1. Home
  2. 生き方
  3. 月が綺麗ですね 綾の倫敦日記
  4. 「ベストセラー詩人はインスタグラムから」...

月が綺麗ですね 綾の倫敦日記

2024.01.06 公開 ツイート

「ベストセラー詩人はインスタグラムから」2023年詩集売り上げ過去最高の英語圏で始まった文芸復興の蠢き 鈴木綾

詩はまだ終わっていなかった

私が住むイギリスには詩の深い歴史があり、学校ではシェイクスピアのソネットやベオウルフなどの古典から現代の詩人であるディラン・トマスなどまで、様々な詩を勉強する。

イギリスの大学入学試験でも詩が必ず出題される。ただ残念ながら、詩の鑑賞は学校で終わり、社会人になってからは詩集を手に取る人が非常に少ないと思っていた。

しかし、新しい統計によれば、詩の読書がプチ・ルネサンスしているようだ。2023年の英語圏(正確にいうと英語圏を含め11カ国)での詩集の売り上げは、1500万ポンド(27億円)と、過去最高になる見込み。書籍の売り上げ全体が20億ポンド(3600億円)であることを考えると絶対額は少ないが、詩が終わっていたと思っていた人に楽観的な材料だろう。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

<イベントのお知らせ>

鈴木綾さんとひらりささんのイベント第3弾を4月13日に開催します。今回は、「私たちに「恋愛」は必要なのか」を『21世紀の恋愛 いちばん赤い薔薇が咲く』を手掛かりに考えます。詳細・お申し込みは、幻冬舎大学のページをご覧ください。

*   *   *

鈴木綾さんのはじめての本『ロンドンならすぐに恋人ができると思っていた』も好評発売中です。

 

関連書籍

鈴木綾『ロンドンならすぐに恋人ができると思っていた』

フェミニズムの生まれた国でも、若い女は便利屋扱いされるんだよ! 思い切り仕事ができる環境と、理解のあるパートナーは、どこで見つかるの? 孤高の街ロンドンをサバイブする30代独身女性のリアルライフ

{ この記事をシェアする }

月が綺麗ですね 綾の倫敦日記

イギリスに住む30代女性が向き合う社会の矛盾と現実。そして幸福について。

バックナンバー

鈴木綾

1988年生まれ。6年間東京で外資企業に勤務し、MBAを取得。ロンドンの投資会社勤務を経て、現在はロンドンのスタートアップ企業に勤務。2017〜2018年までハフポスト・ジャパンに「これでいいの20代」を連載。日常生活の中で感じている幸せ、悩みや違和感について日々エッセイを執筆。日本語で書いているけど、日本人ではない。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP