1. Home
  2. 生き方
  3. 午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則
  4. 2020年下半期 いて座の運勢

午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則

2020.06.19 更新 ツイート

2020年下半期 いて座の運勢真木あかり

人気占い師、真木あかりさんの新刊 『2020年下半期 12星座別あなたの運勢』(6月25日発売)より、12星座別・ご縁の傾向と対策をお伝えいたします。

 

<全体運>

2020年上半期、いかがお過ごしでしたか。自分の星座に「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が巡り、活気ある(ときに、ありすぎる)1年を駆け抜けた2019年を過ぎ、少しゆっくり歩く半年ではなかっただろうかと想像しています。忙しいことは忙しいのです。特に2020年の春は、未知のウイルスへの恐怖と対処で、自分や大切な人の生活が大きく変わった人も少なくないでしょう。そうした緊張感はありつつも、以前に比べてどっしり構えられるようになった、という方が多いのではないかと思います。

その理由は主に2つ。2019年にガチンコ勝負をキメたので、ベースの能力が上がっていろいろとラクに感じられているというのがまずひとつ。スポーツでもなんでも、ハードなトレーニングをしたあとは通常メニューが急にラクにこなせるようになったりします。渦中にいるときはただただ必死で頑張っていただけのように思えるものですが、それが実力につながるんですよね。今年は年間を通して、「そういえば以前よりずっとうまくできるようになった」「そういえばスピードアップした」と思えるはずです。そういえば私は以前、頭がよくなるかと思って通常の3~4倍速で音声を聴く教材(?)を買い、ほくそ笑みながら聴いていたのですが、気づけば相変わらずぼんやりした人生を送っているような……。いや、やらなかったらもっとぼんやりしていたのだろうか。私の「なぜそのエピソードを出した」という思い出はさておき、もうひとつの理由は、身につけた能力や知識を何かと活かす機会に恵まれること。なんでもかんでもボールが飛んでくるというわけではなく、得意なボールが飛んでくる機会が格段に増えるのです。頑張ったことへの「リターン」がちゃんと巡ってくる、というのがいて座の2020年なのですね。収入が増える、稼げるようになるといったかたちでリターンがある人も少なくないでしょう。

まだ自分にはそうした機会が訪れていないという人も、不安にならなくて大丈夫です。5月から9月半ば頃までは調整期にあたっており、何かとスピードがゆっくりになります。実力がアップした実感はあるのにうまく動けない、という人もいらっしゃるかもしれません。これは、能力が上がった分、世界を見る解像度もまた上がったことが原因。以前の自分なら気がつかずにスルーしていたようなことを、この時期はじっくりやるべきことをやりながら、自分の能力や知識を棚卸ししていくと、チャンスを招きやすいはずです。どんな運もそうですが、自分にとってベストな時期は人によって違います。誰だっていいことは早く来てほしいと思うのが当然ですが、無理やり手繰り寄せたような幸運というのは、ひずみが生じやすいのも事実です。「いいことがない」ということに執着し続けるよりも「自分にとってベストな時期に、いいことは起こる。そうなっている」と思っていらっしゃるのがよろしいかなと思います。

2019年の自分が頑張ったことにリターンがある、その流れが続くのは2020年12月中旬まで。下旬に入ると、2021年の年間テーマが早くもスタートすることになります。2021年のいて座の人のテーマは「学びとコミュニケーション」。持ち前の好奇心をフルに発揮して、ワクワクするような毎日を過ごす方はとても多いでしょう。

学びにせよ、コミュニケーションにせよ、おそらくはここまであなたが培ってきたものとはかなり様子が違うはずです。学びについては、この資格をとっておくと転職に有利だとか、この本を読むと営業に使えるとか、そういった学びはあまり役に立ちませんし興味も湧かないでしょう。既存の学問分野にとらわれず、自分に必要と思ったことやハマったことを横断的に学んでいく。そうした、机の前に座っているだけでない“本物の学び”こそが、なんにでも応用できるスキルとして身についていくのです。

コミュニケーションについてはもっと顕著でしょう。誰とつながることで得をするとか、広い人脈で一目置かれるといったことは、あなた自身ももう気にしないでしょうし、世の中全体でも徐々に減っていきます。自分に必要な人と活きたコミュニケーションをとる。その豊かさを享受することで、いい関わり方をしていけるようになるのですね。学びにせよコミュニケーションにせよ、これまでの“当たり前”にこだわらない姿勢で、すいすいと泳いでいきましょう。

さて、この下半期でもうひとつ重要な流れが恋愛です。恋愛運のところで詳述しますが、2020年はいて座にとって、愛の追い風が複数の方向から吹く年となっています。特に6月末から8月上旬は、情熱的な愛の喜びも、パートナーシップのきらめきも、両方に恵まれることになっています。幸せになる、と決めた人にとっては、これ以上ないくらいのツキが巡ってくる年と言っても過言ではないのです。

情熱的な愛の喜びについては、下半期の間じゅうずっと、いて座の人たちがすぐに触れられる場所にあり続けます。9月中旬から11月中旬にかけてはちょっと周りが見えなくなったり、くすぶったりするようなこともあるのかもしれませんが、それも一時的なこと。頑張りすぎなくても大丈夫ですよ。「いい時期なのだから、いいことがあっていい」と自分に話しかけてあげると、お気持ちも落ち着きやすいのだろうと思います。

自分の能力が報われていくこと、そして愛し愛されるということ。もちろん人生はいいことばかりではありません。ちょっと気が滅入るようなことだって、「あいつの家のトイレが1ヵ月くらい詰まったままになればいいのに」と思うようなことだってあるでしょう。それでも、この時期は「自分はよくやってきたな。だから今があるんだな」と自分の人生を肯定してあげられるようなあたたかい瞬間が、何度も訪れるでしょう。自己肯定感という言葉がブームのようになるにつれ「自分はとてもじゃないが自己肯定感なんて持てない」というご相談も増えてきました。頑張り屋さんほど「自分はまだまだ頑張らなくちゃいけない」と思っていたりします。いて座の人も、もしかしてそういった傾向があるんじゃないでしょうか。もしくは、ここ10年ほどの間にあまりにも傷つきすぎてしまって、なかなか肯定することそのものを受け入れがたく感じるのかもしれません。それでもこの下半期は、素直に自己肯定感を──自分はよくやってきたし、生きていていいんだ、ここにいていいんだという感覚を──得やすいのではないだろうかと思います。

<恋愛運>

総合運のところで少し書いてしまいましたが、2020年下半期の恋愛運ランキングを作るとしたら、間違いなくトップにランクインするのがいて座です。なんといっても4月4日から8月8日までの間は「愛と美の星」と呼ばれる金星がパートナーシップをあたたかく支援し、6月末からは「情熱と戦いの星」と呼ばれる火星が恋愛をガチで燃え上がらせる配置につくのです。しかもこの火星、通常はひとつの星座に1ヵ月半くらいしか滞在しないのですが、今回は2021年1月7日まで、半年以上にわたって「恋しようぜ!」と焚きつけてくるわけですね。カップルの人はもちろんのこと、今は恋を探している途中という人も、運命を感じるような出会いを得やすいだろうと思います。もちろんあなたが「幸せになる」と決めていらっしゃれば、という話ではありますが。

いつ恋に落ちてもいいと思っていただいて問題ないのですが、巡っているのが「情熱と戦いの星」だけに、若干意識しておきたい部分もあります。自分から行動を起こすことがこの時期のカギとなりますが、いかんせん「アクセル全開ブレーキ禁止」くらいの勢いで突っ込んでいきがちです。何も車に例えなくても良いのですが、普通にしているだけですでに前のめりと思っていらっしゃったほうがいいでしょう。あなたの好意や意欲を削ぐつもりはまったくないのですが、ふたりの愛をあたためる火も、強すぎれば火傷をしてしまいます。恋は、ふたりでするもの。胸のなかに燃え盛る火はどうぞそのままに、相手のペースに合わせて出していけると素敵です。

これは何も「顔色をうかがえ」「相手の気に入るようにしろ」という意味合いではありません。たとえば好きな人とは、同じペースで歩きたくなりますよね。同じペースで食事したいですし、同じリズムで言葉を交わせたら素敵です。せーので呼吸を合わせるように、愛の出し方も合わせていけるといい、という話です。気が置けない間柄にすでになっているのなら、それはとても素敵なことです。ただ、思いがストレートに出てケンカにならないよう、落ち着いてまいりましょう。

カップルも、今は恋を探している途中という人も、基本的にずっと追い風が吹き続けます。ただし9月から11月中旬にかけては、熱意が不完全燃焼を引き起こしやすいので、しっかりと自分を整える意識を持っておくといいでしょう。仕事が手につかない、恋のためならルール度外視で動いてしまうといったことも、ある意味恋の醍醐味ではあります。そういう紆余曲折のない恋愛映画なんてつまらないものです。ただ、私たちの人生は映画とはちょっと違います。エヴァ・グリーンでもダニエル・クレイグでもないわけです(当たり前)。まあ映画でないおかげで突然狙撃されたり裸で拷問されたりといったこともないわけなので、あまりに逸脱したことは、控えておきましょうね。この時期、友達や家族から忠告があったなら、素直に耳を傾けておいたほうがいいかもしれません。行動を決めるのは自分。でも、自分が今、他人の目にどう映っているのかを知ることは、決して損ではないはずです。

いて座の人は2011年から2019年まで、この下半期に火星が巡る場所に「自由と改革の星」と呼ばれる天王星が巡ってきていました。この星は、その人が自分らしく自分の人生を生きるために必要な成長を、ときにショッキングな出来事をもって促してくれます。「分離」という意味合いも強く、自分から自由や幸せを奪うような人やモノが離れていくことも少なくありません。あとになって「あのとき、そうなっていてよかった」と思えたりもするのですが、渦中にいるときはただただ、人生観が変わるほどの運命の嵐に翻弄されているだけという感覚を覚える人も少なくないのです。

この時期、愛において辛いご経験をされた人は少なくないでしょう。今、もしあまり望まない状況にあるのなら、この2011年から2019年に自分から離れていった愛、手に入れた愛のことを思い出していただくと、何らかのヒントになるかもしれません。同じ苦しみを、ふたたび選択しないでいましょうね。自分をいじめ、踏みにじることのないように。文筆家の松浦弥太郎さんは、『孤独を生きる言葉』という本のなかで「負の感情を極限まで知るとは、骨まで沁みとおる学びなのです」と書いておられます。しかし、そんな学びなんていらない、私は幸せになりたいだけ、と叫びたくなったなら、無理に学ぶ必要なんてありません。総合運のところで書きましたが、2021年は学びの年。来年ゆっくり、奇跡のようなひらめきを享受しながら、「ああ、そういうことか」とわかる瞬間を受け入れることができるなら、それもまた良いことであろうと思います。

あなたが幸せになると決めたなら、チャンスは訪れやすいのがこの下半期です。どうか、そのことは心に留めておかれてください。

☆カップルの人

4月頃から、パートナーシップにおいて心温まるような出来事がたくさんあった人も多いのではないでしょうか。はからずも世界中を未知のウイルスへの恐怖が覆った春となりましたが、絆は強まったのではないでしょうか。5月、6月はやや低調でしたが、6月末から8月上旬にかけてふたたび盛り上がりを見せます。ケンカや諍(いさか)い、話し合いといった、あまり心地よくはない軌跡も、ふたりの絆を強めることになっていそうです。

下半期は「一緒に楽しむ」ことがテーマに。同じ趣味を持ったり、同じ映画やドラマを観たりして、好奇心をともに広げていくことが開運のカギとなります。

☆今は恋を探している途中の人

4月頃から恋愛運が上昇中のいて座。5月、6月は恋が面倒に感じられたり、何かと思いを果たせず不調を感じられたりしたこともあるかもしれませんが、6月末からふたたび運気が回復しています。結婚につながるご縁を得やすいときです。ポイントは、6月末からは別の勢いある恋愛運もダブルで巡ってきているということでしょう。この運は来年1月7日まで継続という出血大サービス状態なので、希望をもってまいりましょう。ここでは、待っていると“それなり”です。自分から行動を起こすことがカギとなります。

☆障害のある恋をしている人

あまり難しいことを考えたり、思い詰めたりはせず「楽しむ」ということを意識していかれると良いと思います。いて座の人はかなり思い詰めるタイプではありますが、気持ちの折り合いさえついていれば、比較的楽しく乗り切れるほうかと思います。「大好きと思える存在があるのだから、まあいいか」「人生に悔いが残らないように、今を楽しもう」など、ちょっと肩の力を抜いて自分が楽になるような発想を、してみませんか。そうすることで、嬉しい展開も増えていくのではなかろうかと思います。

* * *

電子書籍版『12星座別 2020年あなたの運勢』では、月ごとの恋愛運や今がつらいという人のためのアドバイスを詳しく解説しています。お役に立てていただけますと幸いです。

<仕事運>

得意なことや好きなことを仕事にしたり、実務で活かしていったりすることができる、素晴らしい星回りです。「お前らのタイムラインを全部俺色に染めてやんよ!」くらいの勢いで(意味不明)自分らしさを存分に仕事に出していけますし、そうすることでミラクルを起こしていけることでしょう。これは単純に、あなたが生まれ持った資質だけで叶うお話ではありません。今年のあなたは2019年に食らいつくようにしてチャレンジしたことがベースとなって、その実力を発揮していく流れになっています。ここにきて「やっと頑張ったことが定着してきたな」と思える人も多いでしょう。

下半期は「自己表現」に強いスポットライトが当たります。ただ、何かを新しく頑張ったり、人目を引くために奇抜なことをしたり、という必要はないでしょう。過去数年で、あなたは自分が表現したいことの無駄をきれいにそぎ取り、美しい結晶だけにしています。あとはそのまま、自然体で輝いていくのが一番「あなた」なのだろうと思います。思いついたことはどんどん発信していくといいですし、かたちにしていくといいです。数年前と比べると、自分でもびっくりするくらい自由に、自分の人生を生きていくことができるでしょう。

クリエイティブワークに就いておられる方は、本領発揮のときです。アグレッシブに自分だけの表現を追い求めていくことで、周囲に鮮烈な印象を与えることができるでしょう。どう言えばウケるとか、何をすれば注目されるとか、そういったものはあくまでサブです。テクニックから入るのではなく、まず自分が先にあること。そして発信していくことが大事です。

「クリエイティブとは関係のない仕事だしな……」と思われた方も、がっかりしなくて大丈夫。日々の仕事に工夫をこらしていくことが、この時期の運を上手に活かすことになります。このとき大事なのが、自分を縛ったり制約を課したりする工夫ではなく、解き放つ工夫を考えるということ。日々のルーティンワークを楽しんでできる工夫、効率アップの工夫など、「快」のほうに自分を動かしていけるといいですね。

なお、「はっきり言う」というのも運の活用につながります。「私はこう考えています」「私はこのほうがいいと思います」など、そのときどきで意見表明を。仕事運全体を底上げすることにつながるはずです。

2020年12月半ば、ここから運命が大きく変わっていきます。この1年は安定モードで過ごしてきた人も多いかと思いますが、ここから先の約1年は大いなる知的好奇心の旅をスタートさせることになるのです。新しく学びの機会を持つ人はとても多いでしょうし、コミュニケーションの総量が増える人も多いでしょう。おそらくですが、「かたちのない資産」を、あなたは2021年、たくさん身につけていかれるのです。実は時代もそのように変わっていくのですが、あなたはいい流れに乗って、想像力や知性の翼を存分に広げていかれるのだろうと思います。ここ2年半ほど、「収入を得る」ということを地道に追求してきた方も多いかと思いますが、そうした試みからもふわりと自由になれるでしょう。頑張っていらっしゃった分、大きく羽ばたいていきましょう。どこへでも、自由に。いて座の象徴である矢のように、まっすぐに。

*   *   *

電子書籍版『12星座別 2020年あなたの運勢』では、月ごとの仕事運や今がつらいという人のためのアドバイスを詳しく解説しています。お役に立てていただけますと幸いです。

2020年下半期の運勢 星座の目次ページへ

 

*   *   *

毎月15日更新で、真木先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)。

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。

関連キーワード

関連書籍

真木あかり『2020年下半期 12星座別あなたの運勢』

物質や金銭中心の「地の時代」から、知性やコミュニケーションを重視する「風の時代」へ。2020年下半期は年末に向けて運気が大きく変動していきます。 星の動きが教えてくれる「幸せのヒント」とは?ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2020年下半期の星占いです。 本作品では、真木あかり先生が12星座別にあなたの運命の流れを徹底解説。 さらに電子書籍版限定コンテンツが盛りだくさん!! ◆恋愛運・仕事運の月ごと(7月〜12月)の流れ ◆幸せになるために手放したいもの ◆幸せになるために手に入れたいもの ◆チャンスにつなげやすいタイミング ◆敢えて無理をしてみたい一歩 ◆グレートコンジャンクションで変わること ◆辛い思いをしているあなたへ などを12星座別にボリュームたっぷりでお知らせいたします。 スマホやPCに入れていつでも持ち歩ける、心のお守り本です。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP