1. Home
  2. 読書
  3. 身の丈にあった勉強法
  4. 勉強が楽しいほうが、人生で得します!

身の丈にあった勉強法

2017.12.03 更新 ツイート

『身の丈にあった勉強法』の読書感想文36

勉強が楽しいほうが、人生で得します! 菅広文

ロザン菅さんの『身の丈にあった勉強法』を発売前に読んで「感想文を送ろう」企画。
絶賛、こちらでご紹介させていただいています!
祭ミソさんも書いているように、確かに、学生のときは「なんで勉強しなきゃいけないの」「将来これが役に立つのかな」と思っていました。
その答えが、この本には書かれているのです!

 *****

 【 祭ミソ 】さんから届いた感想文

 菅さんの著書である『京大芸人』『京大少年』を一気に読みましたが、今回の『身の丈にあった勉強法』こちらも一気に読みました。

 菅さんの文章はとても面白くて、読みやすくて、すらすらとページをめくってしまいます。

 学生の頃の私は「なんで勉強しなきゃいけないのだろう」「将来これが役に立つのかな」という思いがありました。

 勉強というと嫌なもの、やらされるものというイメージでした。

 覚えが悪いのですぐ忘れるし、学校も毎日嫌だな面倒だなと思って、でも通わなきゃいけないから行ってました。

 将来の夢も決める勇気がなかった私は、ここを目指すから勉強を頑張ろうという目標もありませんでした。

 そんな私が思うことは、もっと勉強は楽しいものなんだよ、と教えてくれる大人が必要だということです。

 宿題すること、勉強することが罰にされているという話はその通りだと思いました。

 勉強は嫌なもの、そういうイメージがあって進んで勉強できない昔の私のような学生も多いと思います。

 学ぶ楽しさを知ること、自分から進んで勉強することの気持ちよさを知ることは将来に関わることだと思います。

 私はまだ結婚も出産もしていませんが、もし育児するなら自分の子供に「勉強しなさい」とは言いたくないです。

 できることなら子供と一緒に勉強したいなと思います。

 菅さんの本は、勉強することの楽しさを教えてくれるものだと思います。

 こういう本が必要とされていると思います。さすガっスですね!

 そういえば、ロザンの面白くてよく分かる理科の教材VTRがあることを知りました。

 私も小学生、中学生の頃にこれを見て楽しく勉強したかったです。

 あと、学生の頃にロジカルノートを使って勉強したかったです。(ロジカルノートは今からでも書き留めるのに使えるので使いますね。)

 菅さん、宇治原さんのお二人は、勉強に関する講演会をされているそうですが、お笑いを通して勉強の楽しさをもっと伝えていっていただきたいです。

 それができるのが高学歴コンビ、ロザンだと思っています。

 ですので、菅さん、このたびはこのような本を書いていただいてありがとうございます。

 読むと自分の学生時代を振り返ることができる本になりました。また、今後の参考にもなると思います。

「身の丈にあった」とありますが、身の丈を知ることは難しいなと思います。

 就職活動のとき、自己分析をさせられましたが、結局自分のことは自分で考えても分からないという結論になりました。

「自分の良いところは自分ではなかなか気が付かない」その通りだと思います。

「他人と比較しない」誰かと同じでなくていいんですよね。

 今の日本の教育では、個人というよりも皆が一緒に、という意識が強いですよね。

 だからそこから溢れてしまうとなんで自分は違うのだろうと拗らせてしまいます。

 自分の道を行くこと、貫くことは、皆一緒にという教育では勇気がいるし難しいことだと思います。

 私もどうにか溢れないようにと思って生きてきました。

「身の丈を知ること」これを私自身、もっと考えていきたいと思いました。

 無理をせず、でも頑張るところは頑張っていきたいです。

 次回のかしこの扱い方は社会人にはとても役立ちそうですね。

 楽しみにしています。

関連書籍

菅広文『京大芸人式 身の丈にあった勉強法』

「正しい勉強法」を知らないと、人生で損をする!ロザン菅が、高性能勉強ロボ・宇治原を観察し続けて確信した、究極の学習術とは?予習と復習の、どちらかを捨てるべき。教えてもらうより教える方が、成績が伸びる。身の丈にあっていない学校に入ると、能力が伸びなくなる。――など、学生はもちろん、社会人にも役立つ究極の学習術が満載。

{ この記事をシェアする }

身の丈にあった勉強法

「正しい勉強方」を知らないと、人生で損をする!
ロザン菅が、高性能勉強ロボ・宇治原を観察し続けて確信した”究極の学習術”を、一冊の本にまとめました。
そのタイトルは『身の丈にあった勉強法』。
これまでの常識が覆る& 明日からでもすぐチャレンジしたくなる勉強法って、いったい――!?

バックナンバー

菅広文 ロザン

1976年10月29日、大阪府高石市生まれ。大阪府立大学経済学部中退。96年8月、高校時代の友人である宇治原史規(京都大学法学部卒業)と「ロザン」(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)を結成。高性能勉強ロボ・宇治原の勉強法や、二人が芸人になるまでを描いた爆笑小説『京大芸人』『京大少年』のほか、縄文時代から現代までの日本史が、爆笑しながら一気に頭に入ると評判の『京大芸人式日本史』と、「京大芸人シリーズ」はすべてベストセラーに。ほかに『菅ちゃん英語で道案内しよッ!』もある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP