1. Home
  2. 社会・教養
  3. ベトナムで起業したら、見えてきた。 アジア街角事情
  4. ベトナムにもゴールデンウィーク?

ベトナムで起業したら、見えてきた。 アジア街角事情

2015.04.29 更新 ツイート

第3回

ベトナムにもゴールデンウィーク?小原祥嵩

シンチャオ!こんにちは。ハバタク株式会社の小原です。

満開の桜が葉桜に変わったと思ったら、あっという間にゴールデンウィークがやってきましたね。今年は寒い時期が長引いただけに、春の陽気と共に訪れた連休にいつも以上に心躍らせている方が多いのではないでしょうか。

 

日本人は休みすぎ?

ところで祝日の数というのは当たり前ですが国によって異なります。日本の国民の祝日数は世界で3番目に多く、年間15日。(来年は山の日が加わって16日に)。一方、ベトナムは祝日が年に10日しかありません(こちらは世界9位)。また、一般的にベトナム企業は土曜日の午前中が仕事のため、年間の労働日数は日本より多いのです。日本と取引のあるベトナム人は週休二日のうえ祝日も多い日本を見て「日本人は休み過ぎです」とこぼしています。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

ベトナムで起業したら、見えてきた。 アジア街角事情

バックナンバー

小原祥嵩 ハバタク株式会社

1982年兵庫県生まれ。ハバタク株式会社取締役・アジア地域統括。アイ・ビー・エムビジネスコンサルティングサービス株式会社(現・日本IBM)にて戦略コンサルティングとして複数の業界・業種のクライアントに対する業務・組織変革支援にたずさわったのち、独立、ハバタク株式会社を設立。現在は、ベトナム・ホーチミンを拠点に、ASEAN圏へのビジネス展開支援やベトナム現地企業に対するコンサルティングを行っている。著書に『ミャンマー経済で儲ける5つの真実』(幻冬舎新書)、共著に『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』(明日香出版社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP