1. Home
  2. 生き方
  3. 30万部『おかげさまで生きる』第2弾 見守られて生きる
  4. みんな何かを学ぶためにこの世に生まれてき...

30万部『おかげさまで生きる』第2弾 見守られて生きる

2015.03.10 更新 ツイート

救急医療の第一線で命と向き合い、わかったこと【第2回】

みんな何かを学ぶために
この世に生まれてきた矢作直樹


人は必ず死ぬのに、なぜ苦しんでまで生きるのか? 救急医療の第一線で多くの命と向き合ってきた著者によるエッセイ『見守られて生きる』が、3/10(火)に発売。連載第2回は、科学万能主義の現代において、私たちの体にすりこまれてしまっている「意識の壁」について言及します(全5回)。



 魂についてのお話は前回の通りですが、私たち人間という存在は「霊・心・体」の三つのバランスで構成されています。ここでいうところの霊とは「たま」であり、これを魂と簡単に理解していただいても構いません。

 こういう話はピンと来る人もいれば、いつまで話してもわからない人までさまざまですから、私自身は論争を仕掛けるつもりも受けるつもりもありません。自分が実感していることを述べるだけです。

 それでも申しあげたいこと、それは霊(魂)・心・体という構造があるとかないとかいうレベルの議論を、そろそろやめたほうが良いということです。

 科学万能主義である現在の世界では、そんなものがあるわけないという意見が大半を占めています。しかし今の科学で証明できないものを、ないと主張する行為はいかがなものでしょうか。

 長年すり込まれた「意識の壁」を乗り越える時期に、私たちはそろそろ差し掛かっているのではないでしょうか。


 私たちは皆「分け御霊(みたま)」という存在であり、元はたった一つです。
分魂(ぶんこん)とも呼ばれますが、当て字が違うだけで同じ意味です。なぜ元はたった一つの存在から、わざわざ分離するのかというと、それぞれがこの世で「学ぶ」ためです。

 学びには、一つとして同じものがありません。

 似たように見える人生でも全く違います。

 ちなみに魂は「雲」のような存在です。

 私たちがあの世と呼んでいる次元、さらにもっと高いレベルの次元でも、魂の「個性」は残りますが、面白いのはその個性が他の個性と入り混じることもあれば、逆にどんどん分かれることもあるという、大変自由な特性を持つ点です。

 また、人によってはかなり高いレベルの意識、つまり「神々の分け御霊」を持つ人もいます。日本人にはとくに多いと言われます。

 私たちはそれぞれ、何かを学ぶためにこの世に生まれました。

 目的があるのです。

 その目的が果たせなければ「次の生(来世)」へと課題が持ち越されます。これが仏教などで言われる輪廻転生、そして業(ごう/カルマ)というしくみです。

 現在の科学では、残念ながらこうしたしくみにまつわる情報が議論されることはありませんが、近い将来、例えば量子力学などの分野なら、この手の情報を解読できるかもしれないと少し期待しています。

*第3回「直感は天からのギフト」は3月13日(金)公開予定です

 

関連書籍

{ この記事をシェアする }

30万部『おかげさまで生きる』第2弾 見守られて生きる

バックナンバー

矢作直樹 東京大学医学部救急医学分野 教授

1956年、神奈川県生まれ。81年金沢大学医学部卒業。82年富山医科薬科大学の助手となり、83年国立循環器病センターのレジデントになる。同センターの外科系集中治療科医師、医長を経て、99年東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻教授、精密機械工学専攻教授を兼担。2001年より東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および医学部付属病院救急部・集中治療部部長となり、現在に至る。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP