1. Home
  2. 社会・教養
  3. あのニュースのホントのところ
  4. 米朝首脳会談、「体制保証」をめぐる大いな...

あのニュースのホントのところ

2018.06.27 更新 ツイート

米朝首脳会談、「体制保証」をめぐる大いなる誤解杉本宏

©lightsource(PIXTA)


 さる6月12日に行われた米朝首脳会談で、「非核化」と並ぶキーワードになったのが「体制保証」の語。しかし、日本の多くのメディアが用いた「体制保証」という訳語が、この会談の意味を見誤らせているのではないか?――話題作『ターゲテッド・キリング――標的殺害とアメリカの苦悩』(現代書館)の著者で、アメリカ政治に精通するジャーナリスト・杉本宏氏が、米朝首脳会談の意味と北朝鮮の今後を読み解きます。

 * * *

 トランプ米大統領は、北朝鮮の非核化と引き換えに「金王朝」の存続まで保証すると確約したのだろうか。金正恩朝鮮労働党委員長は、非核化の道筋をあいまいにしたまま、喉から手が出るほど欲しがっていた「証文」を手に入れたのだろうか。先日、シンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談での合意について、こんな疑問を抱いた人は多いようです。

「米国は北朝鮮に体制保証を約束」――こうした見出しが日本の主要メディアに氾濫したからです。これでは、「取引(ディール)の達人」を自称するトランプ氏が北朝鮮ペースで押し切られてしまったという印象を抱いても無理からぬことです。

 ですが、はっきり申し上げて、それはあり得ません。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

あのニュースのホントのところ

バックナンバー

杉本宏

ジャーナリスト。慶應義塾大学大学院修士課程修了。マサチューセッツ工科大(MIT)政治学部博士課程単位取得退学。防衛大学校非常勤講師を経て、朝日新聞社入社。政治部、外報部などを経て、ロサンゼルス、アトランタ、ワシントンに赴任。記者としての取材活動のかたわら、国際政治研究も続ける。著書に『ターゲテッド・キリング――標的殺害とアメリカの苦悩』(現代書館)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP