1. Home
  2. 社会・教養
  3. ヒビコレセーフ! ヒビコレアウト?
  4. 「スーパーガールにおまかせ☆」は、アリか...

ヒビコレセーフ! ヒビコレアウト?

2014.08.20 更新 ツイート

最終回

「スーパーガールにおまかせ☆」は、アリか?ナシか? 水無田気流

時代が早すぎた「アリーテ姫」の賢さ

 さて、「アナ雪」で「真実の愛」が「王子様のキス」から分離されたという点は非常に興味深い。私は最初この作品を見たとき、1983年に書かれたダイアナ・コールス「アリーテ姫の冒険」を思い出した。従来のプリンセス・エスコート・ストーリーに一石を投じるべく書かれたこの物語では、ものすごく賢く、勇敢で、運動神経も良く、手先も器用で芸術の才能もあり(裁縫も絵も抜群に上手い)、コミュニケーション能力抜群で性格も良く(召使の女性たちは皆、姫の味方になってしまう)、美しい(けれどもそのことに価値を見出していない)アリーテ姫が、宝石マニアで毒親の国王に宝石目当てでいろいろな国の王子様とお見合いをさせられるもすべてうっちゃり、挙句の果てに宝石目当てで悪い魔法使いのところに嫁に出されるも、魔法使いの出した難問をすべて解いて返り討ちにし、最後にはもっと困っている人たちの役に立ちたいと、視察の旅に出てしまう……という物語なのである。

 コールスはフェミニストであり、女性の抑圧された状況を皮肉たっぷりかつユニークに描いている。とりわけ、アリーテが賢いことを知った宝石マニアの王は、とにかく賢いことを知られないように、ひたすら隠そうとする点がエルサの境遇と似ている。だが、アリーテはエルサと異なり、自分の力を信じ、味方も大勢いる。爽快な物語であり、当初話題にもなり、アニメ化もされたが、アナ雪ほどのメガヒットとはいかなかった。おそらく時代が早すぎたのもあるが、あまりにも女版・出来杉君なアリーテ姫のスーパーガールっぷりに、読者層と思しき女児たちがついていけなかったのではないか……と邪推する。

「アリーテ姫の冒険」の日本語訳が出たのは、89年。雇用機会均等法世代が持ちあげられ、何よりバブル真っ盛りだった。旧来の「男社会」は女性の個人的能力で打破できるはず……との気運もあった。だがそれもあっけなく萎んだ。今、女子たちはイケイケ(死語)な女性活用ワードを、どこか冷めた目で見てはいないだろうか。持ち上げられては梯子を外されてきた先達を見て、不安におののいてはいないだろうか。

 当時アリーテ姫を読んでみて、既存の社会を打破するために、女の子はこんなにも超人化しなければならないのか……と愕然としたが、今もそれほど変わっていないのかもしれない。社会の矛盾を、(今まで隠されていた)能力で埋め合わせ、飛び越えるべしとのストーリーは、多くの女性たちには難しいだろう。もちろん、筆者も無理である。その意味で、能力を隠すことの葛藤を真正面から描きメガヒットを飛ばしたアナ雪は、画期的だったといえる。

 ただ、それでも若干のもやっとした感じは残る。アリーテもエルサも、結局は超人レベルの高度能力者。そして、高度な能力ある女子以外には、社会を変えていく契機にすらなり得ないという暗黙の了解が潜んでいるようにも見える。アベノミクスも女性活用を謳い、「2020年までに指導的地位の女性割合を30%に」との目標を掲げた。もちろんその理念自体は素晴らしいのだが、数値あわせに「下駄を履かされて昇進」したかに見られる女性たちは、葛藤するだろう。

 たとえば日本の企業では、現在でも総合職採用女性の10年間での離職率は七割、男性は三割である。ちなみに、男性は10年で四割が係長もしくは課長職などに昇進しているが、女性では1割(*1) 。この壁を突き破り、「指導的地位」についてさらに突き進んで行ける女性は、よほどのスーパーウーマン、スーパーガールか、あるいは冥府魔道を突き進む猛者である。

*2 「平成25年 男女共同参画社会白書」より

{ この記事をシェアする }

ヒビコレセーフ! ヒビコレアウト?

それっていいの? 正しい? 幸せになれる? 大丈夫―――!? どう判断していいのかわからない、日本の難問、日々の課題。気鋭の社会学者が予断を排してわけいります!

バックナンバー

水無田気流

1970年神奈川県生まれ。詩人、社会学者。早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。立教大学社会学部兼任講師。著書に『無頼化する女たち』(亜紀書房)、『黒山もこもこ、抜けたら荒野 デフレ世代の憂鬱と希望』『平成幸福論ノート』(以上、田中理恵子名義、光文社)、『女子会2.0』(共著、NHK出版)など。詩人として『音速平和』で中原中也賞、『Z境』で晩翠賞も受賞している。
http://d.hatena.ne.jp/minashita/

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP