1. Home
  2. 暮らし術
  3. 食の占星術
  4. ★12星座別 秋の開運フルーツ

食の占星術

2019.09.20 更新 ツイート

★12星座別 秋の開運フルーツ望月アンシア

秋は果物が美味しい季節ですね。種類も豊富で、何を買ったらいいか迷ってしまうほど。12星座別に、この秋これを食べれば運気が上がる、というフルーツを紹介します。
なお、樹に実るものはみな「果実」という考え方から、ナッツ類もフルーツの仲間として加えています

◎牡羊座……プルーン

たいていの人はドライフルーツになったプルーンを想像するでしょう。でも生のものは夏から秋にかけてが旬なのです。大きさは小さめの鶏卵ぐらい。甘酸っぱくてスモモに似た味です。プルーンの一大産地はカリフォルニアですが、国内でも生産されていて、長野、青森、北海道などが産地です。国内で生産されたものの大半は生食用に出荷されます。生のプルーンを食べたことがある人は、まだ多くはないかもしれません。人がしていないことを真っ先にやりたい牡羊座は、ぜひ味わってみるといいと思います。ビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、美容や健康にとてもいいフルーツです。いつも元気な牡羊座のパワーをしっかり支えてくれて、運気アップにもつながるでしょう。もちろんドライフルーツのプルーンを食べても OKです。

◎牡牛座……ナシ

牡牛座にちなんだ食べ物のひとつにナシがあります。まさに秋が旬の果物で、種類も豊富です。甘くジューシーで、クセのない味は老若男女、多くの人から好まれます。穏やかでおっとりしているイメージの牡牛座にぴったりです。ナシはそのまま食べるのが美味しいのですが、グルメな牡牛座はひと工夫したいと思うかもしれません。最近ではナシのジュースやゼリーなどもありますが、まだあまり一般的ではありません。加工に適しているのは洋梨の方です。ラ・フランスなどは味もよく、生で食べるのがおすすめです。ですが、ちょっと甘さが足りないとか、ハズレだったなと思ったら、軽く砂糖で似てコンポートにすると美味しく食べられます。ケーキの具材にしたり、ヨーグルトにまぜて食べるのもいいでしょう。美味しいものに目がない牡牛座なら、いろいろと楽しい工夫ができそうですね。

◎双子座……アーモンド

アーモンドは双子座を象徴する食べ物のひとつです。昔「お酒を飲む前に5粒のアーモンドを食べると酔っ払わない」と言われたように、古くから悪いエネルギーを避けたい時に食べると効果があるとされてきました。またアーモンドは金運を呼ぶとされているので、金運アップを願う時に口にすると願いがかなうかもしれません。
栄養面では、ビタミン Eを多く含んでおり、老化防止や美容健康に役立ちます。最近よく目にするアーモンド・ミルクは、水に浸したアーモンドを砕いて絞って漉した飲料です。牛乳とちがって乳糖とコレステロールを含まない健康飲料として注目されています。情報に敏感な双子座はすでに試しているかもしれませんが、まだの人は一度トライしてみては。いつも頭が冴えている双子座ですが、ますますその能力が発揮できるでしょう。

◎蟹座……レモン

蟹座にゆかりのある食べ物のひとつはレモンです。かつては輸入レモンが圧倒的なシェアを占めていましたが、農薬問題などから国内産が見直されています。レモンの収穫のピークは秋です。家族思いの蟹座なら、健康を考えてきっと国産レモンを手に取ることでしょう。レモンは愛のフルーツと呼ばれ、いっしょに食べた人と心が通じ合えるようになると言われています。砂糖をかけるとその効果がアップします。レモンパイやレモンケーキは愛を深めるお菓子です。家庭的な蟹座なら、手作りにチャレンジするのもいいでしょう。またレモンを使った料理 (この季節ならサツマイモのレモン煮など)を、親しい人や家族と食べると幸せなムードが広がります。
また、レモンの汁は「おきよめ」にもなるので、半個ぐらいを絞って飲んでください。かなり酸っぱいですが、身も心もすっきりするはずです。

◎獅子座……ミカン

獅子座の守護星である太陽のようなオレンジ色をしたミカン。自分だけでなく、周囲の気持ちも明るしてくれるパワーがあり、まさに獅子座の人のような存在です。早生ミカンは緑色ですが、秋が深まると徐々に鮮やかなミカンが出回るようになり、果物売り場が一段と華やかになります。冬の果物の代名詞でしたが、品種によっては9月ごろから収穫されるものもあり、12月にかけてがピークです。
ミカンには愛を育てるエネルギーがあると、古くから言われています。家族そろっての団らんに、ミカンは欠かせないものであり幸福のひとつの象徴です。また、その酸味には清めの意味があります。毎朝オレンジジュースを飲むことは、1日のスタートに最適なのです。酸っぱいミカンを少しでも甘くするには、揉んだり温めたりするのがいい、というのは迷信ではなく本当です。刺激によってクエン酸が消費され、酸っぱさが消えて甘くなったように感じるのです。ぜひ試してみてください。

◎乙女座……クルミ

古くから、クルミを食べると知性が高まると言われてきました。クルミの形が脳に似ているからでしょう。仕事や勉強をしながらつまんだり、課題に取り組む時に食べると集中力が増してきます。仕事をさせれば正確でミスをしない乙女座の能力に、ますます磨きがかかるでしょう。クルミの多くはアメリカや中国からの輸入品ですが、国内では長野が主な産地で秋に収穫されます。クリなどと同じで秋が旬なのです。
慎重すぎて恋愛には臆病な乙女座ですが、頭脳戦に持ちこめばうまくいく可能性は大です。クルミを食べれば恋の駆け引きがうまくいき、作戦勝ちも夢ではありません。クルミは身体にいい成分や栄養素がぎゅっと詰まっているのに、低糖質でグルテンフリー、注目の食品です。1日ひとつかみのクルミを食べることが身体にいいとされています。健康に関心が高い乙女座ならすでに実行しているかもしれませんね。

◎天秤座……リンゴ

天秤座の魅力を一層引き立てるのは、守護星ヴィーナスに支配されるフルーツ。リンゴはその代表で、天秤座を象徴する食べ物のひとつです。女神の美しさが宿っているので、愛され力がアップするでしょう。思いを寄せる人と、ひとつのリンゴを分け合って食べると結ばれるとも言われています。庶民的な食べ物ですが、愛の力をいっぱいに秘めているラブ・フルーツなのです。
また、リンゴの皮を途中で切れないように注意して剥き、終わったら左の肩ごしに後ろに投げます。床に落ちた形が、将来結ばれる結婚相手や恋人のイニシャルの形になっている、という占いの方法があります。昔のヨーロッパでは、ハロウィンや冬至にそうした占いをしたそうです。まだお相手がいない人は、ぜひ試してみてください。

◎蠍座……ザクロ

かつては一軒家の庭先や公園などでよく見かけたザクロの樹。秋には真っ赤な実をつけます。独特の酸味があり、素朴な味わいがあるザクロは、死と再生の象徴とされてきました。蠍座の守護星である冥王星も、同じく死と再生を意味する星なので、ゆかりのあるフルーツと言えるでしょう。取り戻したい愛がある時、または人生をリセットしたい時などにザクロを口にすると効果的です。
果実は食用になりますが、ほとんどはジュースなど加工されることが多いです。ザクロの果汁に砂糖を加えたものをグラナディン・シロップといって、カクテルや清涼飲料水の材料によく使用されています。深い赤色が特徴ですが、この色も蠍座を象徴するカラーなのです。ザクロは種の数が多いことから、豊穣や多産のシンボルと考える国や地域も多いようで、吉木とされています。

◎射手座……イチジク

イチジクは射手座を象徴する食べ物のひとつです。無花果と書きますが、花がないわけではありません。実を半分に切ると、中に赤いつぶつぶがたくさん見られますが、あれがすべて花なのです。イチジクは種がたくさん詰まっていることから、「増やす力」が強いフルーツです。射手座の守護星である木星も、拡大、発展といった意味合いを含んでいます。ですからイチジクを食べれば体力をつけてくれると同時に、金運もアップします。金銭的に不安を感じる時などに食べるといいでしょう。生のものは夏から秋以外の季節は手に入りにくいですが、ドライフルーツのイチジクなら1年中食べられます。お菓子やパンに練りこんだりジャムにすることもあり、いろいろな用途に使われています。カルシウムや鉄分、食物繊維を含んだフルーツなので、便秘解消やアンチエイジングにも役立つでしょう。いつも元気いっぱいの射手座のパワーを支えてくれるはずです。

◎山羊座……カキ (柿)

中国や日本を原産とするカキは、古事記や日本書紀にも登場するほど古くから人々に食されてきました。古いものを愛し、歴史に関心の深い山羊座にはぴったりのフルーツです。幸せを願う時、または恋愛を長続きさせたい時に食べると効果がある、とされてきました。カキの渋み成分であるタンニンにはアルコールを分解する作用があるので、二日酔いの時にカキを食べるのは有効です。また意外にもカキにはビタミン Cが多く含まれていて、その量はレモンの約5倍。カキを一個食べれば一日に必要なビタミン Cが摂れてしまうのです。地味なフルーツなのに実はすぐれモノ、という点でも山羊座と共通しているところがありそうです。固めのカキを薄くスライスして野菜サラダに加え、ドレッシングで和えるという洋風な食べ方もできます。熟しすぎてしまったカキは、そのまま冷凍してシャーベットにするのもいいでしょう。

◎水瓶座……ブドウ

秋が旬のフルーツの代表ともいえるブドウ。非常に種類が豊富で買うのに迷うほどです。酒の神、ディオニソスに捧げられたと言われるフルーツです。国内でのブドウの生産は生食用が大半なのですが、世界的にみるとワインなど加工用の生産が7割以上を占めているのです。ドライ・フルーツは水瓶座にゆかりのある食べ物ですが、日光で干されたブドウ、レーズンは太陽の力を宿しているとされています。気持ちが沈みがちな時や、体力を増強したい時に食べるといいでしょう。水瓶座の豊かな発想力や頭のよさといった、本来のパワーが発揮できるようになります。また、ブドウはたくさんの粒が集まっているためか、お金を増やすとも言われています。臨時収入を望む時、願いをこめながら食べるとかなうかもしれません。

◎魚座……クリ

秋の味覚を代表するクリは、魚座を象徴する食べ物のひとつです。固い皮で覆われ、剥きにくい渋皮があったりと処理が面倒ですが、生の栗から作った栗ごはんや栗の甘煮の味は格別です。もちろん手軽なシロップ漬けや、マロン・ペーストなど利用して調理してもいいでしょう。スイーツに目がない魚座はクリも大好きなはずですから。秋は旬のクリを使ったモンブランやクリのケーキ、マロン・グラッセなど豊富に出回り楽しめます。クリを食べれば、魚座らしい直感力や恋愛のムードを高めてくれるでしょう。
また、クリの甘煮は黄金色をしているためか、金運や財運を呼ぶ縁起物とされています。お正月の栗きんとんに代表されるおめでたい食べ物ですが、洋風のスイーツでも味わえます。パフェの上にちょこんと乗っているマロンを食べる時、金運があがりますようにと心の中でとなえると、その願いがかなうかもしれません。

望月アンシア

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP