1. Home
  2. 生き方
  3. 午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則
  4. 辛いわけではない、でも未来を感じられない...

午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則

2019.12.15 更新 ツイート

辛いわけではない、でも未来を感じられない。不倫相手と別れるべきか真木あかり

(写真:iStock.com/Tony Studio)

人気占い師、真木あかりさんが、読者の恋愛相談にお答えします。

*   *   *

(恋愛相談)

45歳の独身女です。おつきあいしている相手は、既婚・子持ちで、別居中。悩みは「この方との恋愛はもうやめたほうがいいか?」です。 彼は家庭関係でずっともめていて、話を聞いているうちにいつの間にか好きになってしまいました。数年経っても、彼の家庭の揉め事は収束せず. . 。今後もどうなるかわからない状態です。

彼に好かれている、必要とされている、と思っていたのですが、時折、自分はすごく都合のいい存在だなと感じることがあり、虚しくなります。

常に辛いわけではない、愛情もある、でも未来が感じられない、この恋愛はもう終わりにした方がよいでしょうか。

(くずもちさん・みずがめ座あるいはうお座)

 

(答え)

くずもちさん、こんにちは。

ご相談をいただきましてありがとうございます。お誕生日を拝見したところ、ちょうど星座の境目の生まれでいらっしゃるのですね。くわしく調べてみましたが、その年は出生時間が10時前であればみずがめ座、それ以降であればうお座です。

文章を拝見しているとみずがめ座的な視点を多く感じますので、ここはみずがめ座と想定してご回答します。が、星座にとらわれない部分にもたくさん触れていますので、ぜひご参考にしていただけたらと思います。

 

「常に辛いわけではない」という優しさで自分を緩慢に殺さないこと

自分のなかのルールをそっと外してスタートしたお付き合いです。いろいろと思うところもあったでしょうに、長いあいだ頑張っていらっしゃいましたね。まず申し上げたいのは、「常に辛いわけではない」と思って自分の心を緩慢に殺していかないことです。辛いという感情は、24時間ずっと「辛い! 辛い!」と知覚できているから大変だ、対処すべきだといったものではありません。意識の上にのぼってこない辛さもありますし、「自分で選んだ道なのだから」と自分を抑え込む辛さもあります。それらを「辛いわけじゃない」としていると、ゆっくりとゆっくりと人を殺していきます。結果として「虚しい」、つまり自分をなくした状態に行き着くのですね。

 

くずもちさん、正直なところ、辛いですよね。ずっと辛かったのではありませんか。自分で選んだ道と思って押し殺してきたお気持ち、たくさんありますよね。数年も待ったのです、揉め事が解消すると信じて。それでも報われる見通しが立たないという状態では辛くなって当然です。「常に辛いわけではない」、なんて言葉でご自分を麻痺させてはいけません。自分をなくす「虚しさ」の境地に至ってしまうと、もはや悲しみすら感じません。ただ砂を噛むような日々が続くだけで、そうなってしまうと回復には相当な時間とエネルギーが必要になってしまいます。

 

「常に辛いわけではない」、それは彼への優しさもあってのお言葉かもしれません。愛もあるのだと。ただ、辛いならきちんと辛いと感じる。それは自分を殺さないためにもとても大切なことなんですね。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

*   *   *

毎月15日更新で、真木先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)。

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP