1. Home
  2. 生き方
  3. フィンランドで暮らしてみた
  4. フィンランドの秋だ!ニシン祭り

フィンランドで暮らしてみた

2019.10.11 更新 ツイート

フィンランドの秋だ!ニシン祭り芹澤桂

ヘルシンキは田舎だ田舎だと事あるごとに書いているけれど、首都らしくイベントは結構やっている。毎週何かしら、フリーマーケットとか展示会とかトレッキングツアーとか、ネットで検索すれば至る所で起こっていて、ちゃんとアンテナを張っていればそれなりに飽きることなく過ごせる。ついこの前もインテリアの展示会に行って最新家具や小物を眺めてうっとりとしてきたし、先週末はフリーマーケットに出かけて行って、そのくせセカンドハンドではない、でも素敵な作家手作りのバースデーカードを手に入れてきた。

秋のフィンランドは鬱の季節?

夏が終わりだんだんと日が短くなってきて曇りの日も増えてきた今、わざわざ出かけていくのはなかなか良い。と私は最近思っている。秋は、フィンランドでは鬱で有名な季節だ。日照時間が短くなるだけでなく曇りがやたら増えガクッと暗くなるので、ガクッと来るらしい。なので口実をちょっと無理にでも作って出かけていくと、朝のパリッとした冷たい空気とか、秋になって変わっていく葉っぱの色とか、そんな大げさじゃなくても小さな非日常で脳に刺激を与える、それが気持ちの休養になるような気がしている。

(「かもめ食堂」のロケ地でもある​​​​​​)

そんなイベントの中でも私が毎年ひっそりと楽しみにしているのは、すばりニシン祭りである。
フィンランド語で「Silakkamarkkinat」と呼ばれるこのイベント、単純に訳すとニシンマーケットで、北欧名物ニシンの酢漬けを30以上の業者がこれでもかと売りまくる、10月の風物詩だ。開催場所は映画かもめ食堂のロケ地として有名な港のマーケット広場。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

フィンランドで暮らしてみた

気づけばフィンランド人と結婚して、ヘルシンキに暮らしてた! しかも子どもまで産んだ!

日本人の大好きな「かわいい北欧」。でも、その実態は?

暮らしてみて初めてわかった、フィンランドのちゃっかり賢く、ざっくり楽しい、意外な一面。

ゆるゆるまったり、マイペースにご紹介。

バックナンバー

芹澤桂 小説家

1983年生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。2008年「ファディダディ・ストーカーズ」にて第2回パピルス新人賞特別賞を受賞しデビュー。ヘルシンキ在住。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP