1. Home
  2. 生き方
  3. あぁ、だから一人はいやなんだ。
  4. 第135回 雨女

あぁ、だから一人はいやなんだ。

2020.07.15 更新 ツイート

第135回 雨女いとうあさこ

雨女。辞書によると「催しに参加すると、その人のせいで必ず雨が降るといわれる女性」との事。もし本当にそんな人がいるならば、それはもうもの凄い力をもった特別な人だと思う。ただ以前バリに行った時に“レインストッパー”と言う、その名の通り雨をやませる人の存在を聞きまして。結婚式に呼んで、もし雨が降ったら料金全額お返しするくらい百発百中に近い確率で止むのだそう。そう聞くと逆の“雨女”がいてもおかしくないか。

 

ちなみに自分はと言うと“プライベート雨女”と言ったところでしょうか。昔からどこかにでかけるとお天気があまりよろしくない。例えば中高時代の部活の夏合宿。毎年陸上同好会と天文班の2回合宿があったのですが、陸上の時に昼間雨が多く、天文の時は夜雨が多かった。要はそれぞれの大事な時間帯に雨が降ってしまうのです。ある日、先輩が気づきました。「あれ? 伊藤さんって、両方に所属しているよね?」その日から私に“雨女”のレッテルが。今思えばその先輩も同じかけ持ちだったので、あちらが雨女、の可能性もありますが。

あとひどかったのはあさこ21歳、真夏の晴れた日の事。友達と遊園地に行ったのですが、ジェットコースターに乗っていると突然全身に小石を投げつけられているかのような痛みが。なんと、まさかの季節外れの雹が降ってきたんです。ジェットコースター側だってそんな事起こるなんて思ってないからそのまま走ったもんで、それまで可愛い声で「キャーッ!」なんて言っていた人全員、深めの声で「痛い! 痛い!」と。

そんなこんなで自分は“雨女”と思いながら生きてきました。ただそれがこの仕事をするようになってから、仕事の天気運がいいんですよね。もちろん100%ではないのですが、ロケの時はほとんど晴れ。梅雨の時期でもお店など室内にいる時には雨が降っているけれど、外歩きの時には止むか、降っても小雨。一度大久保さんと行った北海道ロケで坂の上にあるお店に行くのに、登っても登っても下がってしまうほどの猛吹雪にぶち当たった事がありましたが、それはもう“面白い”と言う事でよしとしましょう。

それがこの自粛生活によるブランクで運気が変わったか? と言う事が。先日オンエアになりました「世界の果てまでイッテQ!」の“いとうあさこのミステリーツアーin鳥取県・島根県”。砂丘をもの凄いスピードで転げ落ちたり、ママチャリで長くキツい坂を駆け上がったり、まさかの大人の事情でカットでしたが濡れた崖を鎖で登ったり。こんなにも日本で体を張る事があるのね、と言うくらいちゃんとハードで、もうどこが何の筋肉痛かわからないほど全身痛くなりましたが実に3ヶ月ぶり、そして50歳初ロケ。うん、なんか、嬉しかった。

そんなロケ初日は朝から大雨&かなりの強風。天気予報を見るとロケ期間中は梅雨真っ只中でお天気いい日がない。ギリギリ曇りが一日あるかな、な感じ。なのにうっかりロケ内容が屋外のものが多く正直かなりの不安が。だってこのままいくとせっかく久しぶりの“ミステリーツアー”がお蔵入りになってしまう。その不安を煽るかのように雨は止むどころか強くなる一方。予定を繰り上げて出来るロケもその日は無いと言う事で初日早々ロケ中止となってしまいました。

何が“プライベート雨女”だ。いくら梅雨とは言え、どうすんだ今回。自分の“ロケ晴れ女”の力のなさにただただガックリしていたその時。……あれ? 待てよ。実はこの日は6月25日。サザンオールスターズのデビュー42周年記念日。サザン様が横浜アリーナからの無観客生配信ライブをなさる日だったのです。実はこのニュースが出た日に即行チケット購入したのですが、ロケが入っていたので生で拝見する事は諦めておりまして。日曜までアーカイブでいつでも観られるとの事だったので、ホテルに戻った夜中とか移動中のバスの中で観まくろう! と思っておりました。それがまさかの、ロケ中止。と言う事はこれまたまさかの、観られる。いや、ロケ中止でガッカリ&不安も本当ですよ。超ホント。ただね、どこかニヤつき出しちゃったのもホント。なんかすいません。

と言うわけでホテルの部屋をライブ会場に大改造スタート。と言っても近くのコンビニで缶ビールを買い込み、ホテルのWi-Fi状況を確認。部屋の窓も「いや、危なくない?」と言う程開いたので、換気も完璧で準備完了。時々止まってしまうWi-Fiを何度も励ましながらライブスタートの20時に。

結果、最高のライブでした。そりゃあ生で参戦するライブの凄さと興奮はもちろんですが、こんな時だからこその、こんな時にしか観られない、特別なライブ。一緒になっていっぱい歌い、いっぱい動き、いっぱい「ありがとう!」って叫んだ。そしていっぱい泣いた。でも悲しい涙じゃなくて全部“幸せ”から来るヤツ。最初、皆さんがステージに次々に登場、だけでも感情が爆発しそうに興奮したところに1曲目「YOU」のイントロの優しさ。時折映るスタッフさん方の舞台袖で拳をあげている背中の力強さ。そしてデビュー曲「勝手にシンドバッド」ではもの凄い数のダンサーが客席に登場し、華やかさマックスの多幸感。挙げたらキリが無いほどの幸せを山ほどいただき、そのたびに感動で涙流れまくりでした。

そして“恐怖を感じるほど開いてしまう”ホテルの窓からは、湿っているけど気持ちのよい風が。もうフェスだわよ。って行った事ないけど。もうあの感覚は超フェスです。ええ、きっと。そんなわけで大量の幸せに心を洗われまくった私。それでエネルギー充電出来たからかな。翌日からロケは奇跡が起きまくり。そしてちゃんと予定通りに全てのネタをやる事が出来ました。ホントに「スタンド! アリーナ! ありがとなぁ!」です。これから先どういう状況になっていくかはまだまだわからず「不安がない」と言ったら大ウソですが、とにかく元気にふんばっていこうと思います。そしてそして最後に、いつもいっぱいのパワーをくださるサザンオールスターズの皆々様。42回目のお誕生日おめでとうございました。ありがとなぁ!

 

【本日の乾杯】

時々無性に食べたくなる春巻き。好みは皮薄目のパリパリで、具にタケノコなど歯ごたえのあるものが入っているヤツ。それを酢醤油と辛子で。今日は中華屋さんで買った春巻きをお皿に移す時間も我慢出来ず、そのままかぶりついてビールをグビリ。

関連キーワード

関連書籍

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。』

寂しいだか、楽しいだか、よくわからないけど、日々、一生懸命生きてます。 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP