1. Home
  2. 生き方
  3. 午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則
  4. 2020年5月の恋愛運

午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則

2020.04.30 更新 ツイート

2020年5月の恋愛運真木あかり

この占いでは、今月のあなたが得る「ご縁」や傾向をお届けします。

この5月、注目すべきポイントは5月11日から14日。この4日間で、やる気や情熱を司る火星、コミュニケーションや知性を司る水星といった私たちに影響をもたらしやすい星が動き、心の持ちようが変わってくる人が多いかもしれません。そしてさらなる注目は、愛を司る金星に加え、木星と土星が相次いで「逆行」というイレギュラーな時期に入ります。愛や生き方において、自分の本心を再確認することになる人は、少なくないのかもしれません。

念のため申し上げておきますが、これは決して「怖い時期」ではありません。あなたが本当に幸せになるために、必要であれば自然と修正する動きが起こる時期です。深く考え込む時間がもし訪れたなら、「ああ、今、自分は幸せになろうと頑張っているのだ」と思っていただけると、有意義な逆行シーズンとなるだろうと思います。

 

 



★おひつじ座
3.21~4.20

【恋愛運】
会話が盛り上がるときです。日常の何気ないおしゃべりが弾むほか、ふたりで共通の趣味や学びを持つとご縁がさらに深まるはず。おひつじ座の人は自分からどんどん話すことが多いと思いますが、月の後半は特に、相手の話に耳を傾ける時間を持つといいでしょう。私と、あなた。このふたりだからできる、特別な言葉のキャッチボールができるはずです。

【カップルの人】
言葉を介してお互いへの理解を深めていけます。7日の満月前後ではドラマのように気持ちを強く出したり、また相手のなかに情熱を見出したりすることもありそうなのですが、それ以外はあっさりした印象に。付き合っているのになんとなく特別感がないとか、そっけなく感じるとか、ちょっとつまらなく感じることもあるのかもしれません。今は「言葉のやりとりを楽しむ」ことが大事なとき。なんでもないおしゃべりが、蓄積して愛になります。

【シングルの人】
仕事関係の知り合いや友達など、過去に知り合った人と不思議なご縁があるかもしれません。いいなと思っていた人から連絡が来たなら、気さくに応じてみるといいでしょう。用事があれば、こちらから一報を入れてもいいですね。過去が不思議なかたちでご縁につながっていくときですから、「紹介するする詐欺」の友達も、できれば許してあげてください。「ずっと放置してた紹介の件だけど~」なんて連絡が、来たりするのかもしれません。

【障害のある恋に悩んでいる人】
連絡が減ったことを気に病んでいた方であれば、今月は少しお気持ちが明るくなります。LINEでも電話でも、何気ない会話がぽんぽんと続く。そうした、胸のあたたまる時間が多くなりそうなのです。言葉の量が愛ではないのだ、ということはあなたもよくわかっているはず。それでも言葉が届く嬉しさを、噛み締められるのでしょう。ただし、あまりに勝手な言動をされた場合は別。「本当にこの人でいいの?」ということは、スルーせずに考えて。
 

★おうし座
4.21~5.21

【恋愛運】
月の前半はたくさん話せるとき。あなた自身がいつになく多弁で、伝えたいことが次から次へと生まれるのでしょう。7日の満月前後では、これまであなたが伝えようとしてきたことが、ふっと自然に受け入れられるようなことがあるでしょう。ただ、相手を変えようとするのは難しいのです。変わるのは、あくまで自分。その延長線上に、相手の変容が見えてきます。

【カップルの人】
会話を通して愛を深めるときです。仕事や友達付き合いも大切とはいえ、パートナーに語りかける時間をしっかり持てるといいですね。一緒にいること、これからも一緒だと思えること。そうした目に見えないものが持つ価値を、今一度思い出しておきたいところです。というのも、フィーリングや外見だけで好きになった場合は、月の後半からちょっと「立ち止まる」ような時間が多くなるから。フィーリングも大事です。でも「ほかでもないあなた」の理由をいくつも挙げられる人ほど、愛を深めていけます。

【シングルの人】
会話で人の心をつかめる素敵なときです。特に、自分が好きなこと・心地よいと思うことを選んで話すと、運を味方につけることができるでしょう。美味しいもの、美しいと思ったこと、好きな音楽や場所のこと。そうしたものを共有できる人こそが、「運命の人」にしていける人であるかもしれません。月の後半は友達運アップ。紹介をお願いしたり、アドバイスをもらったりしてみて。

【障害のある恋に悩んでいる人】
月の前半はいい時期です。たくさん話すことができたり、気持ちが通じた、わかってもらえたという不思議な直感を得たりするでしょう。口にすることができない気持ちが多すぎて爆発寸前という人は、少しでも口にするレッスンをしていけると素敵です。関係の継続に迷っているのなら、その人が「あなたが大切にしているものを、同じように大切にしてくれるか」を心のなかで振り返ってみて。そうでないならば、あなたが求める幸せな愛のかたちとは少し、違うのかもしれません。この時期はそうしたことにも、気付かされるようなことが起こりそうです。

 

★ふたご座
5.22~6.22

【恋愛運】
先月からスタートした恋のシーズンが継続中。特に月の前半は、あなたの内側からにじみ出るような魅力が際立ち、お誘いを受けたり誉められたりと嬉しい時間が多いでしょう。こうした状況は、13日を境に様子が変わります。今まで、無意識の海に沈んでいた「愛の迷い」が浮かんでくる人は多いのかもしれません。忘れられない思い出がある人は、自分のなかの執着心に驚くようなことも。ただ、こうした出来事はあなたを苦しめるために起こるのではありません。心の底を見つめ、深く掘り下げることで不安や迷いは消えていきます。幸せとは、そうやってひとつひとつ向き合うことで得られるもの。怖がらなくても、大丈夫です。

【カップルの人】
楽しい時期です。トークに秀でたあなたの資質そのままに、聡明で伸びやかな好奇心を大好きな人に言葉で伝えることができるでしょう。ねえねえ聞いてよ、と話したいことが、次から次へと浮かんでくる人は多そうです。ただ、人によりますが、月の後半から「今まで見えないふりをしてきたこと」「良くないとわかっていたけれど、スルーしてきたこと」「過去のしこり」といったものがある人は、にわかに気になり始めるかもしれません。6月にかけて、時間をかけて向き合ってみて。

【シングルの人】
「あなたらしさ」を活かして、いい波に乗れるときです。月の前半は、どこか「ぴったりの言葉が見つからない」ような時間もありますが、気にしなくて大丈夫です。ゆっくり見つける言葉にもまた、価値があります。後半は、仕事が忙しくなってくる関係で出会う人の数は多め。素敵なご縁もあるかもしれません。ちなみにこの時期、「今までこういう恋にこだわってきたけど、実は違ったかも」という気付きがありそうです。その直感はとても大事なものなので、覚えていらしてくださいね。

【障害のある恋に悩んでいる人】
素敵な時間です。前回「障害なく愛してくれる人が、身近に現れる予感」と書きましたが、今月もその傾向は続いていきます。障害があっても愛する、そうした姿勢を保ち続けるなかで、どこか自分がすり減ってしまっているのなら、月の後半はどうぞご無理なさらずに。すべての愛の執着から解き放たれて、あなたがあなたでいられる愛を探していける時間が、5月の半ばから6月にかけて、展開していきます。とても、優しい時間です。

 

★かに座
6.23~7.23

【恋愛運】
パートナーシップについて、感情に飲み込まれることなく考えることができるときです。過去を振り返って「あのときは気付かなかったけど、自分はこんなふうに思っていたんだ」と“わかる”人は多いのでしょう。敢えて、大切に思う人と離れた自分のことを考える人もいるのでしょう。ただ純粋に好きでいるだけでは脆くなってしまう愛の根本を、確かなものにできる時期にあたっています。

【カップルの人】
前向きにふたりの関係を進めていけるとき。ここまで山あり谷ありだった人も、「この人を好きでいて良かった」「頑張った価値があった」と思えることでしょう。ただ、これはふたりが同じ方向を向いている場合。お互いに背中を向けて、相手に変容を求め合っているような場合、「今の関係性を続けることだけが正解ではないのかもしれない」と感じるようなことが起こりそうなのです。特に月の後半では、話しにくいテーマも話題に出せますから、徹底的に話し合うのもおふたりのためになります。距離を置くにせよ、続けるにせよ、納得のいく道を選べるでしょう。急がずコツコツと、自分を幸せなほうに向けていきましょう。

【シングルの人】
選球眼が高まるときです。……と、人を球に例えたら叱られてしまうかもしれませんが、パートナーを見極める「目」が本気で役割を発揮するのです。そのためにも、アプローチしたり会い続けたりするのは「本当に好きだと思える人」限定にしたいところ。パートナーシップ運を下げてしまうからです。あなたは優しい人ですが、情に流されて相手を受け入れすぎないように、意識していきましょうね。パートナーがいる方からお誘いがありそうな暗示も出ていますが、今のあなたならしっかりと見抜いて、ご自分を守れるだろうと思います。

【障害のある恋に悩んでいる人】
相手に頼りたい、精神的に支えて欲しいといった気持ちが高まってきます。ずっとひとりぼっちで我慢してきたこと、抱え続けてきた孤独がとめどなく溢れてきてしまうのかもしれません。ただ、あまり重さをかけ続けると、ご縁が頼りないものになりやすい時期でもあります。もし自分で自分がどうにも扱いきれなくなったときは、「意識を遠くへ飛ばす」ということを試みると素敵です。絶景の写真を見るとか、海外ドラマにハマるとか。辛いことに、執着し続けないことが大事です。

 

★しし座
7.24~8.23

【恋愛運】
まっすぐな思いを出していくことができる、情熱的なシーズンです。ここのところ、出会いやパートナーシップについて「自分らしくないな」と思えるようなこともあったかもしれませんが、圧迫感をともなう不器用さはしだいに、薄れていくことでしょう。この時期は不思議と、友情と恋がミックスされた楽しみがあるようです。友達に恋人のことを話したり、恋人の友達のために力を尽くしたり、といったことが起こるかもしれません。

【カップルの人】
相手にまっすぐな気持ちを向けていけるときですし、相手からも情熱を感じることがありそうです。ただ、月の前半の「熱」はしばし、ヒートアップしやすい部分もあるようです。相手に「言ってやらないと気が済まない」といったタイプのストレスを溜めている人は、ちょっとクールダウンしてから話すくらいがちょうどいいようです。月の後半はリラックスモード。「今」を楽しむときです。未来の話は急がずに。

【シングルの人】
幸せになりたいのに、傷つくのが怖くて動けない。ストレートにいきたいのに素直になれない。そんな気持ちを抱えてきた人はしんどかったでしょう。頑張っていらっしゃいましたね。今週半ばを境に、そうしたもどかしさは消えていきます。代わりに、身近なところに愛や恋のきっかけを見つけるのかもしれません。この時期のポイントとしては、「目に見えること」ではなく、「目に見えないこと」に心を向けていくと、「ああ、この人だ」と静かにわかるような、そんなご縁が見つかるのではないかと思います。

【障害のある恋に悩んでいる人】
前半はちょっと息苦しいかもしれません。苦しい状態から離れたいのに離れない、素直になりたいのにうまくできないといった自己矛盾を抱える人もいそう。こうしたときに最も避けたい行動が、自分を責めることです。矛盾を抱えていてもいいんです、だって愛や心は複雑なものですから。感情は感情に過ぎないと、フラットに愛を見つめてみると自然に落ち着いてきます。月の後半は、「最高の相棒」というスタンスを目指してみると、いい関係を築けそうです。あなたなら、似合うのではないでしょうか。

 

★おとめ座
8.24~9.23

【恋愛運】
幸せになりたい、というあなたの気持ちと呼び合うように、出会いやパートナーシップにおけるご縁が得やすい時期です。どきどきするような、スリリングな出来事もあるのかもしれません。ただ、もし立ち止まってしまう自分がいるのなら、それは決して悪いことではありません。何かがダメなのではないのです。愛を媒介として人とつながっていくために、必要なステップです。ただし、自分の気持ちがわからないからといって、子供っぽい態度はNG。この時期、あなたと接点がある人は「本気」です。それをしっかり汲んであげたいところです。

【カップルの人】
本気のやりとりがスタートします。もちろんあなたがパートナーと本気で向き合ってこなかったと申し上げたいわけではないのですが、ふたりがこれからも共に過ごしていくために、必要なことを話す時期に来ているのでしょう。ちょっとしたケンカもあるかもしれませんが、前向きに解決しようというお気持ちがあれば「雨降って地固まる」にしていけます。理屈ではなく、理解する優しさを持てると素敵です。

【シングルの人】
恋において前向きな動きが起こりそうです。仕事で刺激を与えてくれるような年上の人と出会ったり、古い知り合いとメッセージのやりとりをしたりしながら、熱く燃え上がっていきそうです。ただ、そうしたアツい流れを感じながらも、あなた自身はどこか迷いやためらいを抱える状況に。自分が愛において何を求めていたのか、よく考えるとわからないということが起こるのかもしれません。自分の気持ちと向き合う時間も大切にしつつ、素直に向き合っていけるといいですね。

【障害のある恋に悩んでいる人】
会ったり、気持ちを確かめ合ったりしやすいときです。お仕事つながりのふたりであれば、協力して大きな難局を乗り越えるということもあるかもしれません。愛を生きる熱意に変えていくような、素敵な充実感があるのだろうと思います。その一方で、月の後半はどこか、あなたのなかに「このままではいけないのだろうな」という思いが持ち上がります。これは秋口まで付き合っていく、少し息の長いテーマになります。すぐに結論が出なくても大丈夫です。ゆっくり、向き合っていったほうがいいのです。

 

★てんびん座
9.24~10.23

【恋愛運】
恋愛運に強い追い風が吹くのは主に月の前半。ここでは自分にブレーキをかける気持ちも強めにはたらくのですが、そういう時期だからこそ事実と思い込みをしっかり分けていきたいところ。変な思い込みに縛られて、可能性に蓋をしたらもったいないです。「今はそういう時期」と、心のなかにそっと記憶しておきましょう。そうすれば勇気を出すべきときに、ちゃんと一歩踏み出すことができるはずです。

【カップルの人】
悩んだりケンカをしたりといった、一見するとあまり良くないことのなかに大きな学びがあるときです。特に、あなたが我慢をすることで穏やかさを維持してきたようなカップルの場合は、あなたにしては珍しく「ガツンと言う」ような出来事があるのかもしれません。でも、まずは相手の心の内も聞いてみることにこそ、価値はありそうですよ。「相手はこう思っているに違いない」等という想像は、あまりエスカレートさせないこと。本当のことなどわからないのに、辛い想像をして自分をいじめるようなことをしなくても、大丈夫です。

【シングルの人】
ちょっと現実離れした、明るい恋が生まれやすいときです。キーワードは「自由」。これまでの自分なら接点を持たなかった人とつながりを作ってみたり、新しいサービスを使ったりすることからいい関係性が生まれそう。調和を大切にするあなたですが、無理のない範囲で大胆に楽しんでみてもいいのかもしれません。が、駆け引きは裏目に出そう。焦らしたり待たせたり、ネットでよく見る“モテテク”は、あなたの魅力を鈍らせるだけなので注意して。

【障害のある恋に悩んでいる人】
ちょっとした冒険心が裏目に出やすいときです。会いたいからと無理をしたり、スリルを楽しむ気持ちがエスカレートしたりすると、思わぬトラブルを招くことも。嬉しい展開にわっと気持ちが盛り上がったときほど慎重に、お立場や心証を気にしておきたいところです。とはいえ、私がこんなことを申し上げなくても、あなたが一番、わかっておいでだろうと思います。ただ、こうした観点をつい忘れがちなのが、今なのです。

 

★さそり座
10.24~11.22

【恋愛運】
たくさんの言葉を交わすことができたり、情熱を感じるようなことがあったりと、恋の喜びがそこかしこにきらめく月です。アクティブにエンジョイする派も、しっとりと雰囲気を楽しむ派も、どちらにも楽しい時期ですから、関わりをたくさん作っていけるといいですね。ただし、モラルだけはしっかりと守ること。ハメを外しすぎると、泥沼に陥りやすいかもしれません。インモラルなお誘いはしっかりはねのけて。

【カップルの人】
パートナーシップ強化月間です。心と心が確かに交わるような会話やスキンシップが実現し、相手をより身近に感じることができるでしょう。性のことに関して課題を感じている人は、この時期に何らかの解決を見出すことができるでしょう。急いで結論を出すテーマでもありません。でも、あなたがひとりぼっちで抱え続けるテーマでもないのです。他、なかなか口にしづらかったテーマについても同様です。相手の真心と、ふたりの絆を信じて。

【シングルの人】
上旬はいつになく積極的。ちょっと気になる程度の関係でも「とりあえず会っとく?」くらいのノリで接点を持っておくと、いい関係につなげていけるかもしれません。中旬以降は秘めやかな思いを抱くことになるのかも。触れたい、体温を感じたいといった気持ちも強くなりますが、関係を持つのはお互いの気持ちを確かめ合ってからにすること。ここで曖昧にしてしまうと、あとあと余計に聞きづらい展開になってしまうことも。相手の気持ちが曖昧なら、進展はもう少し後にして。

【障害のある恋に悩んでいる人】
秘密の関係は、ふたりにしかわからない炎が、確かに燃え続けていると感じられるような出来事があるでしょう。お相手があなたにしかわからないサインを送ってくれたり、優しさを示してくれたりといったこともありそうです。その一方で、月の後半は悩みがなかった頃をなつかしみ「あの頃は良かった」という思いが頭をもたげることも。悩みが深くなったときは、心のなかだけで抱えようとしないことが大事です。出さない手紙を書いたり、誰かに聞いてもらったりしましょう。言葉を、出すのです。

 

★いて座
11.23~12.21

【恋愛運】
「好き避け」と呼ばれる行動、ご存知でしょうか。素直になれずにつっけんどんな態度をとってしまったり、会いたいのに避けてしまったりといった行動を指す言葉ですが、この時期のあなたはそうした矛盾する行動が少し、増えるかもしれません。話したいのになかなか言葉が出てこない、応援する気持ちはあるのにSNSでいいねを押せない。ただ、そのときどきにちゃんと追い風が吹いているのが今月です。まずは、「感じる」ことが大事です。

【カップルの人】
愛と知性に支えられ、いい関係を築いていけるときです。いつもよりたくさんお話をする人は多いでしょうし、一緒に過ごす時間も多くとれるのでしょう。ただ13日以降はちょっと風向きが変わります。相手におもねるような発言ばかりをしていると、運がぐっと停滞してマンネリ状態を招くことに。嫌われたくないからと弱気になるのは、相手を「この人はこういう人」と決めつけてしまうから。あなたは過去数年をかけて、自由に人を愛する能力を身につけて来られました。だから自身を持って、ご自分のことも相手のことも尊重していかれてください。それが、いい関係作りにつながります。

【シングルの人】
ご縁がつながりやすいのは月の前半。後半に入ると少し勢いは落ち着きますが、先を急がずコミュニケーションを楽しむことで、今しか経験できない特別な愛の時間を楽しむことができるでしょう。カギは、「素直な気持ちを出していく」こと。こんなふうに言ったらモテるかなとか、みんなに好かれるならこういう会話かな、といった気持ちは心の箱にしまっておいて大丈夫。素の自分で話してわかり合える人こそが、ありのままのあなたを愛してくれる人であるはずです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
コミュニケーションははかどりますが、ダメなことはダメとはっきり意思表示することがふたりの絆につながります。会いたいと言われたらどんな無理も聞いてきた人や、相手のためならなんでも頑張りたいと思ってきた人は、これまで頑張っていらっしゃいましたね。今月は、思い切って「自分ファースト」にシフトしてみませんか。急にお相手が優しくなるなど、思いがけない変化を呼び起こせるかもしれません。

 

★やぎ座
12.22~1.20

【恋愛運】
月の前半はさわやかに、後半はアクティブかつエネルギッシュに。恋をはじめ、他者と良い絆をつむいでいこうという前向きなエネルギーが湧いてきます。今がうまくいっている人はさらに楽しいことが、今はちょっぴり立ち止まっているという人にも前向きな転換点が訪れることでしょう。自分はこう考えている、こう思っているということを伝えることで起こるミラクルもありそうです。

【カップルの人】
生き方や今後のビジョンについて、ちょっと考え直すような出来事がありそうです。今まで大事だと思っていたものが急にどうでも良くなったり、ふと立ち止まったりもするのかもしれません。パートナーともそうした話をすることになりそうですが、あなたの迷いや戸惑いを自分のもののように感じてくれることが、身にしみてわかる瞬間があります。それが、この時期に得られる愛なのだろうと思います。

【シングルの人】
全体的に良い時期なのですが、月の後半はあなた自身に迷いが生じそう。「自分は自分」ということはわかっていても、急に自信がなくなってくる。若さや時間、外見的魅力など、失ったものにばかり目がいってしまう。そんな、心と価値観の相容れなさを実感することで、恋愛にもどこか消極的になってしまうのでしょう。そんなとき、笑わせてくれたり「肩の力を抜いてみようよ」と促してくれたりする人がいたら注目を。あなたを大切にしてくれる、ひとりであろうと思います。

【障害のある恋に悩んでいる人】
お相手のために力になってあげたい、心の穴を埋めてあげたいという切なる優しさが生まれます。励ましたり、ベストタイミングでメッセージを入れてあげたりするのはもちろんのこと、障害がなければ実現可能なあれこれが思い浮かぶことでしょう。それができないことで、自分を責めたり卑屈に思ったりしなくても大丈夫です。あなたはあなたで、ベストを尽くしておられます。それが一番、大事なことです。

 

★みずがめ座
1.21~2.19

【恋愛運】
8月上旬まで続く「愛の季節」が、今月は変化を見せます。愛を司る星である金星が、13日に「逆行」というイレギュラーな動きを見せるのです。逆行と聞くと怖い時期、嫌なことが起こる時期と想像される方もおられますが、どちらかというと「本当に幸せな愛を形作っていくために、必要な課題をクリアしていく時期」です。起こったことから目を背けず「自分はどうしたいか」と主体的に考えていくことで、幸せに一歩近づくことができるはずです。

【カップルの人】
ここのところ、公私ともにちょっとハードだったという方は少なくないでしょう。頑張っていらっしゃいましたね。13日を境に、そうした駆り立てられるような忙しさはすーっと引いて、ストレスから解放される人は多そうです。恋もそのタイミングから、ちょっと力を抜いていくといいでしょう。頑張りすぎていたら、続きません。うまくいかないことがあったって、ふたりで解決していけることもあるでしょう。自分ひとりで頑張らなくてもいいんだよ、そんなふうに思える瞬間が増えていくでしょう。

【シングルの人】
自分から行動を起こすことで、接点を持てる人の数も思い通りに増やしていけます。特に前半は頑張りどき。マッチングアプリも相手を絞りすぎずに、いろいろな人とやりとりできるといいでしょう。後半は、やりとりしながら「いいな」と思う人を決めていく、そんなふうに時間を使えるといい波に乗れます。23日の新月前後では、嬉しい進展もあるのかも。カギは、自然体でいること。過剰な自己アピールは、せっかくのあなたの魅力を逆に曇らせてしまいますから。

【障害のある恋に悩んでいる人】
もしもあなたが、自分の心のなかにある執着に苦しめられていたのなら、この時期はふわりと解放されそうです。「執着は良くない」と嫌いすぎずに、「大好きだから、こだわっているんだよね」と、認めてあげると良いのです。感情に良い・悪いはありません。うまくいかない自分もまた、頑張っているのです。頑張ってるね、だから辛いんだねと自分に優しくなることが、この時期の恋にとって追い風になります。

 

★うお座
2.20~3.20

【恋愛運】
身近な人を大切にしたいという思いが強まってきます。もともと、誰しもそうした思いはあると思うのですが、自分が大切にしたい人、自分が自分でいられる場所というものがくっきり見えてくるのでしょう。仲間や友達、家族を大切にする。目の前の人に、優しい思いやりを向ける。そうしたあなたに惹かれる人も、現れるかもしれません。

【カップルの人】
しみじみと「良いものだ」と感じられるような、穏やかであたたかな恋があなたとパートナーの間にあるときです。できれば、お互いの価値観を肌で感じるようなことをしてみると心理的な結びつきが強まるでしょう。たとえば、小さな頃から好きだった料理を作って一緒に食べる。好きな映画を一緒に見る。自分が教えるだけでなく、相手からも学ぶ喜びのひとつひとつが、この時期は愛になります。

【シングルの人】
地元や同級生など、古いつながりに思わぬご縁がありそうです。マッチングアプリなどで新たな出会いを探す場合でも、出身地や出身校が同じ人を探してみるといいのかも。すでに好きな人がいる場合は、家族や故郷の話をしてみるといい会話が続きそうです。自然と守りに入りがちなときですが、月の後半は思い切って行動に出る勇気も湧いてくるはずです。運が味方していると思って、前向きなアクションを。

【障害のある恋に悩んでいる人】
4月に引き続き、自分の生活を第一にするときです。もちろんあなたのことですから、いつだってご自分の生活を大切にしていらしたことでしょう。少しでも居心地の良いものにするためにインテリアを整えたり、家族とよくコミュニケーションをとったりすることで運が上がっていきます。会ったり、連絡をとったりしやすいのは月の前半。明るい話題のメッセージを入れてみると、いい反応が得られることでしょう。

*   *   *

毎月15日更新で、真木先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)。

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP