1. Home
  2. 生き方
  3. ぼくは、平熱のまま熱狂したい
  4. 安達祐実と君との間には、今日も違う時間が...

ぼくは、平熱のまま熱狂したい

2019.09.19 更新 ツイート

安達祐実と君との間には、今日も違う時間が流れている宮崎智之

日常生活を平熱のまま見つめ、言語化することを得意とする宮崎智之さん。なにげない日々のなかには静かな熱狂が埋まっているのです。

ケンイチに会うたびに、「こいつ恐竜の赤ちゃんみたいな顔してるな」と思う。思い出すのは、『REX』という映画。ぼくとケンイチと同い年である安達祐実の好演が、可愛らしい恐竜のレックスとともに記憶に残っている。亡くなった父が、初めて連れて行ってくれた映画だ。

さすがに最近では少しおじさんになってきたが、20代後半くらいには見える。そのことを女の子に指摘されても、興味なさそうに受け流しているけど、まんざらでもない様子がぼくには手に取るようにわかるため、心の中で「恐竜の赤ちゃんだけどな」とツッコミを入れている。

38歳、独身。趣味は音楽とファッション。そんなケンイチと出会ったのは17歳で、同じ大学受験の予備校に通っていたことがきっかけだった。かれこれ20年以上の付き合いになる。

出会った時、ケンイチは金髪だった。当時、組んでいたバンドのライブに誘われ、受験生なのに国立のライブハウスまで観に行ったことがある。小柄で細身な体で、ここまで大きな叫び声が出るものなのかと驚いたものだ。悔しいけれど、カッコいい奴だなと思ってしまった。

その後、別々の大学に進んでも、予備校時代の仲間とともに、友達の関係が続いていた。最近では、音楽フェスやキャンプに一緒に行く仲でもある。そんな過程で、当たり前だが、当初のイメージは変わっていった。こいつ、なんてうだうだした奴なんだ、と。

20歳の時、当時ぼくが付き合っていた彼女と、お互いの友達を呼びあって合コンを開催することになった。まだ若くて元気だったこともあり、所沢という辺鄙な場所で挙行されたその合コンをなんとか盛り上げようと、ぼくは必死にその場を取り仕切った。しかし、ケンイチは端っこでちまちまお酒を飲んでいるだけ。家から遠いところで開催していたこともあり、結局、その合コンは二次会もないままお開きとなったのであった。

ところが翌日、彼女の元に参加したある女の子から連絡があった。ケンイチくんのことが気になるから、メールアドレスを教えてほしい、と。恋愛に奥手だった(のように見えた)ケンイチにチャンスが転がり込んできたとよろこび、ぼくは彼女にケンイチのメールアドレスを教えた。そのことを伝えると、なんとケンイチも「俺も、あのことの子が気になっていたんだよね」と言うではないか。現場では、あんなにだんまりを決め込んでいたくせに。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

宮崎智之『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ』

どうにもしっくりこない人がいる。スーツ姿にリュックで出社するあの人、職場でノンアルコールビールを飲むあの人、恋人を「相方」と呼ぶあの人、休日に仕事メールを送ってくるあの人、彼氏じゃないのに〝彼氏面〟するあの人……。古い常識と新しい常識が入り混じる時代の「ふつう」とは? スッキリとタメになる、現代を生き抜くための必読書。

{ この記事をシェアする }

ぼくは、平熱のまま熱狂したい

バックナンバー

宮崎智之

フリーライター。1982年生まれ。東京都出身。地域紙記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。日常生活の違和感を綴ったエッセイを、雑誌、Webメディアなどに寄稿している。著書に『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ』(幻冬舎文庫)、共著『吉田健一ふたたび』(冨山房インターナショナル)など。
Twitter: @miyazakid

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP