1. Home
  2. 暮らし術
  3. ブラジルの我が家 Família no Brasil!
  4. 第6回 バナナの揚げ物

ブラジルの我が家 Família no Brasil!

2015.03.25 更新 ツイート

『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』刊行記念<br>日登美のブラジル食便り

第6回 バナナの揚げ物 日登美

 臨月のお腹を抱え、年下のドイツ人の夫と4人の子供と、スーツケース12個でブラジル・サンパウロに移住!  モデルの日登美さんが日本の真裏で奮闘した1年を綴る、笑いと涙のエッセイ『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』(幻冬舎)が3/11(水)に発売になりました。
 そこで、刊行を記念して幻冬舎Plus限定のブラジル移住記・特別編を公開しちゃいます。ご紹介するのはもちろん、おいしそ~うなブラジルでの料理たち! 材料は、日本に売っている身近なものを使用するので、珍しいスパイスも不思議な野菜も使わないのでご安心を。
 日登美さんならではのスペシャルなブラジル料理、ぜひ挑戦してみてください。

★★★

 ブラジルに行って私がよく食べるようになったもの、それは「バナナ」です。日本にいたときはそんなに美味しいと思ったことがなかったバナナ。しかし町のそこら中でバナナの木に出くわし、初めて見る妖し気なバナナの花やたわわに実るバナナに囲まれていると「こりゃうまそうだ」と思い、ワイルドに房ごとドカッと売られているバナナを買ってきて食べてみたところ、ほっぺたが落ちるほどうまかった! なるほど、バナナもやっぱり穫れたてがうまいんですね。とはいえこちらでは青いのをとって、家で数日かけて追熟させてたべるのですが。
 

 またバナナにも色々種類があって、香りの強いもの、酸味のあるもの、歯ごたえのあるもの、また調理用のものなど。好みや気分で「今日はこっちにしようかな」と選べるなんて、ちょっと楽しいです。
 特に私はブラジルにきて初めて調理用のバナナを見つけてはまりました。見かけは普通のバナナなのですが、よく見るとやや太くて固そうな面持ち。食べてみるとちょっと渋くて青い味です。これをフライにするとほくほくとしておいしいの! 私は天ぷらを作るようにして水で溶いた小麦粉を衣にして揚げます。やや酸味のあるほくほくしたバナナの揚げ物に、ケチャップとタバスコを合わせたチリソースをつけて食べたり、子供はシナモンシュガーをかけたり。これがまたおやつにもおつまみにも美味しい!

 また煮込み豆の添え物としてバナナを焼いて出してくれるレストランもありました。ブラジルではバナナも御飯のように主食の一つのようですね。
 日本ではこのバナナは手に入りにくいと思うのですが、ちょっと青めのバナナで作ってみて下さい。甘酸っぱい南国のおやつ、おつまみ、おいしいですよ。
 

関連書籍

日登美『ブラジルの我が家 Familia no Brasil!』

臨月のお腹を抱え、8歳下のドイツ人の夫と4人の子供と、スーツケース12個でブラジル・サンパウロに移住! モデル日登美が日本の真裏で奮闘した1年を綴る、笑いと涙のエッセイ。

{ この記事をシェアする }

ブラジルの我が家 Família no Brasil!

バックナンバー

日登美

1979年大分県生まれ。18歳よりモデルとして活躍。21歳で結婚し、二人の女の子と双子の男の子の母となる。シュタイナー教育での子育てやアシュタンガヨガ、マクロビオティックの食生活など自身の実践をもとにそれらを取り入れたライフスタイルを雑誌、講演などで提案。33歳でドイツ人と再婚し、ブラジルに移住して男児を出産。

hitomis blog.
http://hitomis-kuche.com/blog/

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP