1. Home
  2. 社会・教養
  3. 「ブラインドサッカー世界選手権2014」スタンド満員化プロジェクト
  4. エースの覚悟

「グループリーグの対戦相手を聞いて最初に思い浮かべたのは、僕たちが初出場したアルゼンチン大会のことでした。あのときもパラグアイとフランスは同じ組でしたから」

 そう語るのは、日本代表のエース黒田智成だ。2006年の世界選手権、パラグアイ、ブラジル、フランスと同じグループに入った日本は、1分け2敗で準決勝進出を逃した。グループリーグの3試合で得点1、失点11。その後の順位決定戦でも、イングランドに0-1で敗れている。韓国にPK戦で勝って辛うじて最下位は免れたものの、前年のアジア選手権で優勝し、初めて「世界」との真剣勝負に挑んだ日本にとっては、厳しい結果だった。先日の組み合わせ抽選会で日本がフランス、パラグアイ、モロッコと同組になると決まったときは、私も8年前のことを思い出した。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

「ブラインドサッカー世界選手権2014」スタンド満員化プロジェクト

ブラジルW杯だけじゃない! 今年11月、全盲の視覚障害者がプレーするブラインドサッカー世界選手権が東京で開かれる。国立代々木競技場の特設スタンドを満員にして日本代表を応援する――ライター岡田の「ブラサカ満員化プロジェクト」が始動した。

バックナンバー

岡田仁志

昭和39(1964)年北海道旭川市生まれ。早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。3年間の出版社勤務を経て、フリーライターに。深川峻太郎の筆名でもコラムやエッセイ等を執筆。著書に『闇の中の翼たち――ブラインドサッカー日本代表の苦闘』(幻冬舎)。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP