1. Home
  2. 生き方
  3. フィンランドで暮らしてみた
  4. フィンランド名物「世界一まずい飴」問題

フィンランドで暮らしてみた

2019.11.29 更新 ツイート

フィンランド名物「世界一まずい飴」問題芹澤桂

もうめんどくさいからここではっきりさせておきたい。
あの世界一マズい飴と言われているサルミアッキをフィンランド人は本当に食べるのか、という問題についてだ。
サルミアッキ、もしくはリコリスについてはフィンランド在住者として腐るほど質問されるしその度にフィンランドの文化を正しく理解してもらおうと丁寧に答えようとしているのだけれど、移住して4年、ちょっともう飽きてきてしまった。

スタンダードなサルミアッキ(左)と
おしゃれを装ったリコリスのチョコがけ(右)

一応説明しておくと、サルミアッキというのは黒くて、石っころみたいな形状をしている飴である。塩化アンモニウムと甘草エキスのカンゾウが使われているため、ちょっとしょっぱくてほんのりアンモニウム臭という独特な味がする。それゆえ、日本のバラエティ番組などで罰ゲームとして使われるかわいそうな存在だ。飴ほど硬くなく、噛むとグニャリとしている。

対してリコリスは同じくカンゾウが使われた甘いバージョンで、イチゴ味だとかブルーベリー味だとかレモン味だとか、バリエーションはたくさんある、けれどまあやはりマズいで有名だ。こちらはフィンランドだけではなく、北欧諸国、それからオランダなんかでも食べられている。

どちらも色は黒く、時にはフルーツの色をイメージした鮮やかな食紅が使われているので、毒々しい見た目をしている。なんというか、どう見ても体に悪そう。

一番多い質問は「本当に現地の人はおいしいと思って食べているのか?」だ。

フィンランド人は本当に世界一マズい飴を食べるのか

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

フィンランドで暮らしてみた

気づけばフィンランド人と結婚して、ヘルシンキに暮らしてた! しかも子どもまで産んだ!

日本人の大好きな「かわいい北欧」。でも、その実態は?

暮らしてみて初めてわかった、フィンランドのちゃっかり賢く、ざっくり楽しい、意外な一面。

ゆるゆるまったり、マイペースにご紹介。

バックナンバー

芹澤桂 小説家

1983年生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。2008年「ファディダディ・ストーカーズ」にて第2回パピルス新人賞特別賞を受賞しデビュー。ヘルシンキ在住。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP