1. Home
  2. 社会・教養
  3. 第九 ベートーヴェン最大の交響曲の神話
  4. 当時のウィーンは“肌触りのいい”ロッシー...

第九 ベートーヴェン最大の交響曲の神話

2017.12.28 更新 ツイート

当時のウィーンは“肌触りのいい”ロッシーニがブーム。「第九」は支持されないのでは…ベートーヴェンは悲観する中川右介

クラシック音楽において「第九」といえば、ブルックナーでもなくマーラーでもなく“ベートーヴェンの”交響曲第九番のこと。演奏時間は70分と長く、混声合唱付きで、初演当時は人気のなかったこの作品が「人類の遺産」となった謎を追う。(『第九 ベートーヴェン最大の交響曲の神話』中川右介

 

ロッシーニ・ブーム

 ベートーヴェンが「第九」を書いていた頃のウィーンは、ロッシーニ・ブームの最中(さなか)だった。

 もともとウィーンは、イタリア・オペラのほうがドイツ・オペラよりも人気がある都市だった。モーツァルトの時代、ウィーン音楽界に君臨していた作曲家はイタリア人のサリエリであり、モーツァルトの代表作となるダ・ポンテが台本を書いた三作――《フィガロの結婚》《コジ・ファン・トゥッテ》《ドン・ジョヴァンニ》も、「イタリア語オペラ」である。

 その後もウィーンでのイタリア・オペラ全盛期は続き、ベートーヴェンはそれに対抗すべく《フィデリオ》を書いたが、一八〇五年の初演は失敗してしまう。《フィデリオ》は改訂した再演から、どうにか支持を得たが、ベートーヴェンのオペラはこれ一作で終わる。彼はオペラ作曲家としては大成できなかった。

 一八一〇年代に入ると、カール・マリア・フォン・ウェーバーにより、ドイツ・オペラの巻き返しが始まるが、それも長く続かない。一八一六年に、イタリアの興行師ドメニコ・バルバイヤがウィーンへオペラの一座を率いてやって来ると、たちまち大評判となり、またもイタリア・オペラの大ブームとなるのだ。この成功を受けて、バルバイヤはウィーンに落ち着くことにし、一八二一年からケルントナートーア劇場を借りて、イタリア・オペラの興行を打つことになった。

 このバルバイヤによるイタリア・オペラ興行で最も成功したのが、ロッシーニ作品だった。ロッシーニ作品のウィーンでの上演は、一八二二年四月十三日初日の《ゼルミーラ》に始まった。以後、五月七日から《マティルデ・ディ・シャブラン》、五月三十日から《英国女王エリザベッタ》、六月二十一日から《泥棒かささぎ》、七月八日から《リッチャルドとゾライデ》と、次々と上演された。

 ベートーヴェンが「第九」に取り組んでいたのは、このロッシーニ・ブームの最中だったのである。

 ジョアキーノ・ロッシーニは一七九二年にイタリアのペーザロで生まれた。ベートーヴェンよりも二十二歳下で、ウィーンで大ブームを起こした一八二二年にはまだ三十歳だった。この二人は、ロッシーニがブームとなっている一八二二年春に対面した。しかし、ベートーヴェンは耳が不自由、ロッシーニはドイツ語を話せない――つまり、あまり実りのある会話はできなかった。ロッシーニがウィーンの巨匠を表敬訪問した、というだけの面会だったようだ。

 それでも、お互いにいい印象を持ったようではある。ベートーヴェンは一八二四年に知人にこう語っている。「ロッシーニは才能がある、旋律の豊かな作曲家です。彼の音楽は、時代の浮き浮きした、肌触(はだざわ)りのよさを好む気分に適合しています。彼の生産力はたいしたもので、ドイツの作曲家が一年かかるものを、数週間で書いてしまいます」。

 これらの発言は皮肉ともとれそうだが、ベートーヴェンがロッシーニを敵視し、ライバルと感じていたわけではなさそうだ。年齢も父子ほど離れているし、ベートーヴェンはロッシーニを自分とは異なる才能の持ち主として評価していたようだ。

 しかしベートーヴェンは、そのロッシーニに熱狂しているウィーンの人々には絶望感を抱いていた。ウンガーをはじめとする知人、友人たちは、ベートーヴェンの音楽を支持してくれるが、ウィーンの一般の聴衆はどうであろうか。もう自分の音楽はウィーンでは必要とされていないのではないか。ベートーヴェンはそんなふうに感じていた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

中川右介『第九 ベートーヴェン最大の交響曲の神話』

クラシック音楽において「第九」といえば、ブルックナーでもマーラーでもなく“ベートーヴェンの”交響曲第九番のこと。日本の年末の風物詩であるこの曲は、欧米では神聖視され、ヒトラーの誕生祝賀、ベルリンの壁崩壊記念など、歴史的意義の深い日に演奏されてきた。また昨今は、メータ指揮のN響で東日本大震災の犠牲者追悼の演奏がなされた。ある時は祝祭、ある時は鎮魂――そんな曲は他にない。演奏時間は約70分と長く、混声合唱付きで、初演当時は人気のなかったこの異質で巨大な作品が「人類の遺産」となった謎を追う。

{ この記事をシェアする }

第九 ベートーヴェン最大の交響曲の神話

ヒトラーの誕生祝賀、ベルリンの壁崩壊記念など、欧米では歴史的意義の深い日に演奏されてきた「第九」。祝祭の意も、鎮魂の意も持つこの異質で巨大な作品が「人類の遺産」となった謎を追う。

バックナンバー

中川右介

1960年生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。出版社IPCの編集長として写真集を中心に美術書を編集、ソ連の出版社とも提携した。後、出版社アルファベータを設立し、代表取締役編集長に(2014年まで)。ドイツ、アメリカ等の出版社と提携し、音楽家や文学者の評伝や写真集を編集・出版。クラシック音楽、歌舞伎、映画、歌謡曲、マンガなどの分野で旺盛な執筆活動を続ける。おもな著書に『十一代目團十郎と六代目歌右衛門』『坂東玉三郎』『カラヤンとフルトヴェングラー』(以上、幻冬舎新書)、『手塚治虫とトキワ荘』(集英社)、『サブカル勃興史』(角川新書)、『1968年』(朝日新書)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP