1. Home
  2. 生き方
  3. 午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則
  4. 2020年上半期 ふたご座の運勢

午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則

2019.12.12 更新 ツイート

2020年上半期 ふたご座の運勢真木あかり

人気占い師、真木あかりさんの新刊 『2020年上半期 12星座別あなたの運勢』(12月16日発売)より、12星座別・ご縁の傾向と対策をお伝えいたします。

 

自分と、自分の大切な人の人生を物語にしていくこと

ありがとう なんてことない人生をちゃんと物語にしてくれて(檀可南子)

私が大好きで、折りに触れ思い出す一首です。運勢の本なのにいきなり短歌のご紹介をしてしまって恐縮ですが、2020年のふたご座の人の運勢を眺めたとき、私がまっさきに思い浮かべたのがこの歌でした。

想像するに、自分に大きな影響を与えてくれた誰かのことを思い浮かべて詠まれたものでしょう。誰もがかけがえのない人生を生きており、「なんてことない人生」なんてないと主張したいところですが、こう思ってしまうことは悪いことではありません。1日頑張って夜道を帰るとき、朝の電車に揺られるとき、アノニマスな仕事をしたとき、ふと「なんてことない人生」という言葉が胸をよぎるのは、非常に共感します。日々は慌ただしく過ぎていきます。人生とは何か、私とは何かをゆっくり考える暇もなく、1日1日がばらばらのカードのように、箱に放り込まれていく。誰かと関わり影響を受け、学んだり話したりすることでそれぞれのカードに意味がつけられ、おさまるべきところにおさまり「こういう物語だったんだ」と統合されていく。人生にはたまに、そういった不思議なタイミングがあるものです。

2020年、正確にいえば2019年末頃からのお話になりますが、あなたは誰かの人生に深く関わり「物語にする」ようなことをなさっていくでしょう。振り返ってみると2019年も、人との関わり方がクローズアップされる年でした。パートナーと呼べる存在――仕事においても、プライベートでも――と正面から向き合い、あなたと相手の関わりを作っていくパートナーシップ構築の時期でした。単に〝うまくやる〟のではなく、気が進まないことも難しいことも含めて、相手と真剣に関わり合い、補い合っていくことが課題となっていました。お付き合いに進展したり、結婚をはじめとする契約を交わしたりと、パートナーシップが広がっていくときです。一方で、この影響をもたらす星・木星が「拡大」という意味を持っていることから、関わり合い、補い合うことができないのであればそのネガティブな意味もまた「拡大」し、終わりに向かっていった関係もあったのではないでしょうか。

2020年は、「パートナーシップの構築」からさらに一歩進め、人の心に、人生に、欲望に……と深く足を踏み入れていく運命となっています。ふたご座の人はもとより、あっさりとした人間関係を好む方々です。束縛を嫌い、いつでも飛び立てることに意義を感じます。こうした、人の隠された部分に深く踏み込むようなことは無意識のうちに避けてきた部分もあるかと思うのですが、今年はいつの間にか「この人のために」と強く願っている自分に驚くことがあるかもしれません。影響を与えると同時に、自分も影響を受けます。気持ちやものや、お金といったギフトを渡しながら、自分もまた受け取るものがたくさんあるでしょう。そういうふうにしながら、目の前にいる誰かが物語を紡いでいけるようにするのでしょう。記憶の断片や思い出のかけら、目の前の幸せ、未来への希望のひとつひとつに、意味を与えていくのです。ときに、関わった人が自分の人生の主人公としての自覚を持たせてあげるようなことも、あるのかもしれません。そしてこの関わりを通して、あなたもまた自分の「なんてことない人生」を物語にしていくのだろうと思います。

小説ではときどき、ひとつの物語を別の主人公の目を通して描くという手法がとられます。私の物語と、あなたの物語。作品は別々でも、エピソード同士はときに混ざり合い、溶け合い、一体化します。あなたが「自分の人生の物語2020年版」を考えたとき、登場人物として誰の顔が浮かんだでしょうか。よく知っている誰かでも、これから出会う誰かでも大丈夫。あなたはきっと、今までに経験したことのないほどの深さで、人とコミットしていくことになります。ときに、自分らしくないと感じることもあるでしょう。ただ、あなたであれば、価値も感じることができるはずです。コミュニケーション上手なようでいて、あなたは対人関係でいくつもの悩みを抱えておいでです。どうして嫌な目に遭うんだろう。どうしてわかってもらえないんだろう。そうした悩みがここで根本的に、徹底的に、熱量を持ってより良い方向に向かうのだろうと思います。正解はないのです、ただ、自分にとっても相手にとっても価値があるような本当のコミュニケーション力を、ここから育てていけるのです。誰かの、心からの「ありがとう」を、耳にすることができるかもしれません。

ふたご座のモデルとなったのはカストルとポルックスという、双子の神話です。同じ母を持ちながら、カストルは神の血を引いて永遠の命を持ち、ポルックスは人間の血を引いて有限の命を持っていました。やがてポルックスが死んだとき、カストルは自分を不死でなくしてほしいといったのでした。人間はどんなに愛しても、恋焦がれても、命と引き換えにその人の生を願っても、誰かと一体になることはできません。それでもどうにかして、1ミリでもいいからその人のためになりたい。それを、人は愛と呼ぶのかもしれません。不死でなくなったからといって死んだポルックスは戻ってこない、でも同じ有限の命を望んだ、カストルのように。

 

世界を広げながら、自分をバージョンアップしていく

人との関わりが濃く深くなっていく2020年の始まりは、なれないことに取り組むときのストレスも、それなりにありそうです。もともと、こうした傾向は2017年末あたりから「試練」としてふたご座の人の両肩にのしかかっていたのでしょう。意に沿わないことながら深い関わりを強いられるような、自分を押さえつけずにはどうにもならないようなご状況もあったことかと思います。ストレスを感じるというのは、頑張った証拠。逃げずに一生懸命考えたからなのですが、なかなかしんどいこともあったでしょうね。

こうしたストレスがふっと緩み、ふたご座の人らしい器用さ、スマートさを上手に発揮していけるようになるのが3月下旬。プレッシャーや重荷といった感覚がなくなり、自由に動きやすくなってくるでしょう。濃くなりすぎた人間関係をふわりと調節し、また新しい動きも起こってきます。

新しい動き、それは「世界を広げる」ということ。あなたは好奇心が人一倍強い人ですから、ここまでも相当、自分の世界を拡張してきたはずです。人一倍いろいろな場所に顔を出し、旅をし、会って話をして来られましたね。ここから先は、そうしたあなたに追い風が吹きます。大分気の長い話で恐縮なのですが、2020年の末から20年くらい、知的な探求と精神的成長にスポットライトがあたる時代がやってくるのです。狭い場所にいては決して見えてこないものを、あなたは想像力の翼を広げ、勢いよく進み始めることになるでしょう。

そんなことは、すでに長いあいだかけてやっているよと思われる方もおられるかもしれません。ただ、ここでちょっと振り返ってみたいのがご自身の飽きっぽさや気まぐれ。コミットしたはいいけれどある程度のところまでやったら飽きてしまった、ということが往々にして起こりやすいのです。気分が盛り上がって「やろうやろう!」といったまま計画倒れに終わってしまったり、好奇心を刺激される別のテーマや人に関心が向かってしまったりしたことは、少なくなかったのではありませんか。知的なアンテナが広く、高く張り巡らされているふたご座の人ならではですし、だからこそ手に入れたものも多かったはず。ただ、あなたの勢いやあなたが語る未来に魅了された人たちにとっては、責任感や誠実さの欠如と受け取られたかもしれません。

こうした飽きっぽさや気まぐれを是正しながら、知的に世界を広げていくのが2020年末からの20年のテーマとなります。20年という長い時間をかけての変化ですから、普段の生活のなかではなかなか影響を感じにくいかもしれません。ただ、ふと立ち止まって自分を振り返るようなことがあったとき、今までとは違う知性の取り入れ方――途中で放り出さず最後までやり遂げるとか、人を巻き込んだら約束を果たすとか――を、思い出していただくと豊かな未来が開けていくことになるのではないでしょうか。

こうした、知性や好奇心の持ち方を調節していくような動きは、特に向こう3年ほどの間の大きなポイントになります。2020年3月から6月にかけては、「お試し期間」のような時期。本格的にスタートするのは12月下旬からですから、それまでに自分にそうした発想を植えつけていかれてはいかがでしょうか。

考え方って、いきなりは変わりません。だって、これまでのあなたが「いろいろ欠点はあってもこれがベスト」と思って培っていらした精神です。それが簡単に変わってしまうなら、それはそれで心配ですよね。多くの人にとっては、迷いあり失敗あり、喜びも美しさもあるという生活のなかで絶えず成長していかれるのが考え方です。いきなり理想の状態になれなくて大丈夫ですから、新しい習慣を身につけるつもりでじっくりやっていきましょう。

 

仲間と見る、楽しい未来

6月末から、「仲間」や「友達」と呼べる人たちとの関係が豊かに盛り上がってくる見通しです。ちょっと過去の話をさせていただくと、2011年から2019年春まで、あなたは仲間や友達といった親しい関係の人々が突然離れていったり、一緒にやっていけなくなったりと、なかなかのハードな経験をなさってきたのではないでしょうか。伝えようとしても伝わらない、頑張ってもわかってもらえない。人と衝突するなかで、何度となく無力感に苛まれた人は少なくないだろうと思うのです。ふたご座のあなたにとって、それがどんなにかつらいことだったか。頑張っていらっしゃいましたね。

といっても、これは決してあなたを苦しめるために起きていたことではありません。星は本来、人を苦しめる存在ではありませんので安心してくださいね。この時期に星が教えてくれたのは、あなたが自分の人生を自由に生きていくために欠かせないこと。対人関係において、互いに依存しない、甘えのない関係性を作っていく、ということでした。

依存や甘えというのは、何も相手に身も心も頼りすがることだけを指しません。たとえば怒りの感情を見せることによって相手を動かそうとしたり、泣いて相手を自分の思い通りにしようとしたりすることも指します。あなたがそうだったとは申しません。ただ、そうした態度はどうしても人間関係をひずませてしまいますし、あなた自身も成長のないまま、ただ時間だけを重ねていくことになります。

星がもたらすのは、そうした負の一面を是正するようなきっかけです。2011年から2019年までは、それが「青天の霹靂(へきれき)」とも呼べるようなトラブルとして起きやすい星回りでした。突然なことに頭をひねったり、自分を変えていく努力をなさったり、そうしたことがあなたを生きやすくしてきました。少なくとも2011年以前のあなたでいるより、人間関係はずっと穏やかでフェアなものになっているはずです。人間関係に深く深く踏み込んでいく今年のあなたの、底力にもなっているのではないでしょうか。

2020年後半、あなたには友達が増えていったり、仲間と呼べるような存在ができたりするでしょう。苦しい時期を経たからこそ、依存したり甘えたりすることなく、健康的でいい関係を築いていくことができるのです。かつては通じなかったあなたの言葉も、今なら通じるかもしれません。つらい経験があったからこそわかる、誰かの痛みもあるかもしれません。頑張ってきたあなたの経験が、しっかり活かせることになっています。どうぞ、楽しみにしていらしてください。あなたの周りに、たくさんの愛が溢れることを願っています。

<恋愛運>

愛し方のパターンを増やすことは、愛を増やすこと

他者への興味関心が強く、トーク力も抜群。そこにフットワークの軽さが加わり、恋の機会には事欠かないのがふたご座の人々です。理想は自由で風通しの良い関係性。独占欲を出されたり、束縛されたりすると急に冷めてしまう傾向があるのですよね。相手によっては淋しい思いをさせてしまったり、友達や仕事よりも優先順位が低いと思われてしまったりすることもあります。

といっても、ふたご座の人は決して冷たいわけでも、責任感に欠けるというわけでもありません。ただ、興味があることを見つけたならばいつでも飛び出していける、そんな状態でありたいという気持ちを強く持っているのです。

2020年、ふたご座の人はそういった「自分なりの愛のパターン」を、少し変えていくことになるのかもしれません。はからずも誰かの心の深いところまで、意を決して踏み込んでいくことにする人は多いでしょう。逆に、誰かが深く関わってくることを許す、受け入れる人もいそうです。そうすることで、あなたは「人と深く関わることは怖いことではないし、自由を奪われることでもないのだ」ということを学んでいくのだろうと思います。人によるとは思いますが、失ったと思っていた愛にまだ望みがあることに、気づかされる人もいるでしょう。何度も水をかけてよく踏んで、消えただろうと思っていた焚き火が分厚い落ち葉のなかで、小さな火種となって残っているように。

こうした出来事は、決して初めてのことではないはずです。おそらく2017年の終わり頃から、人との深い関わりについて強烈に〝考えさせられる〟機会が増えていたのではないでしょうか。正直なところ「またか」と嫌気がさしている人もいそうなのですが、もし「どうにかして避けよう」「なんとかごまかして逃げ切ろう」といったことを考えてしまった場合、愛は良い方向に向かわないでしょう。あまり不吉な予言をするつもりもないのですが、2020年をかけて「向き合うべき最後のチャンス」が巡ってきているとお考えいただくと、良いのかなと思います。

といっても、今になって初めて考えることではないのでしょう。聡明なふたご座の方であれば、「自分の主義とは少し違うけれど、今はこうするのがベストだ」ということがしっかりと、見えておられるだろうと思います。

自立した風通しの良い愛は素敵です。まだまだ先のことですが、2020年の終わり頃あたりから、ふたご座的な愛し方はもっと注目を浴びることになっています。ただ、そうだとしても2020年上半期、やはり一度ぐっと深いところまで入ってみるという経験は必要なことなのですよね。あなたが、これまで失った愛の痛みを希望に変えて、より良い人生にしていくために。愛し方のパターンを増やすことは、愛を増やすことでもありますから。

 

復活愛を願う人は、とことん自分を変える努力が必須

別れてしまったけれど忘れられない。そうした方がいる場合は、5月から6月にかけてチャンスを得やすいでしょう。復活愛というのは、ご想像はついていると思いますが、難易度はかなり高めです。ゼロベースから関係を構築していく恋と違って、お互いの好きでないところ、綺麗でない部分をたくさん知っています。別れ方によっては復活どころか、他人以上に遠い心の距離になってしまうのですよね。

今年の場合は、お別れになったときに相手が感じていた不満を解決することが重要になってきます。思いの強さや、誠実な言葉を重ねるだけでなく、行動で見せていくこと。復活愛を目指すためにはどんなケースでも大事なことですが、今年のふたご座の人の場合は「丸ごと愛し方を変える」といったくらいの覚悟が必要な場合がほとんどです。それもまた、深く相手に関わるという今年の年間テーマにつながってきます。

逆にいえば「そこまでして、戻りたいか」ということはよく考えなければなりません。自分を変えるというのは大変なことです。我慢や制限はもちろんのこと、これまでの自分を否定するようなことにでもなれば、アイデンティティが少し揺らぐ人もいるでしょう。それでも戻りたいということであれば、まずは覚悟を持つこと。そして、「これまでの自分も、決して間違いではなかった。自分は自分としてかけがえのない人格であり、愛するために自己否定するのではなく、新しい愛し方のパターンを身につけていくのだ」ということを、しっかりと胸に刻んでおかれてください。このことが、大事かなと思います。

* * *

電子書籍版『12星座別 2020年あなたの運勢』では、月ごとの恋愛運や今がつらいという人のためのアドバイスを詳しく解説しています。お役に立てていただけますと幸いです。

<仕事運>

人からは見えないところで、思いと仕事をつなげていく

「仕事運がいい」という状態を「『すごいですね!』と周囲の人からいわれるような、バリバリと大活躍していける」というイメージで捉えておられる場合、この上半期はちょっぴり物足りないかもしれません。というのも、この上半期は、表からは見えない部分にこそ活躍のカギがある時期だからです。派手に立ち回るよりも、信頼に基づいてしっかりと質の高い仕事をすること。誰かの期待に、仕事で応えること。人のインサイトを見つめる目。そうしたものとじっくり向き合い、極めていくことこそ、この時期に求められるものです。3月後半までは特に、「動くことよりも、目の前の課題にエネルギーを集中させること」が、この時期の仕事運を使いこなすカギとなります。

3月後半からは「守りに入る」という言葉がぴったりに。人の意見や新しい考え方に耳を閉ざし、自分のやり方にこだわる傾向も出てきます。勝率もわからないチャンスに賭けるよりは現状維持のほうがましだ、と思えることも。ただ、あなたはもともと広い世界に目を向けることを好む人であります。耳や目を閉ざしていてはつまらないこともありますから、できる範囲で心を開いていきましょう。といっても、悪いことばかりではありません。裏を返せば安全への意識や責任感がこれまで以上に強まるということなので、得るものも大きいはず。

 

人と一緒にやっていくことの価値

ここしばらくの間、仕事仲間やクライアントと深く関わることになんとなく気が進まない状態だった人は、この上半期で状況が変わってきます。人に裏切られたり、親切にした人が離反していったりといった経験をした人はしんどかったでしょう。

ただ、2020年の春頃からは、また安心して人と関わっていける暗示が出ています。「誰かと共同で仕事をする」「人をサポートする」「ノウハウを共有する」といったことを求められる機会が増えると思いますが、それは自分を解放するステップと思って応じてみるといいでしょう。人と共同で頑張ることで、大きな資産を手にする人も多いはずです。

* * *

電子書籍版『12星座別 2020年あなたの運勢』では、月ごとの仕事運や今がつらいという人のためのアドバイスを詳しく解説しています。お役に立てていただけますと幸いです。

2020年上半期の運勢 TOPページはこちら
 

*   *   *

毎月15日更新で、真木先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)。

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP