1. Home
  2. 生き方
  3. アルテイシアの熟女入門
  4. JJは寿命が尽きる前に新世界を見たいので...

アルテイシアの熟女入門

2019.04.01 更新

JJは寿命が尽きる前に新世界を見たいので、アップデートは巻きでよろしくアルテイシア

先日、鮨屋で孤独のグルメをキメていたら、60代ぐらいのご婦人方の会話が聞こえてきた。

「え~マジで?」「ムカつくよね」「それはヤバいわ」とおしゃべりに興じる先輩方を「ツイッターのフォロワー同士かな?」と横目で見ながら、親近感を抱いた。

若者の言葉の乱れを嘆く老人もいるが、老人だって乱れている。
我々JJ(熟女)が60代になった時も「あら本当?」「とっても頭にきちゃった」なんて話し方はせず、「マジかよ」「クソやな」「そらバチギレるわ」と話すだろう。

時代は変わっていくのだ。そしてこんなクソゲーな世の中でも、希望を感じることはある。

新婚の20代女子からこんな話を聞いた。「高校生の弟がいるんですけど、実家に帰った時に母が『早く孫を見たいわ~』と言ったら、弟が『そういうこと言わない方がいいよ、もうこの話はやめよう』と言ってくれたんです」

四半世紀前に高校生だった私には、そんな発言はできなかっただろう。「人には様々な事情や考え方がある」と多様性を理解する世代が増えていけば、未来は明るいんじゃないか。

私は若い男子と接する機会がめったにない。電車の中で男子高校生たちと遭遇しても、あまり熱心に観察すると「案件」になるため、彼らの生態を知る機会は少ない。

一方、私の同級生には大学で教員をしているJJが多い。彼女らに「最近の男子大学生ってどんな感じ?」とヒアリングすると「我々が大学生だった20年前とはだいぶ違うよ」と返ってきた。

友人いわく「『男だから』『女のくせに』みたいな感覚は本当に薄くなってる。男子学生がケーキを焼いてきたり、男同士でスイーツ食べ放題に行ったりしてるよ」とのこと。

「昔なら『男らしくない』という理由で言いづらかったことも、今はみんな普通に好きなものを好きと言うようになってる。あと、女子の方が優秀でも気にしないしね」と彼女。

私の大学時代は「女は劣った存在で、男は女より上であるべき(そうじゃないと認められない)」という意識が根強かった。そんな抑圧がなくなれば、男女共に生きやすい社会になるだろう。

友人は「男が重いものを持つ、みたいな文化もないけどね」と言っていたが、そんな文化は必要ない。

女子校時代、男がいなくて困ることは1つもなかった。
「次の図工の時間に金玉を持ってこい」みたいな課題もなかったし、重いものはみんなで協力して持ったし、メッチャ硬い瓶の蓋も「これメッチャ硬いわ」とまわしたら3人目ぐらいで開いた。

現代社会では大仏を建立することもないし、機械を使ったり外注したりできるし、「俺たちが力仕事をするから、女は握り飯を作れ」とか言われる方がよっぽど面倒くさい。握り飯だってウーバーイーツで宅配可能だ。

「男は死ぬ気で働いて家族を養い、女は死ぬ気で家事育児せよ」といったジェンダーロールから解放された方が、男女共に死なずにすむ。重い荷物は一緒に持てばいいし、その方が男女が仲良くいられるだろう。
りゅうちぇるみたいな男子が増えれば、子育てしやすい社会になると思う。

別の教員の友人は「恋愛がそこまで重要ごとじゃなくなってるよね。彼女がいないとバカにされる、みたいな空気もないし。みんな男女の区別なく友達づきあいして、友チョコを交換したりしてるよ」と話していた。

私の大学時代はバブルの恋愛至上主義の燃えカスがくすぶっていて、非モテや童貞いじりがひどかった。「男コミュニティでバカにされたくない」という理由で、ガツガツと彼女を作ろうとする男子もよく見かけた。
一方、友人いわく「今の男子大学生に聞くと、8割ぐらいは『自分は草食系だと思う』と答える」とのこと。

「最近の若い男は情けない」と草食化を嘆くおじさんもいるが、「女なんて強引に押せばイケる」的な思考より2兆倍マシである。
女を意思のある人格だと認めていないミソジニーな老害チームは、早めに現世から退場していただきたい。来世は性別のないウミウシに転生するといいだろう。

教員の友人たちは「もちろん若い男子がみんな素晴らしいわけじゃないよ。でも私の見ている範囲だと、穏やかで優しくて、男尊女卑じゃない男子が多数派」「男女がフラットに仲良くしてるのを見ると、時代は変わったと思うし、正直羨ましいなと思う」と語る。

「共学の大学に進んでショックを受ける」は女子校育ちあるあるだ。私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。

大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし、「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。

なおかつ、当時はブス差別もひどかった。私は「目立つブス」だったため、特に攻撃されやすかったのだと思う。
べつに「七色に発光するブス」だったわけじゃなく、私は「よくしゃべるブス」だったのだ。
無口で控えめなブスなら無視だけですんだのだろうが、女子校は「面白さこそ正義」「笑いをとってナンボ」の世界だったため、その調子でしゃべっていると「ブスは黙ってろ」と叩かれた。

43歳の私なら「今からそいつをこれからそいつをグレッチで殴りにいこうか」とチャゲと飛鳥と林檎が三位一体化するが、当時の私はサイレントブスだった。
新刊『40歳を過ぎたら生きるのがラクになった』にも書いたように、イヤなことをされてもイヤだと言えず、ひたすら自信を奪われていた。

大学生の私はダイエットやメイクに励んで、ブスを減らす方向に努力した。それは女扱いされたかったからじゃなく、まともに人間扱いされたかったからだ。

結果、ブス差別されることは減り、自分に自信がついて、男子とも対等に話せるようになった。だからといって「キレイになるために努力しろ」なんて言う気は一切ない。
そんなのはいじめられっ子に「いじめられないよう努力しろ」と言うのと同じで、どう考えても差別する方が間違っている。

変化するべきは、人を見た目でジャッジする側、ルッキズムの染みついた社会である。

新卒で入社した広告会社は見た目いじりがひどかった。新人時代、激務で徹夜明けにすっぴんで出社したら「今日は特にひどいな(笑)」と男の上司に言われて、トイレで「死んじゃおっかな」と泣いたことを覚えている。

一方、会社に寝泊まりしてボサボサの男の先輩は「営業マンの鏡」と評価されていた。「男並みに働け、でも女は捨てるな、常に美しくあれ」という抑圧は、人を殺すほどの呪いになる。

そんな女たちのリアルをわかってないから、インテグレートやルミネの広告が炎上して、その後も炎上案件が後を絶たない。
「なぜこれが受けると思った?灯油をかぶってどんど焼きするようなもんやぞ」と毎回呆れるが、広告を作る側がアップデートできていないのだ。

広告代理店のおじさんたちと飲むと「俺たちは自分の使ってるシャンプーの銘柄も知らないのに、若い女性向けのシャンプーの広告を作ってるのはどうかと思う」といった話をよく聞く。
だからといって、彼らは現状を変えるために行動はしていない。結局は自分のポジションを失いたくないのだ。

広告業界で働く「笛美さん」という女性がnoteにこんな文章を書いていた。
『広告の企画を話し合う会議室に、女性はそもそも入れない。いても声が出せない、届かない。私もできなかった。ごめんなさい。だったら、お客様である女性に怒られて気づくしかないんです。悲しいけれど』

広告・マスコミ業界はいまだにバキバキの男社会で、男闘呼組のメンバーの中に女は入れない。男闘呼組がわからない人は周りのJJに聞いてみよう、私の推しは成田昭次だった。

マスコミの中でも特にアップデートできていないのはテレビだろう。たまにテレビをつけるとグレッチで叩き割りたくなるが、私はグレッチの意味をよく知らないし、多分わが家にグレッチはない。

老害タレントたちは「今はすぐに差別だセクハラだと規制される、昔は自由でよかった」とコメントするが、その自由は誰かの犠牲の上に成り立っていたのだ。そして、彼らも「昔は飲酒運転の規制がゆるくてよかった」とは言わないだろう。

「飲酒運転は絶対ダメ」が常識になったように、アルコールの強要もダメだと周知されつつある。
教員の友人たちは「うちの学生は男女共に『お酒が苦手だ』と普通に言うし、周りも飲ませたりしない。それは本当にいい変化だと思う」と話していた。

私が小学生の時、とんねるずの「一気!」という曲が流行った。作詞はおなじみ秋元康で「飲まぬ下戸にはヤキ入れて 付き合い程度じゃ許さずに 一気!一気!」と歌い暴れるとんねるずをテレビで見て「大人は一気するのが常識なんだな」と思っていた。

今そんなものを放送したら、本能寺や金閣寺以上に燃えるだろう。それは自由がなくなったんじゃなく、燃えるべきものが燃える、まっとうな世界になったということだ。

老害チームが引退して「転生したらウミウシだった件」になる頃には、世界はもっと良くなっているはず。

だが男闘呼組のメンバーは全員言えるけどキンプリのメンバーは1人も知らないJJは、それを見る前に寿命が尽きるかもしれない。ルーベンスの絵は見なくていいが、新世界を見る前に死ぬのは惜しい。だからアップデートは巻きでよろしく。

という話をJJ会でしていたら「老害が変化した事例もあるよ」とワーママの友人が教えてくれた。

「うちの兄は男尊女卑丸で、私に『おまえは自分の仕事のために子どもを犠牲にするのか』とか言う老害だった。でも娘二人が中学生になる頃『娘が大人になった時、女性が働きやすい社会になってほしい』と発言するようになった」

「兄の妻は専業主婦だけど、職場の部下や後輩が共稼ぎなのを見て『今の時代はこっちがデフォルトだ』と気づいたみたい。最近は女性差別的な発言もしなくなったよ」

それを聞いて「おっさんも変わるのね…!」と希望を感じたJJチーム。男尊女卑丸は娘を持ったことで、女性の問題を自分の問題として考えられるようになったのだろう。クソゲーな世の中でも嬉しい変化はあるものだ。

ちなみに私の嬉しい変化は、歯医者さんに「歯ぐきの状態が良くなった」と言われたことだ。連載第一回目に書いたが、2年前に「初期の歯周病です」と診断されて「ラピュタは本当にあったんだ…!」とショックを受けた。それからフロスや歯間ブラシも使って、歯磨きに励んだ結果が出たらしい。

JJは「顔がキレイ」よりも「歯周ポケットがキレイ」と褒められる方が嬉しいお年頃。
今後も健康な歯と歯ぐきをキープして、鮨屋でイカやタコを噛みきれるRJ(老女)になりたい。そして「昔に比べるといい時代になったよね」「マジで」「それな」とRJトークしたいと思う。

アルテイシア『40歳を過ぎたら生きるのがラクになった』

加齢最高!大人気連載が1冊になりました。若さを失うのは確かに寂しい。でも断然生きやすくなるのがJJ(=熟女)というお年頃!おしゃれ、セックス、趣味、仕事等にまつわるゆるくて愉快な熟女ライフがぎっしり。一方、女の人生をハードモードにする男尊女卑や容姿差別を笑いと共にぶった斬る。「年を取るのが楽しみになった」「読むと元気になれる」爆笑エンパワメントエッセイ集。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

コメント

🔪大橋とも🔪  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 3時間前 replyretweetfavorite

あ〜や  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 4時間前 replyretweetfavorite

🦉Minaetta🐿️  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 4時間前 replyretweetfavorite

枯れた柊(ひいらぎ)🍂  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 5時間前 replyretweetfavorite

🔗明太子なちこ⛓on🍚RICE⛸❄️💍✨♨️  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 5時間前 replyretweetfavorite

雪ゆき  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 5時間前 replyretweetfavorite

👑👑美夜👑👑  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 6時間前 replyretweetfavorite

rindou  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 6時間前 replyretweetfavorite

aruto  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 6時間前 replyretweetfavorite

このざまんぐ  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 6時間前 replyretweetfavorite

skrnmr  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 6時間前 replyretweetfavorite

酔三  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 6時間前 replyretweetfavorite

Kana Kakiuchi  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 6時間前 replyretweetfavorite

みなみ  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 7時間前 replyretweetfavorite

alnyan(^ΦωΦ^)  RT @artesia59: 私もこちらで大学入学当時の話を書いてます→私も女だけの楽園を出た瞬間、男尊女卑にぶん殴られた。大仏を建立するわけでもないのに、クラスでもサークルでも「男がリーダーで女がサブ」が当然だったし「女は出しゃばらずに男を立てろ」という暗黙のルールがあった。… 7時間前 replyretweetfavorite

アルテイシアの熟女入門

人生いろいろ、四十路もいろいろ。大人気恋愛コラムニスト・アルテイシアが自身の熟女ライフをぶっちゃけトークいたします!

バックナンバー

アルテイシア

神戸生まれ。現在の夫であるオタク格闘家との出会いから結婚までを綴った『59番目のプロポーズ』で作家デビュー。 同作は話題となり英国『TIME』など海外メディアでも特集され、TVドラマ化・漫画化もされた。 著書に『続59番目のプロポーズ』『恋愛格闘家』『もろだしガールズトーク』『草食系男子に恋すれば』『モタク』『オクテ男子のための恋愛ゼミナール』『オクテ男子愛され講座』『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』『オクテ女子のための恋愛基礎講座』『アルテイシアの夜の女子会』など。最新作は『40歳を過ぎたら生きるのがラクになった』がある。 ペンネームはガンダムの登場人物「セイラ・マス」の本名に由来。好きな言葉は「人としての仁義」。

twitter : @artesia59

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP