1. Home
  2. 読書
  3. この俺もようやく本気になれるぜ、ビジネス書
  4. 「ぼくたちに、もうモノは必要ない」を読ん...

この俺もようやく本気になれるぜ、ビジネス書

2015.08.02 更新 ツイート

第3回

「ぼくたちに、もうモノは必要ない」を読んで、モノは自分の存在証明ではないことにようやく気づいたサラリーマン コグマ部長

ずっとモノでモテると思ってきた

「人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた」のは敬愛するみうらじゅんさんの名言。コグマは、「人生の3分の2はモテたいと考えてきた」。

みうらさんの「いやらしい」のもコグマの「モテたい」のも、目的は一緒で、考えていることは非常に似ているのだが、どこかで言い訳というか、カッコつけているんだな。カッコつけるのがいちばんカッコ悪いことだって、わかってきているはずなのに。

学生時代は「ホットドッグプレス」や「ポパイ」、サラリーマンになってからは「ホイチョイ」と「課長・島耕作」がバイブルだった。あのブランドのあの服を着ればモテる(JUN、BIGIってなんであんなに高かった?)、クルマはアレに乗ればモテる(HONDA CITYはカッコよかった)……なんてずっと思ってきた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP