1. Home
  2. 社会・教養
  3. AV女優消滅
  4. 白石容疑者もかつて職業としていたスカウト...

AV女優消滅

2017.11.22 更新 ツイート

白石容疑者もかつて職業としていたスカウトマンはAV出演強要問題にも大きく関わる存在中村淳彦

写真:iStock/MasterLu


座間9人連続殺人事件以降、かつての白石容疑者の職業としても話題に上ることが増えた「スカウトマン」。女性をAVや風俗へと案内するこの仕事は、「AV女優強要問題」にも大きく関係している。『AV女優消滅』からもその仕事の一部を見ることができる。

グレー産業が足並みを揃えるのは不可能

 AV女優になるには、大きくスカウトと応募の2つの経路がある。

 夜の仕事、裸の仕事は様々な業種があり、スカウトは女性の希望や能力を見ながらそれぞれの業種と橋渡しをする。特殊な仕事であるAV女優は全体から眺めれば、規模の小さな一つの業種にすぎず、独立したスカウト部門を持つAVプロダクションは少ない(A社も現在はスカウト部門を持たない)。さらに路上スカウトは2000年代半ばに「迷惑!」と社会問題となり、現在はすでにこれ以上はないほど法規制がされている。

 スカウトには地元暴力団の監視があり、誰でも気軽に活動をすることはできない。スカウトは数人~数十人で組織化されて、それぞれスカウト会社と呼ばれる。スカウト会社は全国に数百社あり、地域によって事情が異なるが、暴力団から許可を得て、特定の地域でスカウト活動ができるように環境を整えている。東京では2011年に施行された暴力団排除条例により、地域によってはその権利関係も曖昧になっているというが、権利関係が複雑な渋谷や新宿あたりで、無許可でスカウト活動をしていれば、すぐに誰かしらとトラブルになる。

 スカウト会社は無許可で人材紹介をするので職業安定法違反、完全に違法な存在だ。さらに都道府県の迷惑防止条例で路上でのスカウト行為は重点的にターゲットにされ、法改正が繰り返された。前述したが、2004年改正で路上でのスカウト行為が禁止となり、2008年改正で「立ち塞がり」「つきまとい」「キャバクラ等への仕事の斡旋」と具体的な違反行為が決められた。そして2012年改正では「公衆の目に触れる場所で相手方を待つ」行為の禁止と、スカウトマンは路上に立つことすら法律違反となった。スカウト会社やスカウトマンは完全に違法な存在であり、組織は地下に潜って活動している。

 2017年6月。機会があり、2人の現役スカウト会社代表A氏、B氏にメールで11項目の質問をした。2人とも20代後半の男性で、すぐに返信があった。許可をもらったので、そのまま掲載する。

最近のスカウトの主流は「ネット」

──スカウトになったキッカケは?

A氏 大阪にいる頃、迷惑防止条例がない時代にフリーのキャッチとして日銭を稼いでいた流れから(ホスト、キャバクラ、風俗、居酒屋、ラウンジ、スナック。キャッチ対象はお店利用の客、働く従業員の紹介など)。
B氏 特にない。稼げると思った。他の仕事ができない。したくない。

──危険なことはあるのか?

A氏 街に立てば条例違反、本気で捜査が入れば職業安定法違反及び売春斡旋なので危険だらけです。
B氏 引き抜き。スカウトが飛ばないといけなくなることもあり、同時に仕事とお金を失うことに。それとスカウト会社にも国税が入る。基本ゼロ申告だし、法にひっかかるから逮捕されるリスクもある。

──どのような人がスカウトになるのか。

A氏 ばらばらすぎて一概に言えない。副業で始める人が多い。
B氏 基本的にはDQNだけど、自分でDQNだと気づくまでに時間がかかる(※DQNとはヤンキー、不良、粗暴なチンピラという意味)。別の仕事をしながらスカウトを辞めない人もごく稀にいる。そういう人は、数年で風俗関係の経営者クラスになる。ここまで来てやっとリスク回避ができる。

──収入はどれくらいか?

A氏 最高で月500万円くらい。
B氏 ピンキリ。今になっても路上に立っているのは、逮捕時のリスクをあまり考えていない人、そんな人たちが稼げているかは微妙(ここが強要しているのでは?)。AV強要問題は、実はもっと深い底辺同士の中で起こっている。風俗店の経営もしていて、自分の店で使わない女の子を他所に振っている我々からすると、まだ路上に立っているようなスカウトは、ほとんどが稼げていないのでは?

──どのように女性を獲得しているか。

……続きは、『AV女優消滅』をご覧ください。

関連キーワード

関連書籍

中村淳彦『AV女優消滅 セックス労働から逃げ出す女たち』

中村淳彦『職業としてのAV女優』

業界の低迷で、100万円も珍しくなかった最盛期の日当は、現在は3万円以下というケースもあるAV女優の仕事。それでも自ら志願する女性は増える一方だ。かつては、「早く足を洗いたい」女性が大半だったが、現在は「長く続けたい」とみな願っている。収入よりも、誰かに必要とされ、褒められることが生きがいになっているからだ。カラダを売る仕事は、なぜ普通の女性が選択する普通の仕事になったのか? 長年、女優へのインタビューを続ける著者が収入、労働環境、意識の変化をレポート。求人誌に載らない職業案内。

{ この記事をシェアする }

AV女優消滅

バックナンバー

中村淳彦

ノンフィクションライター。代表作に『名前のない女たち』シリーズがあり、劇場映画化もされる。高齢者デイサービスセンターを運営していたが手を引き、ノンフィクション、ルポルタージュを執筆。著書に『職業としてのAV女優』『ルポ中年童貞』(幻冬舎新書)、『崩壊する介護現場』(ベスト新書)、『ワタミ渡邊美樹・日本を崩壊させるブラックモンスター』(コア新書)、『日本の風俗嬢』(新潮新書)『女子大生風俗嬢~若者貧困大国』(朝日新書)、『熟年売春』(ミリオン出版)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP