1. Home
  2. 読書
  3. #塚森裕太がログアウトしたら
  4. 【書評】それが正しい反応じゃなくても

#塚森裕太がログアウトしたら

2020.10.25 更新 ツイート

【書評】それが正しい反応じゃなくても 三宅香帆

浅原ナオトさん待望の新作『#塚森裕太がログアウトしたら』。

三宅香帆さんが書評を寄せてくれました。

*   *   *

この人を好きだと思ったら、それが世界のぜんぶになるし、だからこそ好きだと言うことも好きだということを認めることも、中高生にとってはあまりに重大事件だ。

――好きになる相手が同性であろうと異性であろうと、その重大事件っぷりは、変わらないんじゃないか、と思えるほどに。

 

『#塚森裕太がログアウトしたら』という小説は、高校三年生のバスケ部のエース・塚森裕太が、自分は同性愛者だ、とインスタグラムで明かす場面から始まる。その投稿は周囲のひとびとをざわつかせながらも、むしろ「感動した」「これからも友達で」などの肯定的なコメントとともに受け入れられる。インスタに「#最高の仲間に #ありがとう」なんてハッシュタグをつけて投稿する明るい好青年の塚森に対して、周囲のひとびとはSNSで肯定的な姿勢を示すのだ。

だけど実際のところ、だれかの秘密に対して、最初から100パーセント肯定的に受け止められる人間なんて、そうそういない。SNSにアップされない感情を『#塚森裕太がログアウトしたら』という小説は描いている。

 

日々SNSを眺めていると、うっすらと、「こういう話題にはこういう反応をしなくてはいけない」といった規定がさだめられているように感じる時がある。もちろん誰が決めた正しさでもないんだけど、なんとなく、その暗黙の規定を察して窮屈に感じるときがある。

誰かが誰かを好きだと呟いた時、ほんとうは、感じ方はさまざまなはずだ。たとえば友達の彼氏を見て、なんとなく褒めなきゃいけないのはわかってるけど「この人でいいの!?」と苦笑したくなった経験がある人は多いんじゃないか。あるいは「本当は恋愛が好きじゃない」と言った友達に対して、これまで無邪気に恋愛の話題を振った自分に対して冷や汗をかくこともあるかもしれない。

だけど『#塚森裕太がログアウトしたら』の登場人物たちは、塚森の告白に対して、まず同性愛を理解しなきゃ、とか、肯定する姿勢をとらなきゃ、とか、あるべき感情を先に決めている。「肯定的な反応をしなきゃ!」と、SNSにコメントをつけて、「いいね!」を送る。

もちろんそれは正しい反応かもしれない。……だけど、本当にそこからこぼれ落ちるものはないのか?「こうでなくてはいけない」ありかたを先に決めることで、自分の本当に抱いている感情を、ないものにしていないだろうか?

『#塚森裕太がログアウトしたら』という小説は、世間の「こうではなくてはいけない」ありかたからこぼれ落ちる感情を、丁寧に描く。

 

学校なんて、十代の子どもたちばかりが集まる場所。そりゃ、みんながみんな正しくいられるわけじゃない。もちろん大人だってみんなが正しい向き合い方をできるわけじゃない。

それでも登場人物たちは、最後には自分の感情をすくいあげ、そのうえで、塚森裕太あるいは自分の大切な他人や自分自身と向き合うことになる。

『#塚森裕太がログアウトしたら』は、SNSの画面に浮かぶものと、そこには浮かばずに沈んでいる感情の両方を描く。

十代特有の素直さや、素直でいることの難しさが、読んでいてみずみずしくて、「正しくいなくちゃいけない」という抑圧が強い私たちの感情をどこか癒してくれる。だからこそLGBTというテーマのみならず、さまざまな抑圧を跳ねのけようとする青春小説として読めるんだと思う。

関連書籍

浅原ナオト『#塚森裕太がログアウトしたら』

「俺は、同性愛者です」 高3のバスケ部エースがSNSでカミングアウト。彼の衝動は思わぬ波紋を広げ……。 ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る」の原作者、待望の最新作。 「登場するすべてのひとの気持ちが胸に迫って、読みながら必死に声援を送りました。たぶん誰もが、この小説のなかに「自分」の姿を見いだせるはずです。」三浦しをん氏推薦! 高3のバスケ部エース・塚森裕太は自分がゲイだとInstagramでカミングアウト。それがバズって有名に。 このカミングアウトが、同じ学校の隠れゲイの少年、娘がレズビアンではないかと疑う男性教師、塚森を追いかけるファンのJK、塚森を崇拝しているバスケ部の後輩へと変化をもたらしていく。そして塚森自身にも変化が表れ…。 作り上げてきた「自分」からログアウトしたら、「本当の自分」になれると思っていた――痛みと希望が胸を刺す青春群像劇。

{ この記事をシェアする }

#塚森裕太がログアウトしたら

高3のバスケ部エース・塚森裕太は自分がゲイだとInstagramでカミングアウト。それがバズって有名に。
このカミングアウトが、同じ学校の隠れゲイの少年、娘がレズビアンではないかと疑う男性教師、塚森を追いかけるファンのJK、塚森を崇拝しているバスケ部の後輩へと変化をもたらしていく。そして塚森自身にも変化が表れ…。
作り上げてきた「自分」からログアウトしたら、「本当の自分」になれると思っていた――痛みと希望が胸を刺す青春群像劇。

バックナンバー

三宅香帆

1994年生まれ。高知県出身。文筆家、書評家。京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了。天狼院書店(京都天狼院)元店長。大学院にて萬葉集を研究する傍ら、2016年天狼院書店のウェブサイトに掲載した記事「京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う本ベスト20を選んでみた。 ≪リーディング・ハイ≫」が2016年年間総合はてなブックマーク数ランキングで第2位に。選書センスと書評が大反響を呼ぶ。著書に外国文学から日本文学、漫画、人文書まで、人生を狂わされる本を50冊を選書した『人生を狂わす名著50』(ライツ社)、『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』(サンクチュアリ出版)がある。

Blog:https://m3myk.hatenablog.com/
Twitter:@m3_myk

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP