1. Home
  2. お知らせ
  3. 復活力
  4. サンドウィッチマンさんから書店さんへ

復活力

2019.04.24 更新 ツイート

サンドウィッチマンさんから書店さんへサンドウィッチマン

サンドウィッチマンのふたりの青春時代が綴られた『復活力』。

今でこそ国民的人気者のサンドウィッチマンですが、汗と涙の男臭い下積み時代が長かったのです。

『復活力』に描かれた物語は、東北を応援し続ける今の二人の姿に重なります。

勇気をもらえるこの本を、たくさん売ってくださった書店さんに、

サンドウィッチマンからこんな素敵なパネルが届いています。

「うちもたくさん売ったよー」という書店さんがありましたら、ぜひご連絡ください。

こちらのパネルをお送りさせていただきます。

伊達さんのメッセージにあるように、100万部を目指して!!

そして、富澤さんがもっと嬉しがってくださるように!!

パネルのお問合せはこちら
幻冬舎編集部 袖山満一子 sodeyama@gentosha.co.jp
幻冬舎営業部 木内旭洋 teruhiro_kiuchi@gentosha.co.jp

丸善仙台アエル店さん

 

ブックエキスプレス仙台北口店さん

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

復活力

コワモテなのにカワイイ!?と、圧倒的人気を誇るサンドウィッチマン。
「一番好きな芸人1位」(2018.7月号「日経エンタテインメント!」)にも選ばれました。
しかし、彼らは、2007年のM-1グランプリで”奇跡の優勝”をするまでは、“知られてない芸人”でした。

今こそ、あらためて、サンドウィッチマンを知りたい!
そこでおススメなのが、こちらの新刊。
サンドウィッチマンの原点が、赤裸々な素顔が、ぎゅうぎゅうに詰まった一冊です。

宮城から夜行バスに乗って上京し、10年間ふたりで暮らした安アパート。
2人で舞台に出たら、観客も2人しかいなかったこと。
伊達が富澤に感じた”自殺”の気配。
ついに得たチャンス、M-1の決勝で「ネタがとんだ!」こと。
文庫版にのみ収録された、東日本大震災の復興への思い……

恋人も嫉妬する、甘~~い蜜月は、今も続いています。
最高にアツいエッセイの登場です!

バックナンバー

サンドウィッチマン

伊達みきお(ツッコミ担当)と富澤たけし(ボケ担当)によるお笑いコンビ。二〇〇七年M-1グランプリ王者。ともに一九七四年生まれ、仙台商業高等学校卒業。ラグビー部で一緒だった関係で、富澤が伊達を誘い、お笑いの道へ。二〇一一年三月一一日、気仙沼市でロケ中に、東日本大震災が発生。故郷でもある東北の復興のための活動も積極的に行う。みやぎ絆大使、東北楽天ゴールデンイーグルス応援大使、ベガルタ仙台市民後援会名誉会員、喜久福親善大使、宮城ラグビー親善大使、松島町観光親善大使、伊達(だて)美味(うま)PR大使、福島県伊達市・伊達なふるさと大使、みなと気仙沼大使。(撮影:関根虎洸)

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP