1. Home
  2. 社会・教養
  3. スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか
  4. 中学の剣道部顧問が「服脱げるか」

スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか

2014.11.26 更新 ツイート

第4回

中学の剣道部顧問が「服脱げるか」池谷孝司

 

ベストセラー『死刑でいいです 孤立が生んだ二つの殺人』(新潮文庫)の著者で共同通信記者の池谷孝司さんが新刊『スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか』を出版しました。権力を使って生徒を支配し、わいせつ行為に及ぶ教師の実態を多角的に取材・分析した社会派ノンフィクション。本書から一部抜粋して5回シリーズでお届けします。

 

 剣道部顧問の原口達也から体育館の狭い控室で「プライドを捨てろ」と命じられ、二年生の伊藤早苗さんがその答えとして、童謡「チューリップ」を歌った一、二週間後。早苗さんは再び呼び出されて、今度は「かえるのうた」で切り抜けた。
 だが、さらにその次はそんなものでは許されなかった。部活動が終わった夜七時。帰り支度中に原口が「伊藤」と呼んだ。部員たちはシーンと静まりかえり、同情を目に込め、「頑張って」と言い残して去った。

控室で原口はソファに座り、その目の前で早苗さんは床に正座する。いつもの体勢だった。見上げると、眼鏡の奥の目が怖かった。
 「ひざまずいて従わせるのが快感だったのかもしれません」
 早苗さんは今、そう思う。

まずはいつも通り、剣道の技術面の話だ。その後、精神面の話に移っていくことは分かっていた。
 「何でできないんや」
いつものやりとりを何度も繰り返し、原口が言った。
 「先生の前で裸になりきれてないからや」
 それは初めて聞くフレーズだった。
 原口は続けて言った。
 「先生を信用して全てを任せてないから、できないんや」
 「信用してます。全てを任せてます」
 そう答えるしかなかった。
 「じゃ、服脱げるか」
 「……脱げます」
 断ることなど想像できなかった。
 「やってみろ」
 早苗さんはセーラー服の胸元のホックを外した。その手を原口がつかんだ。
 「分かった。もうええ。その気持ちで全てを任せて、先生に付いて来い」
 早苗さんは正座でしびれた脚を引きずりながら帰宅した。

その後、何度も控室に呼ばれ、入ると中から鍵を掛けるように言われた。
 二度、三度、四度と続き、服を脱がされるたび、原口が止めるタイミングが遅くなっていった。早苗さんは最後は下着姿になっていた。

「男子に見られたらすごく恥ずかしいけど、先生なんだから、と男性としては意識していませんでした。先生が性的な意味で自分を見るなんて思えませんでした。今思えば、原口先生は言葉がすごくうまいんですよ」
 原口は下着姿の早苗さんを抱き締めて涙を流した。
 「気持ちはよく分かった。死ぬ気で頑張ろう」
 早苗さんも感動して一緒に泣いた。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか

バックナンバー

池谷孝司

1988年共同通信社に入社。松江支局、広島支局、大阪社会部を経て95年から本社社会部で文部科学省や東京地検を担当。大阪社会部次長の後、本社社会部次長となり、宮崎支局長を経て、現在、編集委員兼論説委員。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP