『あの人とあの本の話』(小学館)、書き手同士の対談を収録した『ほんのよもやま話 作家対談集』(文藝春秋)など。岩崎書店〈恋の絵本〉シリーズ監修。TBS系「王様のブランチ」ブックコーナーのブレーン。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP