1. Home
  2. 社会・教養
  3. ようこそ「出口塾」へ! 「人生を面白くする本物の教養」をお教えします
  4. 新しい時代は新しい価値観で生きる

 60歳にして戦後初の独立系生保を開業した起業家であり、ビジネス界きっての読書家でもある、ライフネット生命株式会社代表取締役会長兼CEOの出口治明さん。
 その出口さんの新刊『人生を面白くする 本物の教養』が、好評発売中です。刊行を記念して、本の読みどころを5回にわたってご紹介する、「出口塾」を開講します。

 第5回は、第9章「英語はあなたの人生を変える」の抜粋から。

 ***

 あなたが世界に目を向けたいと思うなら、英語は不可欠です。事実上、英語が世界共通語(リンガ・フランカ)になってしまっているので、好き嫌いの問題を超えて、もはや英語を避けては通れません。英語力なしにグローバルな舞台へ出て行こうとするのは、クレジットカードや現金(ドル)を持たないで海外旅行をしようとするようなものです。

 とはいえ、実際に英語を必要とする仕事に携わる人はまだ少ないし、英語を話す機会も現実にはそれほど多いわけではありません。それは正しい指摘です。

 ただ、その一方で、TOEFLで一〇〇点を取れる力があれば、世界が違って見えてくるのも事実です。グーグルで英語検索するだけで情報量は五〜一〇倍以上になり、CNNやBBCもリアルタイムで視聴できます。アングロサクソン系の大学などはさまざまな文献を英語で公開していますから、活用できるフィールドが格段に広がります。ネットを通じてMITの講義を受講することだって可能です。そう考えると世の中が楽しくなるじゃありませんか。

 英語を仕事で使うことはないから不要だ、と考えている人は井のなかの蛙です。TOEFL一〇〇点の力を身につければ、そのスキルは死ぬまで消えることのない宝となります。人生が変わると言っても、決して過言ではありません。

 いまTOEFL一〇〇点と言いましたが、TOEFLで一〇〇点を取ることはグローバルな人材を目指すうえでの一つの関門です。TOEFLは一二〇点満点なので一〇〇点は八三点レベルです。それがミニマムです。もし、欧米の一流大学へ行きたければ、一一〇点を超えなければ厳しいと言われています。

 日本にはTOEICという試験もありますが、世界共通で参照される物差しはTOEFLのほうです。

 日本人は中学、高校、大学と英語を勉強しているにもかかわらず、英語力がなかなか上がりません。残念ながら、日本人の英語力はアジア諸国のなかでも最低に近いレベルです。まさに英語教育の内容が問われています。

 その現状から考えると、TOEFL一〇〇点は相当に高いハードルのように感じられるかもしれませんが、その気になれば実現は簡単です。経団連、経済同友会、全銀協などのお偉方が一堂に集まり、「今後私たちは、TOEFL一〇〇点のスコアを持ってこなければ一切採用しない」と宣言すれば、それで十分です。大学生は必死になって勉強するでしょうから、日本人の英語力がアップすることは間違いありません。請け合ってもいいと思います。

 大学生が四年間の学生生活のうち、たとえば、一年間必死で英語を勉強すれば、TOEFLで一〇〇点を取れるようになります。本人のためにもなるし、日本全体にとっても大きなプラスになります。大人が少し知恵を働かせれば、日本人の英語力を向上させることは十分可能なのです。

 ***

 5回にわたってお届けしてきた「出口塾」、今回が最終回です。最後は、出口さんが考える、これからの時代に求められる価値観・人生観について。

関連書籍

出口治明『人生を面白くする 本物の教養』

教養とは人生における面白いことを増やすためのツールであるとともに、グローバル化したビジネス社会を生き抜くための最強の武器である。その核になるのは、「広く、ある程度深い知識」と、腑に落ちるまで考え抜く力。そのような本物の教養はどうしたら身につけられるのか。六十歳にして戦後初の独立系生保を開業した起業家であり、ビジネス界きっての教養人でもある著者が、読書・人との出会い・旅・語学・情報収集・思考法等々、知的生産の方法のすべてを明かす!

{ この記事をシェアする }

ようこそ「出口塾」へ! 「人生を面白くする本物の教養」をお教えします

いま私たちに本当に必要な勉強とは? この問いに、もっとも明快に答えてくれる人物のひとりが、60歳にして戦後初の独立系生保を開業した起業家で、ビジネス界きっての読書家でもある、ライフネット生命保険創業者の出口治明さんです。その出口さんの代表的ベストセラー、『人生を面白くする本物の教養』から、読みどころをご紹介する「出口塾」を開講します!

バックナンバー

出口治明

1948年、三重県生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命創業者。京都大学法学部卒。1972年、日本生命に入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退社。同年、ネットライフ企画を設立、代表取締役社長に就任。2008年に免許を得てライフネット生命と社名を変更、2012年上場。社長・会長を10年務めたのち、2018年より現職。『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『全世界史(上・下)』(新潮文庫)、『人類5000年史(I~III)』(ちくま新書)、『座右の書『貞観政要』』(角川新書)、『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)、『還暦からの底力』(講談社現代新書)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP