1. Home
  2. 生き方
  3. 帆立の詫び状
  4. 歌舞伎リハビリ

帆立の詫び状

2024.02.20 公開 ツイート

歌舞伎リハビリ 新川帆立

ある日、目が覚めると、身体に異変があった。やる気がみじんも湧いてこないのだ。一ミリも頑張れない。これはおかしいぞ、と思った。

 

嘘のような本当の話だが、デビューして三年間、私は布団に入って寝る前に毎晩「明日はもっと小説がうまくなりますように」とお祈りしていた。朝は「ようし、今日も小説を書くぞ!」と飛び起きる。少年漫画の主人公みたい(しかも修行中のエピソードのよう)だが、実際にそんな感じだった。それなのに今は力が湧かない。

 

この話をすると、多くの人が「頑張りすぎたのでは」「働きすぎでは」「燃え尽き症候群では」と反応する。だが自分としてはどうも違う気がしてならない。仕事をしたくないだけで、依頼もなく書いている趣味の小説は捗っているからだ。私はやはり小説が好きだし、小説に限らず物語や表現物、創作物に触れるのが好きだ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

新川帆立『帆立の詫び状 てんやわんや編』

デビュー作『元彼の遺言状』が大ヒットし、依頼が殺到した新人作家はアメリカに逃亡。ディズニーワールドで歓声をあげ、シュラスコに舌鼓を打ち、ナイアガラの滝で日本メーカーのマスカラの強度を再確認。さらに読みたい本も手に入れたいバッグも、沢山あって。締め切りを破っては遊び、遊んでは詫びる日日に編集者も思わず破顔の赤裸々エッセイ。

{ この記事をシェアする }

帆立の詫び状

原稿をお待たせしている編集者各位に謝りながら、楽しい「原稿外」ライフをお届けしていこう!というのが本連載「帆立の詫び状」です。

バックナンバー

新川帆立

1991年2月生まれ。アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身、宮崎県宮崎市育ち。東京大学法学部卒業。弁護士。司法修習中に最高位戦日本プロ麻雀協会のプロテストに合格し、プロ雀士としても活動経験あり。作家を志したきっかけは16歳のころ夏目漱石の『吾輩は猫である』に感銘を受けたこと。2020年に「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した「元彼の遺言状」でデビュー。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP