毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.03.10

特集 『野武士のグルメ』を味わい尽くす

幻冬舎 編集部

特集 『野武士のグルメ』を味わい尽くす

一人の”野武士”が日本国民の食欲を刺激しまくる勝負にうって出ました。
野武士の名は、香住武。35年にわたるサラリーマン生活を勤めあげた初老の男。特筆すべき点はありません。どこにでもいる普通のおじさん。

でも、普通のおじさんだからこそ、「食」にまつわる記憶には人生の妙味が漂います。
外回りの合間を縫って立ち寄った中華料理屋。仲間と食べたスキヤキ。出張先の小料理屋。やりたくてもやれなかった「平日真っ昼間ビール」……。

そんな香住武が、定年退職を迎えて挑む「ひとり飯」。そしてその醍醐味。
それが『野武士のグルメ』です。

人生を支えた「食」の記憶をつまみにしながら、人目も気にせず堂々と、己の流儀で、ぶっきらぼうに、食べる、食べる、食べる。
その姿は、まさに野武士。
定年退職した香住武は、穏やかな風貌とは裏腹に野武士のごとき野性を胸に秘め、「食」と向き合うのです。

隠れた名店がどうのとか、ミシュランで星がどうのとか、こまっしゃくれたことは言いません。勤め人時代に培った忍耐力を放棄して、あえて無頼に食べてみる。

食べるものだって気取っちゃいません。ふらりと入った食堂で「焼きそば&ビール」。飛び込んだ民宿で「アジの干物」。無愛想な店主が作る「タンメン」……。

我々幻冬舎plusスタッフ一同、新しい原稿を拝読するたびに言い合いました。
「おいしそう!!!」
「今日は絶対に●●を食べる!!」
読んだ後に、じんわりと感動したりもするのですから、すごい作品です。

3月20日、『野武士のグルメ』が単行本になって書店に並びます。幻冬舎plusでは、その魅力をもっと味わってもらうべく、様々なコンテンツを用意しました。
第一話(「九月の焼きそビール」)から、極上の味わいです。ぜひ、お楽しみください。

 

『野武士のグルメ』を味わい尽くす コンテンツ一覧

試し読み 第一話 「九月の焼きそビール」
大根仁×久住昌之「『野武士のグルメ』を語り尽くす」
南信長「久住昌之と土山しげるのタッグに腹が減る理由」
うえやまとち×安倍夜郎×土山しげる
書店員さんと『野武士のグルメ』
読者のみなさん!ツイッターで「あなたの野武士のグルメ」を教えてください。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!