1. Home
  2. 生き方
  3. 詩人のドバイ感覚紀行
  4. 詩人、手のひらで味わう

詩人のドバイ感覚紀行

2015.05.10 更新 ツイート

第9回

詩人、手のひらで味わう文月悠光

 馴染みのない言葉、馴染みのない顔、馴染みのない風、馴染みのない食べもの……。ドバイに行くまでの私はそれらが漠然と不安だった。もともと新しい事柄や、予定外の出来事は苦手な質だ。人から何かを教わることさえ、何かを試されているようで怖くなる。
 だけど、この旅なら楽しめるかもしれない。新しい文化に触れるって面白い。誰かに何かを教わるのって嬉しい。そのことを心の底から確信した夜があった。洗礼を浴びたような夜だった。

2015年1月21日

 滞在三日目のこの日の夜、地元の人に人気のイエメン料理〈マンディ〉が食べられるレストランを訪れた。案内してくれたのは、シェーク・モハメド・ビン・ラシード・アル・マクトゥーム財団の担当者Abdelaziz氏。

 

マジリスに案内するAbdelaziz氏(左)と笑顔の店員(右)

 レストランの席は二種類。入口の近くには一般的なテーブルと椅子席。店の2階には、絨毯の敷かれたマジリス(客間、応接室)が個室で設置されており、靴を脱いで絨毯の上でくつろぐことができる。絨毯の上で食事? 私たちは初めてのマジリスに興味津々。日本でいうお座敷のような感覚だろうか。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

詩人のドバイ感覚紀行

バックナンバー

文月悠光

詩人。1991年北海道生まれ、東京在住。高校3年の時に発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少で受賞。そのほかの詩集に『屋根よりも深々と』(思潮社)、『わたしたちの猫』(ナナロク社)。エッセイ集に『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、『臆病な詩人、街へ出る。』(立東舎)がある。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、詩作の講座を開くなど広く活動中。 Twitter:@luna_yumi

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP