1. Home
  2. 暮らし術
  3. 志麻さんちのごはん
  4. 伝説の家政婦・志麻さんが伝授!暇な休日が...

志麻さんちのごはん

2020.01.13 更新 ツイート

伝説の家政婦・志麻さんが伝授!暇な休日が贅沢に変わる【ローストポーク】タサン志麻

予約が取れない伝説の家政婦・志麻さんの最新著書『志麻さんちのごはん』より、試し読みをお届けします。
志麻さん自らが撮り下ろした写真とともに、“毎日の家ごはん”を日記とともにご紹介。
日々のささやかな出来事を飾らない言葉で綴りながら、レシピには書ききれない料理のポイントやコツも披露してくれています。

*   *   *

のんびりお休みの日
「ローストポーク」

「今日は休日だけど、予定はない。家でのんびり過ごして夕食もゆっくり食べたい。こんなときは塊の肉を買ってきてローストにする。今日は近くのスーパーで豚肩肉を買ってきた。

塊の肉を焼くときは必ず室温に戻すことが大切。香りをつけるためににんにくをすりこみ、表面を焼き固める。あとはオーブンに入れるだけ。

15 ~ 20 分おきに回転させて焼きむらがないようにする。のんびり映画でも見ながら焼けるのを待つ。仕事でたくさんの家庭のオーブンを使ってきたけれど、オーブンの種類や使用年数によって同じ180 度でも焼き上がりに違いが出る。用意した肉の肉質や形( 細長い600g か厚い600g か)によっても焼け方は違う。

でも難しく考える必要はない。とにかく焼いてみてほしい。レストランでは完璧な火通しを求められるけれど、家庭では焼きすぎていたっておいしいはず。フランスでは端っこの焼きすぎたところが好きな人がいて取り合いになるくらい。付け合わせのピュレとたっぷりの野菜と一緒に食べる。

何もしてないけど贅沢な気分になる。」

材料( 2 ~ 3 人分)

豚肩ロース肉 600g
じゃがいも 4 個
いんげん 2 袋
にんにく 1 かけ
玉ねぎのみじん切り
一つまみ
バター 30g
牛乳 100 ~ 200cc
( 好きなかたさにのばす)
塩、胡椒 各適量
サラダ油 適量
白ワイン 50cc

作り方

1 豚肉は室温に戻しておく。

2 にんにくをすりおろしてまぶし、塩胡椒し、フライパンに油をひき、強火で焼き色をつける。

3 180 度に温めたオーブンで45 分焼く。

4 一口大に切ったじゃがいもをたっぷりの湯でやわらかくなるまでゆでる。

5 いんげんをさっとゆでてバター10g で和え、玉ねぎをからめる。

6 肉が焼けたらアルミホイルでくるみ、休ませる。天板にこびりついたうまみを白ワインでこそげ落とし、煮詰めてソースにする。肉を休ませたあと、アルミホイルにたまった肉汁もソースに入れる。

7 じゃがいもがやわらかくなったらざるで漉し、牛乳、バター20g を入れてのばす。

 

このほかにも日々の献立のヒントとなる50のレシピを紹介しています。
今日、何作ろう? と毎日悩んでいる方はぜひ『志麻さんちのごはん』を読んでみてください。

関連キーワード

関連書籍

タサン志麻『志麻さんちのごはん』

NHK「プロフェッショナル」、日本テレビ「沸騰ワード10」で話題の 伝説の家政婦・志麻さんによる初めての食事日記。 訪れた家庭で本格フレンチなどの作り置きを3時間で15品以上ふるまうことから、 伝説の家政婦としてメディアで注目を集める志麻さん。 そんな志麻さんは毎日、自宅でどんな料理を作って、食べているのか。 志麻さん自らが撮り下ろした写真とともに、日々のささやかな出来事を飾らない言葉で綴りながら レシピには書ききれない料理のポイントやコツを紹介。

{ この記事をシェアする }

コメント

幻冬舎plus  [今日の新着記事] 伝説の家政婦・志麻さんが伝授!暇な休日が贅沢に変わる【ローストポーク】|志麻さんちのごはん|タサン志麻 https://t.co/4pR2GHdGQM 4日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  「とにかく焼いてみて…レストランでは完璧な火通しを求められるけれど、家庭では焼きすぎていたっておいしい」そう言われたら挑戦してみたくなります。塊肉。(小) 伝説の家政婦・タサン志麻さんが伝授!暇な休日が贅沢に変わる【ローストポーク… https://t.co/OJezgkmGxf 5日前 replyretweetfavorite

林けいこ  伝説の家政婦・志麻さんが伝授!暇な休日が贅沢に変わる【ローストポーク】|志麻さんちのごはん|タサン志麻 - 幻冬舎plus https://t.co/J2H4CsirtC 5日前 replyretweetfavorite

タサン志麻 公式  特に予定のないお休みの日には、塊肉をオーブンに入れて、映画でも見ながらのんびりと過ごすのが幸せです。こんがりお肉の焼ける匂いもまた一つの愉しみ。 https://t.co/8rJtXF5KoO #志麻さんちのごはん #幻冬舎 #伝説の家政婦 5日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  [公開] 伝説の家政婦・志麻さんが伝授!暇な休日が贅沢に変わる【ローストポーク】|志麻さんちのごはん|タサン志麻 https://t.co/4pR2GHdGQM 5日前 replyretweetfavorite

志麻さんちのごはん

NHK「プロフェッショナル」、日本テレビ「沸騰ワード10」で話題の

伝説の家政婦・志麻さんによる初めての食事日記。

訪れた家庭で本格フレンチなどの作り置きを3時間で15品以上作ることから、伝説の家政婦としてメディアで注目を集める志麻さん。

そんな志麻さんは毎日、自宅でどんな料理を作って、食べているのか。

志麻さん自らが撮り下ろした写真とともに、日々のささやかな出来事を飾らない言葉で綴りながらレシピには書ききれない料理のポイントやコツを紹介する一冊。

バックナンバー

タサン志麻

大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業。ミシュランの三ツ星レストランでの研修を修了して帰国後、老舗フレンチレストランなどに15年勤務。2015年にフリーランスの家政婦として独立。各家庭の家族構成や好みに応じた料理が評判を呼び「予約がとれない伝説の家政婦」としてメディアから注目される。NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でその仕事ぶりが放映されると、その年の年間最高視聴率を記録。家族の食卓の温かさを、忙しい日本の家族に届けたい一心で日々、料理と向き合い、レシピ監修・講師や食品メーカーのレシピ開発など多方面で活動中。フランス人の夫、2人の息子、2匹の猫と暮らしている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP