1. Home
  2. 生き方
  3. 運を味方にする
  4. 「ポジティブバカ」がカジノでもビジネスで...

運を味方にする

2019.09.24 更新 ツイート

「ポジティブバカ」がカジノでもビジネスでも勝利する理由片桐ロッキー寛士

仕事でも、恋愛でも、ギャンブルでも、なぜか「運のいい人」と「運の悪い人」に分かれますよね。一体、どうして差がつくのでしょうか? それを教えてくれるのが、ラスベガスの日本人カジノディーラー、片桐ロッキー寛士さんの著書『運を味方にする カジノで一晩10億勝つ人の法則』。「勝負に強い人」の思考法と習慣、そして強運の波に乗るヒントがつまった本書より、その一部をご紹介します。

*   *   *

不満だらけの人は運が逃げていく

勝負ごとに負けて悔しがるのは当然ですが、勝ったにもかかわらず文句を言う人がいます

(写真:iStock.com/SIphotography)

「これに賭けておけばもっと大きくもらえたのに」

「賭け金を増やしておけばよかった」

そんなふうに、勝ったにもかかわらず素直に喜べない人たちがけっこういるものです。いつも不満の要素しか見ていないので、勝っても負けても不満だらけです。そういう人は、たとえ一回は勝てたとしてもトータルで勝つことはできません

日常生活においても似たようなことがあります。

けっこう高い給料をもらっていても、「報酬が少なくて仕事をやっていられない」とありがたみを感じない人がいます。また、部下がいい仕事をしてくれても、「たまたま条件がよかったのだ」と褒めなかったり、「これはいいけど、こっちはどうなの?」と重箱の隅をつつくようにミスを探そうとしたりする上司もいます。

そういう人は、いつか周りの人に疎んじられて協力を得られなくなり、その結果、仕事の運も悪くなるのではないでしょうか。

今の状況に感謝できない人には運が向いてこないと思います。

勝負に勝つ人はいい意味で、みな“ポジティブバカ”です

少しの勝ちでも「こんなに勝ててうれしい」とポジティブに考えられる人は、たとえ一時は負けが込んでいたとしても、その後に取り戻すことが多いものです。そういう人は、負けたときでも、「このくらいの負けで済んでよかった」と喜んでいます。

ビジネスでも「ポジティブバカ」が勝つ

そんなポジティブバカの代表のような人がいます。私がディーラーになってからずっと付き合いのあるお客さんで、ビジネスでも大成功を収めた人です。

(写真:iStock.com/Sergey Nazarov)

三五歳くらいのアメリカ人の男性で、いつもニューハンプシャーからはるばる来てくれて、一緒にご飯を食べに行く親しい間柄です。私が一時期すし屋で働いていたときも、様子を見がてら食べに来てくれました。長く付き合っている間、彼のネガティブな姿は見たことがありません。どんなときでもとてもポジティブな人です。それがゲームにいい結果をもたらしています。

負けたときでも、「大丈夫だよ。負けてもいい分しか持ってきてないから」と笑っているくらいです。いつ見ても、無理して賭ける様子はなく、純粋にゲームを楽しんでいるといった感じです。

その人と最初に会ったときは、まだそれほどお金持ちではありませんでした。たくさん持ってきても、せいぜい一〇万円くらいでした。ビジネスで成功した現在は、少なくとも一〇〇〇万円は持ってきます。よく冗談で、「昔は今の一勝負の賭け金しか持ってこられなかったのにね」と言っています。

お金持ちになってもまったく人柄は変わりません。ご飯を食べに行くときは彼のほうが「ぼくが持つよ」と言ってくれますが、私もあまり甘えてはいけないと思い、なるべく自分で出すようにしています。すると、次の日にワインをプレゼントに持って現れるなど、実に義理堅い人なのです。

そういう人柄と、いつでもポジティブなマインドで事業を大きくしてきたのでしょう。ギャンブルでも事業でもポジティブバカであることがよい作用をする、とてもよい見本だと思います。

関連キーワード

関連書籍

片桐ロッキー寛士『運を味方にする カジノで一晩10億勝つ人の法則』

“ポジティブバカ”になれ! ラスベガス日本人NO.1カジノディーラーが見た、勝負に強い人の思考法と習慣。 ラスベガス日本人NO.1カジノディーラーが見た、勝負に強い人の思考法と習慣。 だれにでも訪れる運を味方にし、強運の波に乗る方法とは? CHAPTER 1 カジノでの運は人生の縮図――ラスベガス最高峰のカジノの世界とディーラーへの道 ・強い人は自分の「型」を持っている ・個性豊かなハイローラーたちの伝説 CHAPTER 2 カジノでの勝負から見える運の定義 ・運は波のようなもので、だれにでも平等に訪れる ・「負けなしの勝ち」はあり得ない ・大損した後は、必ず大勝負を挑む ・居心地がよい場所は、運が停滞する場所でもある CHAPTER 3 運の大波にうまく乗るための駆け引き ・勝者は運に従い、敗者は運に逆らう ・靴のきれいな人は運に好まれる CHAPTER 4 何をしてもうまくいかないときに運を引き寄せる方法 ・よい流れが来るまでは、岩になれ ・あきらめた瞬間に勝負は終わる ・ネガティブな気持ちは仮想の敵を生み出す CHAPTER 5 カジノで億を稼ぐ勝負師の感情コントロール術 ・「絶対に勝とう」が判断を鈍らせる ・勝負師の共通点は“ポジティブバカ” ・「取り戻す」と思った時点で負けは確定

{ この記事をシェアする }

運を味方にする

仕事でも、恋愛でも、ギャンブルでも、なぜか「運のいい人」と「運の悪い人」に分かれますよね。一体、どうして差がつくのでしょうか? それを教えてくれるのが、ラスベガスの日本人カジノディーラー、片桐ロッキー寛士さんの著書『運を味方にする』。「勝負に強い人」の思考法と習慣、そして強運の波に乗るヒントがつまった本書より、その一部をご紹介します。

バックナンバー

片桐ロッキー寛士

1983年生まれ。ラスベガスのカジノで10年以上のキャリアを持つカジノディーラー。カジノの記録をとるスーパーバイザーとしての経験も持つ。現在もラスベガスのカジノでディーラーとして働きながら、VIPのお客様を相手にするカジノホストとして、また日本のカジノ誘致関係者への案内役としても活躍している。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP