1. Home
  2. 生き方
  3. 復活力
  4. あのとき2人が一歩でも踏み外していたら、...

復活力

2018.08.05 更新 ツイート

あのとき2人が一歩でも踏み外していたら、サンドウィッチマンをテレビで見ることはなかったかも!?――M-1グランプリの、手に汗握る「ギリギリ」の世界。 サンドウィッチマン

圧倒的人気を誇るお笑い芸人、サンドウィッチマン。
ふたりのエッセイ『復活力』が、文庫で発売になりました。

好感度が高いとずっと言われてきたコンビではありますが、それをきちんと証明したのが、今年の「日経エンタテインメント!」(2018.7月号/日経BP社)の「好きな芸人ランキング」でした。
サンドウィッチマンが、堂々の1位に輝いたのです!

しかし、彼らは、2007年のM-1グランプリで優勝するまでは、“知られてない芸人”でした。
ちなみに、サンドウィッチマンは、大会初の「敗者復活枠」から優勝したのです。
まさに、ぎりぎりの綱渡り。
この時のことが、発売になったばかりの『復活力』につぶさに綴られているのですが、今読んでも、鼓動が早まり、汗が吹き出てきます!

準決勝で敗退してから、いかにして這い上がったのか?

>M‐1決勝の舞台上で”喧嘩寸前だった”というのは本当?

>なんと、「決勝本番中にネタが飛んだ!」そのとき2人はどうしたか?

”神回”とも言われるM-1グランプリの舞台裏で、いったい何が起こっていたのか?
手に汗握るガチンコ勝負の様子は、一気読みです!

今回の『復活力』では、
サンドウィッチマンの下積み時代の紆余曲折から始まり、東日本大震災のための復興支援活動や海外ライブ活動など、ここ10年の活動についても、語られています。
友達も肉親も超えた、男2人の絆と魂の闘いに、この夏、燃えてください!

 

(カバー撮影:関根虎洸)

関連書籍

サンドウィッチマン『復活力』

強面だけど心優しいコンビとして国民的人気者の、青春時代の素顔とは?――安アパートで10年間、布団を並べて眠った。二人で舞台に出たら観客も二人だった。トイレには「みー君へ」と書かれた富澤から伊達へのメモが貼られていた。恋人も嫉妬する(!?)長〜蜜月!笑いを心底愛し、震災後の東北を支援し続ける二人の、バイタリティの原点。

{ この記事をシェアする }

復活力

コワモテなのにカワイイ!?と、圧倒的人気を誇るサンドウィッチマン。
「一番好きな芸人1位」(2018.7月号「日経エンタテインメント!」)にも選ばれました。
しかし、彼らは、2007年のM-1グランプリで”奇跡の優勝”をするまでは、“知られてない芸人”でした。

今こそ、あらためて、サンドウィッチマンを知りたい!
そこでおススメなのが、こちらの新刊。
サンドウィッチマンの原点が、赤裸々な素顔が、ぎゅうぎゅうに詰まった一冊です。

宮城から夜行バスに乗って上京し、10年間ふたりで暮らした安アパート。
2人で舞台に出たら、観客も2人しかいなかったこと。
伊達が富澤に感じた”自殺”の気配。
ついに得たチャンス、M-1の決勝で「ネタがとんだ!」こと。
文庫版にのみ収録された、東日本大震災の復興への思い……

恋人も嫉妬する、甘~~い蜜月は、今も続いています。
最高にアツいエッセイの登場です!

バックナンバー

サンドウィッチマン

伊達みきお(ツッコミ担当)と富澤たけし(ボケ担当)によるお笑いコンビ。2007年M-1グランプリ王者。ともに1974年生まれ、仙台商業高等学校卒業。ラグビー部で一緒だった関係で、富澤が伊達を誘い、お笑いの道へ。2011年3月11日、気仙沼市でロケ中に、東日本大震災が発生。故郷でもある東北の復興のための活動も積極的に行う。みやぎ絆大使、東北楽天ゴールデンイーグルス応援大使、ベガルタ仙台市民後援会名誉会員、喜久福親善大使、宮城ラグビー親善大使、松島町観光親善大使、伊達(だて)美味(うま)PR大使、福島県伊達市・伊達なふるさと大使、みなと気仙沼大使。(撮影:関根虎洸)

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP