1. Home
  2. 生き方
  3. 実録ノンフィクション漫談 全国なにコラ珍百景
  4. すみやかにミッションを遂行せよ! 後編

実録ノンフィクション漫談 全国なにコラ珍百景

2015.06.25 更新 ツイート

第8回 北海道・美唄

すみやかにミッションを遂行せよ! 後編コラアゲンはいごうまん

 開けてライブ当日、午前11時。美唄駐屯地内の体育館は、自衛官の御家族も合わせて500人の超満員です。敵、味方以前に、そもそもそんな大勢の観客に馴れていません。雰囲気に呑まれそうです。

 さっそく、前日に渡されていた戦術マップ(席次表)と、会場の面々と照らし合わせます。

 シブい客層だと聞かされていても、大げさに言っているだけで、実際行ったらそうでもなかった、というのはよくある話。かすかな希望とともに会場を見渡します。

 苦虫を噛み潰したような顔の米森会長。「鬼軍曹」の岸本支部長に関しては、何も始まってないのに、すでに御立腹のご様子です。

 無理無理! 怒ってる人を笑わせるなんて、そんなアホな。

 そんなありえへんアウェーな環境で、会は始まりました。議員さんの挨拶、退屈なセレモニーが延々と続きます。誰一人クスリとも笑わず、重苦しい張り詰めた空気。

 そんな中、ついに、僕の出番が迫ってきました。

 しかし、頼みの綱である“盛り上げの特殊部隊”がどこにも配備されてないのです。

「どうなってるんですか!」

 石田下士官に詰め寄ると、彼は体育館の後方を指差しました。

「第三中隊は――今お餅をついています」

「は?」

「今日は我々自衛官もホストなんです。彼らは、米森会長や岸本支部長がお召し上がりになられるお餅を一生懸命ついています。ですので、即時配備はできませんが、我々自衛隊を信じて下さい」

 石田下士官の言葉に腹を括ったものの、一つ不安なことがありました。

 彼らをいかにしてステージ最前線に配備するのか?

 敵、いや観客はすでに席に着いている。衆人環視の中、へたに呼びだせばライブを盛り上げるサクラだとばれてしまうのではないか。そんなことになったら、鬼軍曹が黙ってるはずがない――。

 しかし、石田下士官、やるときはやる男です。満を持したようにマイクを掴むと、作戦開始の合図を発しました。

「第三中隊、第三中隊、枯れた大地に水をかけよ」

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

コラアゲンはいごうまん『コレ、嘘みたいやけど、全部ホンマの話やねん』

{ この記事をシェアする }

実録ノンフィクション漫談 全国なにコラ珍百景

バックナンバー

コラアゲンはいごうまん

1969年9月29日、京都府生まれ。演出家から出される様々なテーマ〈宗教/宇宙/インド/刺青/家庭教師etc…〉に、たった一人で挑み、調査し、体験した出会いやエピソードをベタな大阪漫談スタイルで講話する、ノンフィクションスタンドアップコメディアン。実話だから説得力のある体験談の壮絶さで、観客に爆笑と感動を与える。毎年行っている全国行脚ライブ「僕の細道」ツアーでは、限られた時間で必死にその土地を取材し、ライブで語り、各地で好評を得ている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP