1. Home
  2. 社会・教養
  3. アメリカ中間選挙レポート
  4. ハリウッドや有名セレブが民主党支持を続々...

アメリカ中間選挙レポート

2018.10.15 更新 ツイート

第10回

ハリウッドや有名セレブが民主党支持を続々表明しても、票には案外、結びつかない理由渡瀬裕哉

民主党支持表明は、セレブ自身の踏み絵の面が大きい

テイラー・スウィフトも先日、テネシー州の民主党候補者を支持することを表明(提供:UPI=共同)

 米国では国政選挙の前になってくると、ハリウッドのセレブが民主党を支持する恒例の行事が始まる。2018年中間選挙でも「〇〇が共和党の〇〇に反対して民主党の支持を表明」のように、CNNのようなリベラルメディアでストレートニュースが流れるのもいつもの通りだ。10月8日にテイラー・スウィフトが自身のInstagramで、共和党支持のファンを失う覚悟でLGBTや男女の平等の権利を理由に民主党を支持したそうだが、それで選挙情勢が動くと思うのは間違いだろう。

 2016年大統領選挙では、ヒラリーが多数のハリウッドセレブを自らのポケモンのごとく並べて、多くの米国有権者から失笑の的となって敗北した。連日のように発表されるセレブからの支持は米国の有権者を大きく動かすこともなく、彼らはヒラリーを一般の米国人とは違う華やかな世界に浸った特権階級として描き出すのに一役買っていた。

 ハリウッドは強固な民主党の支持基盤であることは広く知られている。芸能関係者はリベラルでなければ仕事が限定されてしまうため、自分自身が大金持ちのセレブ生活を満喫していることを脇に置きながら、LGBT問題などの文化的側面を理由に民主党を支持する。これがハリウッドスターの処世術であり、皆がお決まりの作法であることは分かっているので、ネタとしては面白くても米国の有権者に与える影響は実はほとんどない。ハリウッドスターが与える影響は彼らの巨額の献金を中心とした資金調達面の効果に限定されると見ていい。

 

トランプにウォークオブフェイムの星を元々授与したのはハリウッドだが…

 ハリウッドのリベラル化は度が過ぎるレベルに達している。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

アメリカ中間選挙レポート

11月6日の米国議会選。トランプ大統領の共和党は勝てるのか? 著者独自の情報源と現地報道をもとに、刻一刻と変わる中間選挙の行方を共和党視点で分析。アメリカは変わるのか変わらないのか。この結果が日本にもたらすものとは?

バックナンバー

渡瀬裕哉

パシフィック・アライアンス総研所長 早稲田大学大学院公共経営研究科修了。トランプ大統領当選を世論調査・現地調査などを通じて的中させ、日系・外資系ファンド30社以上にトランプ政権の動向に関するポリティカルアナリシスを提供する国際情勢アナリストとして活躍。ワシントンD.Cで実施される完全非公開・招待制の全米共和党保守派のミーティングである水曜会出席者であり、テキサス州ダラスで行われた数万人規模の保守派集会FREEPACへの日本人唯一の来賓者。著書『トランプの黒幕 共和党保守派の正体』(祥伝社)は、Amazonカテゴリー「アメリカ」1位を獲得。主なメディア出演実績・テレビ朝日「ワイド!スクランブル」、雑誌「プレジデント」「ダイヤモンド」など。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP