1. Home
  2. 生き方
  3. おしぼりを巻き寿司のイメージで食った
  4. 総力レポート!初めて彼女できたときの俺の...

おしぼりを巻き寿司のイメージで食った

2018.08.21 更新 ツイート

総力レポート!初めて彼女できたときの俺の告白!!!!(その3ヶ月後にギッタギタにフラれる)忘れらんねえよ柴田隆浩

 高校3年生になった僕に、初めて恋人ができた。

 その子とはそれまで、話したことなんてなかった。学校の中で見かけて、凄く可愛いなって思って、要は一目惚れというやつだ。高校デビューを果たし調子に乗っていた僕は、まわりの仲間の行ける行けるという声に乗せられて、ほぼ初対面なのに、体育館の裏にその子を呼び出して、告白することにした。

 彼女がやってきた。白い光が、体育館のコンクリートの壁をまぶしく照らしていた。僕の前に立つ彼女は、なんだか透き通っていて、僕とは違う世界に住んでいるひとのように思えた。

「あの・・・ずっと好きだったんだ」

 そう伝えたとき、すぐ心の中で、あっ俺いま嘘ついた、と思った。だって好きになったの最近だもん。ここ2、3ヶ月ぐらい。まっいいか。とにかく僕はこの子が好きなんだ。そして、恋人というものをつくることで、僕の高校デビューはひとつの完成形を見るんだ。

 彼女は静かに微笑んで、「ありがとう、少し、考えさせてくれないかな」と言った。僕はほんのちょっとだけがっかりしたけど(調子乗ってんな~)、「ぜんぜん待つよ」と答えた。

 あの頃は、期待に胸が溢れていたんだ。世界はどこまでも広がっていて、その先ではきっとたくさんのパレードが行われていて、その空はどこまでも、青く澄んでいたんだ。

 告白から一週間ぐらい経った放課後。教室で仲間とダベってたら、その子の親友の女の子が近づいて来て、僕にこう言った。OKらしいよ、って。

 てなことを現在37歳の俺が、当時を思い出しながら書いてんですけど。なんか、青いわ。いや、より正確に言うならば、蒼いわ。今の僕が暮らしている世界は、薄汚れていて、どの道も必ず行き止まりにたどり着くことが分かり切っていて、なんだこれ困ったな、ぜんぜんワクワクしねえ。でもね、バンドの機材車でいろんな街に移動するじゃんか、移動は高速道路を使うんだけど、途中の名前も知らない山とかトンネルを抜けた先の道の向こうに、突然、小さな街がふっと現れることがあって。一生、行くことはないであろう、誰かが暮らす、その街。僕はそんな街を見るたびに、ああ、ここにいつかの自分がいるんだな、と思う。輝く恋をして、何も知らない瞳で世界を見つめる、あの頃の自分が。つまり、変わったのは世界ではなく、僕なんだ。

 話は戻ります。晴れて恋人ができた僕は、初デートに挑戦するわけなんですが。これがもうね!地獄だった!!!!まあ初デートどころかそっから先も地獄なんだけどな!!!!!長くなってきたから次回書くわ。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

おしぼりを巻き寿司のイメージで食った

いつだって”僕ら”の味方、忘れらんねえよ。
「恋や仕事や生活に正々堂々勝負して、負け続ける人たちを全肯定したい」という思いで歌い続けてるロックバンド。
そんな“忘れ”のボーカル、ギターの柴田隆浩が、3年半ぶりにエッセイを書くことに!メロディーはもちろんだが、柴田の書く言葉に、ヤラレル人多数。
“二軍”の気持ちを誰よりもわかってくれる柴田の連載。

バックナンバー

忘れらんねえよ柴田隆浩

忘れらんねえよのボーカルギター。
1981年生まれの36歳。熊本県出身。
ツイッターはこちらから。

忘れらんねえよ
2008年結成。どうしようもない言葉を、甘いメロディに乗せて轟音で鳴らす。
2017年4月に、自身初の日比谷野外音楽堂ワンマンをソールドアウト。
2018年2月にベース梅津拓也の脱退を発表、来たる5月1日に梅津卒業ワンマン「サンキュー梅ックス」をZepp Tokyoにて開催する。
忘れらんねえよ公式HP

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP