1. Home
  2. 読書
  3. 『黒いマヨネーズ』発売&即重版記念の立ち読み公開!
  4. 「インタビュー:ブラックマヨネーズ吉田敬...

『黒いマヨネーズ』発売&即重版記念の立ち読み公開!

2019.03.15 更新

「インタビュー:ブラックマヨネーズ吉田敬(聞き手・俺)」吉田敬(ブラックマヨネーズ)

 発売以来、全国で話題沸騰中のブラックマヨネーズ吉田敬さんの最新コラム集『黒いマヨネーズ』。2刷、3刷と続々重版が決まっているベストセラーです。

 大好評のため各所で品薄、品切れが続いていて、「買いたいのにどこにもない!」「読みたいのに読めない!」とお怒りの読者希望の方々のために、本文からコラム一篇を公開いたします。

 今回は、著者自身が「この本のなかではずいぶんトリッキーな作品ですね」と語る、ブラックマヨネーズ吉田敬がブラックマヨネーズ吉田敬にインタビューするという設定のコラムです。

◉インタビュー: ブラックマヨネーズ吉田敬
(聞き手・俺)

── 本日はお忙しい中ありがとうございます。

吉田 あんたも忙しいでしょう(笑)。

── でもどうですか? 10年前の忙しさと今の忙しさはまた違うのでは?

吉田 違いますね。あの頃は正に無我夢中で、戴いた仕事はほぼ全てやってたと思う。1日3つ4つの番組収録は当たり前で、1週間に10回とか新幹線に乗ったりもしてた。

── 2007年ぐらいですか?

吉田 やったかなぁ。M-1チャンピオンになったのは05年やけど何気に関西ではもうかなり仕事あったから、実際は04年から10年くらいまでは会社の仕事の入れ方も容赦なかったと思う。

── 容赦なかった? まるでやりたくもない事をやらされてるみたいにおっしゃいますが、貴方が望んで入られた世界では? 今の発言には不快感を覚えてしまいます。具体的に何連勤とかされてたのでしょう?

吉田 240連勤とかありました。

── それは容赦がない(一同爆笑)。

吉田 1日休んで翌日からまた80連勤。その年は1年で休日が3日でした。

── ちょっと想像できません。休みをくれとは言えないものなのでしょうか?

吉田 言えない。もしそんな事言ってコイツやる気が無いと思われたら全て無くなってしまうんじゃないかという……。

── 怖さもあったと。

吉田 イエス。だから怪我でもしたらいい感じで休めるかなと思って、山奥に1人で住む自称仙人でヌンチャクの達人というおじいさんの所へロケに行った時にね、

── ヌンチャクってあのヌンチャク? カンフー映画なんかに出てくる!?

吉田 他にどんなヌンチャクがあるんや? 話が面白くなりそうやからってテンション高くなり過ぎの相づちはやめろ。そういう相づちで喜ぶのは女だけだ。

── す、すいません。そしてそのヌンチャクの達人の所へロケに行って……。

吉田 凄く下手なんですよ、その達人。狙った所に当てられない。

── なのに達人を名乗っている。いわゆる少し変わったおじいちゃん?

吉田 そうそう。だからロケはそっちの面白さ。ずっとできてませんやん! っていう。

── わかります。

吉田 でもその自称達人のおじいちゃんはマジやから、おもろなってしまってんのが嫌やったのか、俺か小杉どちらかの手の平の上に木の実を載せろ。それをワシがヌンチャクで打ち抜いたると言いだした。

── ええっ!? ちなみにそのヌンチャクというのは本物……?

吉田 何をもって本物というのかは俺はカンフー経験者じゃないからわからない。ただ、メチャクチャに固かったからそういう意味では本物と言える。打ち抜かれると間違いなく骨折する。

── はぁはぁはぁ、それで?

吉田 ぜひとも俺はやってくれと言った。俺が手の平の上にくるみ大の木の実載せるから打ち抜いてみて下さいと。

── いやいやいや、「やるかぁ!」とツッコめば良いだけでは?

吉田 その通り。ただ、俺はこれで骨折したら休めるかなぁと思ってしまった。

── 馬鹿か。

吉田 俺は痛いのはイヤだという気持ちと骨折したら休めるという相反する2つの思いの渦の真ん中にいた。

── 喩たとえてみろ。

吉田 喩えるなら両親が離婚するのはイヤだが、もし離婚して俺が母方についたならどうやら母にはすでに男がいて、どうやらその男には俺の2コ下の美しい娘がいる。といった所か。

── つまり親の離婚はイヤだが、もし離婚して貴方が母方についた場合、美人の義理の妹ができるという事か?

吉田 そうだ。もちろん一つ屋根の下で暮らす事になる。

── 不謹慎な喩えだ。

吉田 わかりにくいか?

── めちゃくちゃわかりやすい。

吉田 とにかく俺はそんな薄汚れた気持ちで手に木の実を載せて差し出した。おじいさんはヌンチャクをクルクル回して脇の下に一旦挟んでみたりとカンフー映画でよくあるヌンチャクアクションを長々とくり広げてから、いよいよヌンチャクを思いっ切り振り抜いた。

── で!?

吉田 見事にヌンチャクはクルミ大の木の実だけを打ち抜いた。

── おおっ!!

吉田 俺も小杉もカメラマンやスタッフも皆がおおっ!! となった。

── それはそうなる。そしてそのおじいさんもただただ変なおじいさんになるのではなく、やる時はやるという達人感が出る!

吉田 結果素晴らしいVTRとなり、

── また仕事が増える、と。

吉田 本当にありがたい事なのだが、俺は週に1度、2週間先までのスケジュールが書かれた紙を貰うのですけど、それがビッチリ真っ黒なのを見ると喜びと同時に「俺はいつ寝るんや!」という怒りにも近い感情が確かにあった。

── 喩えろ。

吉田 貴方は焦じらされるプレイは好きか?

── 大好きです。

吉田 焦らされ過ぎたらどうだ?

── どれくらいですか?

吉田 乳首を舐めてもらえそうで舐めてもらえない、乳輪ばかりを3時間攻められたら?

── ブチ切れる。5分でもキレる。しかしその喩えは合っているのか……。持ち帰らせて欲しい。

吉田 とにかくどんな好きな事にも限度というものがある。

── 確かにそうですね。では吉田さんはひたすらその状態を耐え続けていた?

吉田 耐えたと言うと偉そうやけど、売れない時代も長かったからありがたいな、しんどいなの繰り返しでやっていた。しかし体と心が自然におかしくなっていった。

── どういう風に?

吉田 大阪に家があった時は六本木のアイビスというホテルに年間百泊ぐらいしていたのだが、とにかく大阪から東京へ向かう新幹線に乗ると必ず下痢になった。

── プレッシャー?

吉田 多分……。だから少しでも楽な考え方をしようと、東京でダメでも俺らには大阪があるから別に失敗しても良いじゃないかと自分に言い聞かせた。

── おい! 今のは関西人として聞き捨てならない。関西ナメとんのかコラ! 関西を何やと思っとるんじゃワレコラァ!!

吉田 話を最後まで聞け。故郷です。当然。聞いてくれよ。東京でダメでも関西がある、と思い込もうとした時に気付いたんや。いやいやいや、何で俺は絶対あると思ったんや? 考えたら俺らごときを育ててくれたのは関西や。そこで改めて、関西への感謝の気持ちと、関西の番組の面白さに気付く事になった。

── 気付くのが遅い……。

吉田 それは確かに。

── で、関西の凄さと大切さに改めて気付いてどうなった?

吉田 新幹線、往復で下痢になった。

── 馬鹿か!

吉田 あとは左手が痺れたり耳の調子が悪くなったり……。

── それは危ないのではないか?

吉田 だからその頃からマネージャーに仕事あるのは嬉しいけどこのままじゃ死ぬ。金も安過ぎる。俺はいつ報われる? 楽して稼げるのが芸能界と思っていたのは俺の甘さだが、それにしても吉本は酷すぎる。だのをメチャクチャ言うようになった。

── あ~あ……。それで何か変わった?

吉田 マネージャーが俺と一緒にタクシーに乗らなくなった。

── 当たり前ですっ!

吉田 今思うと申し訳ない。彼はただ仕事がメチャクチャできる男だっただけやのに。

── まぁそういう経験もされての今なのでしょうけど、今はベストですか?

吉田 情けない事に自分ではわからない。当時と比べると良い環境でやらせてもらってるけど、もっと自分の時間が欲しいとも思うし仕事が戴けるならもっとギチギチにやるべきなんかなと思う時もある。わからない。

── そういうものなんですね。では最後に今後の目標は?

吉田 んー。あいつは今こうやから不幸せや、とか思われるでもなく、俺はこれだけの物を手に入れたんやから幸せですよね? そうでしょ、幸せですよね? と他人に問うて確かめるでもなく、自分の幸せぐらい自分で決めれるようになりたいなぁとは思いますけどね。

── うわぁ凄いなぁ。僕も全く同じ事を思っていました!

吉田 当たり前や!(一同爆笑)

(『黒いマヨネーズ』よりP120〜127を抜粋)

吉田敬(ブラックマヨネーズ)『黒いマヨネーズ』

妄想と現実の狭間で、時に怒り、時に涙しながら、人の世の不条理と栄枯盛衰を綴る、天才コラムニスト・吉田敬(ブラックマヨネーズ)の哀愁ただよう猛毒エッセイ58篇!

四六判並製/256ページ/定価(本体1300円+税)

{ この記事をシェアする }

『黒いマヨネーズ』発売&即重版記念の立ち読み公開!

バックナンバー

吉田敬(ブラックマヨネーズ)

1973年京都府生まれ。吉本総合芸能学院(NSC)大阪13期生。98年、小杉竜一とお笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」を結成。「上方お笑い大賞」最優秀賞新人賞など受賞歴多数。2005年「M-1グランプリ」で優勝しブレイク。レギュラー番組を多数持ち、多ジャンルで活躍している。著書に『ブラックマヨネーズ吉田敬のぶつぶつ』(幻冬舎よしもと文庫)、『人生は、パチンコで教わった。』(ワニブックス)。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP