1. Home
  2. 暮らし術
  3. ツキが半分
  4. 金持ちでない占い師は、他人の金運は占えな...

ツキが半分

2003.06.01 更新 ツイート

第12回

金持ちでない占い師は、他人の金運は占えないのか?幸福でない占い師は、他人の幸福を占えないのか? まついなつき

「かあちゃ~ん! おれ刑事になったよー!」と叫びながら走っていたのは、テレビドラマ「刑事くん」の桜木健一だが(古ッ)、「おれ占い師になったよ~!」と叫びながら走っていたのは、2001年のまついなつき(あたしだ)。

コトバを扱う仕事だから、ライターと占い師は、似ていていいよ、らくだよと思ってニコニコと占いの教則本など書いたり、講座を開いたりして「最近、ライター業以外に占い師も始めました」と公言していたら、10年ぶりに会った、と~ってもいじわるで有名な友達(でもと~っても大好きで大事な友達)が「うらないしぃ~? あんた霊感なんてないクセに!」と一言でばっさり言われてしまった。

 

確かにないよ、霊感。

わたしの霊感のあまりにもない感じを説明するのに、一番いいエピソードは何だろう?

 

う~ん。

 

 

あるとき、子どもが生まれた直後、おっぱいの出しすぎが原因で、合法的にいい感じで私が半ラリリで昼寝したと思ってね。夫だった男いわく、子どもを産んだ直後の女は、万能感に溢れていて、疲れもそれほどでなく、半分眠ったような起きているような状態を保ってゆったり過ごすと、ものすごい場の空気を支配するのだそうだ。なんというか、コップやなべとか、なにか簡単な生活道具くらいは、空中にふわふわ浮いて引き寄せることができそうというか、ただならぬ存在の濃さをかもしだすのだそうだよ。まあ、コップくらい気合いで動かせないと、生まれたばかりの赤ん坊の世話なんてできないけどなー。

 

そこにドカドカと、夫だった人がやってきてわたしの「濃密レベルにはまっていい感じですー」という状態を見ると、ものすご~くうれしそうに「いいネ~いいネ~なんかキテルね~、おれのこと視て視て!」と騒いだ。彼と出会ったとき、インドの山奥でいきなり、手相を見るババァになり、男前なチベット人の青年たちの運気をだあああっとしゃべってから(手は握っているだけで手相なんて見ちゃいない)、わたしが濃いレベルのときは、何か口走るという期待をする男になってしまったのだよ。そして、さすがに東京でそんなレベルになることはまずなかったんだけど、そのときはほんとうにおっぱい出し切って、子どももよく眠っていて、気温も暑からず寒からず、にこにこ幸せだったので、ちょっと秘境の山奥に近い濃度が出ていたのだろう。とにかく貴重な昼寝時間だったのだ。

そこをバリバリと蹴破られ、なんだよ~、友達いないのかよ~と思いながら、夫だった男の顔を視たら、すごくダンゴが食いたくなった。おっぱいの元として、餅とダンゴは双へきだ。「近いうちにダンゴができるよ、おっと違ったトモダチができるよ(できたらいいなー、そしてそっちで遊んでもらえば、わたしは平和に昼寝がキメられる)」といって、そのへんにあった広告チラシの余白に、串という字を書いた。「あなたの友達で、串という字の入った人はいる?」「いねえよ」「そう、じゃあ、串という字が入っているか、串という字に似た字の名前の友達ができるからね。その人は、すごくあなたのことを理解してくれる生涯の大切な友達になる」、そしてそのまままたコテンと寝た。

夫だった男は、とてもうれしそうに、串ね、串、串、とその広告の紙を大切そうにきちんとたたんで、棚の上に置いた。(後述するが、ここがミソ、ここのところを覚えておいてね)

 

2か月後、彼には新しい友達ができて、名前が「田中」くんと「甲斐」くんだった。

もちろん、ずーっと仲良しで、特に甲斐くんの方は、生涯をかけての親友といってもいいくらいの仲良しになった。

 

どうだ、霊感ないだろう。

これから、このエピソードを元に、わたしがいかに霊感がないかの自慢をするよ。

 

わたしの占いは、コトバの能力だ。

人間はふとしたことをなんでも思いつく生き物だと思う。誰でもが、てきとうに思いつくようなことを、さも意味があるお話であるかのように構築するかのような技。わたしは生まれながらの「うそつき系」で、子どもの頃からナチュラルな感じでこれができる。

小学生の頃は、もっぱらお話を作って、ノートに書き付けていた。おとなになってからは、取材して、ものを書くというのに、この技能を使っている。たった800文字のインフォメーション用の記事を書くのに、資料が束になって茶封筒に分厚くつっこまれている。そこからてきとうに単語やフレーズをみつけて、インフォメーションというひとつのまとまったコラムに構築する。もしくは、ほんの5行程度のインフォメーションから、単語の隙間をあれこれつなげて1本の記事にしたりする。わたしの占いも、これとそっくりな方法だ。

霊感ではなく、単なる「勘」だ。

勘は、勘のままだと、唐突な思いつきにしかすぎないけれど、系統立てて現実の様子と合うようなストーリーが作れば、それは「霊感」に近いなにかに見えるのかもしれない。

 

さっきの串の字の友達の例でいうと、「この人友達がいないんだな~でもともだちが必要なんだろうなあ」という印象、それから「ダンゴ」というのは、自分がそのときの体調で食べたかったもの。そういう状況で、どういえば、彼が満足するかな? ということで、このふたつを全く根拠なく結び付けて「串という文字の入った名前の友達ができるよ」と口走る。

このふたつの要素で、どうしてそれが出てくるのだ? ということに関しては、説明できない。

占星術でも「金星」と「天王星」のふたつの天体を合わせて、「きまぐれな女」とか「他人にはいえないタイプのアブノーマルなセックス」とか「電気工事や発明にはまる趣味とか」何百でもいろんなことを言ったりするわけで、それは質問事項や、そのときの状況や他の要素を加味して、ひとつのコトバやフレーズを選びだしているのだとしかいいようがない。

 

では、後日、本当に「串」という字に似た文字名字の田中くんと甲斐さんという友達ができたことだが、これは、言われた方が、その『言われたことを大事にした』という行為がミソなので、現実になったからといって、それは霊感でもなんでもない。

「近々友達ができる」といわれれば、いろんな場所に出かけて新しい人間関係に触れたとき、どの人が新しい友達となる人だろう? という自分を開いた状態になる。開いているフレンドリーな感じでいれば、普段ならその場だけで通りすぎていくような関係の人とでも、話がはずんだり、次にどこかで会いましょうという展開になりやすい。しかも串という字と限定させると(そのことを本人は忘れている方が望ましい。こういうことは無意識下でナントナクの方が力を発揮するのだ)、田中とか中山とか中井とか、そういう名前の人間に注意が向くだろう。そしてこれは偶然だけど、中や田という言う文字を使う名字は、はっきりいって日本で一番多い(それは後で気が付いた)。食べたかったものが、シュークリームかなにかだったら、夢という字の入った名字の友達ができるよとは、私は絶対に言っていない、という事実に注目してよね。

そして極め付け「あなたのことを理解してくれる友達」というフレーズだ。

友達ができるんだ! という期待で解放させた気分に、「理解してもらえる」というオプションがついていれば、彼は知り合った「田中くん」や「甲斐くん」に対して、とても細やかな感情の示し方をしたと思う。「理解してもらえる」可能性を持った相手にはていねいに気を使った対応をきちんとするだろう。そうされた相手は、そうした相手に対しては、誠実でちゃんとした対応を返すと思う。普通の大人同士なら、ごくあたりまえの関係だ。

で、もしそれがかなわない相手なら、友達になってもしようがない。そういう要素があれこれ重なって、できた友達は「あなたのことを理解してくれる、生涯の大切な友達」になりうるわけだ。

つまりわたしの作ったストーリーに、彼自身が現実にうまく合わせていっただけなのだ。

占いで、いいことだけ言われたら、それを信じるというのは、とても正しい。

「いいコトバで語られた占い」は「いい現実の脚本」だから、それを演じていけば「いい現実」にいきつきやすい。

 

三男がときどきする遊びの一つに「あやつり」というのがある。ふたりで道を歩いているとき、小走りでわたしの前1メートル先くらいに立ちふさがり、片手を腰に、片手を頭の横のところで「あやつり、あやつり」といいながら、手招きしながら、後ろ向きに歩くのである。

最初からそっちの方向に歩いていっているのにかかわらず、前に立たれて「あやつり」されると、ばかばかしいと思いながらも、一瞬、ほんとうに彼のあやつり能力でそっちの方向にひっぱられているような気分になる。

これは「歩くのが楽しくなる」という効果が絶大で、考え事をしながら必死でせかせかと窒息しそうに歩いているときは、5歳の彼の「あやつり」に笑い転げることで気分が変わって助かるのだ。

わたしの占いもこういうものだといいなと思っている。

でも、霊感については「わたしはない」だけで、「あるから使っている」という人もいて、その話もまたいつか。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP