1. Home
  2. 読書
  3. Yome Yome メオトドクショリレー
  4. 『読書で離婚を考えた。』刊行記念イベント...

Yome Yome メオトドクショリレー

2017.09.06 更新 ツイート

『読書で離婚を考えた。』刊行記念イベントを大阪で開催!
ゲストに花房観音さん、吉村智樹さんを迎え「トークで夫婦を考える。」円城塔/田辺青蛙

先日、東京・青山ブックセンター本店でのイベントも大爆笑&大盛況だった、円城塔さんと田辺青蛙さんの『読書で離婚を考えた。』トークを9月17日に大阪でも開催します。

今回は、ゲストに花房観音さん、吉村智樹さんのご夫妻をお迎えし、2組の作家夫婦の「本の読み方」「夫婦のかたち」を考えます。トーク後にはサイン会も開催。たくさんの方のご来場をお待ちしています。

***

『読書で離婚を考えた。』出版記念「トークで夫婦を考える。」
2017年9月17日(日)
OPEN 17:00 / START 17:30
前売¥2,000 / 当日¥2,500(共に飲食代別)※要1オーダー500円以上
会場:大阪ロフトプラスワンウエスト

【出演】
円城塔
田辺青蛙
花房観音
吉村智樹

夫婦のかたちに正解はない。本の読み方にも正解はない――。
6月22日に発売された、円城塔さん、田辺青蛙さん夫婦による『読書で離婚を考えた。』。芥川賞作家の夫とホラー作家の妻が、お互いをより理解するために本を勧めあい、読書感想を送り合った格闘を軌跡をまとめた異色の往復エッセイです。
しかし、相互理解とはなかなか難しいもの。読書リレーは進むにつれ、二人の仲はどんどん険悪になってしまいます。
なぜ、読書で夫婦はわかりあえなかったのか?

今回は、そんな『読書で離婚を考えた。』発売を記念して、円城塔・田辺青蛙夫婦と、ゲストに花房観音・吉村智樹夫婦を迎え、2組の作家夫婦の「本の読み方」「夫婦のかたち」を考えるトークイベント&サイン会を開催します!

チケット予約等の詳細は下記をご覧ください。
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/70466

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

Yome Yome メオトドクショリレー

バックナンバー

円城塔 作家

1972年北海道生まれ。東京大学博士課程修了。 2007年、『オブ・ザ・ベースボール』、『Self-Reference ENGINE』でデビュー。 2012年、『道化師の蝶』で芥川龍之介賞受賞。2014年、『Self-Reference ENGINE』で Philip K. Dick Award, special citation 受賞。 現在大阪に作家の妻と在住。 最近気になっているものは東海道。

田辺青蛙

1982年大阪府生まれ。オークランド工科大学卒業。
2006年、第4回ビーケーワン怪談大賞で佳作となり、『てのひら怪談』に短編が収録される。2008年、『生き屏風』で、第15回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。
現在大阪に作家の夫と在住。そんな夫とのアメリカ旅行記&エッセイ集の『モルテンおいしいです^q^』(廣済堂出版)『読書で離婚を考えた。』(幻冬舎)発売中。
怪談と妖怪ネタを常時募集中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP